美容・コスメ

油断大敵!!せっかく7kgも落ちてたのに・・・

本日は昨日の営業の代休ということで休診にさせて頂いております

お盆にお休みを頂き、その後は忙しい日々を過ごして、久々のお休みでこれまた久々に体重計に乗った所・・・何と3.7kgも体重が増加・・・

お盆前にせっかく約7kgの減量に成功していたのに・・・

でも思い返してみればお盆に入ってからのここまでの2週間は忙しさにかまけて、ろくに走れていなかったですし、旅行先ではペンションで朝も晩もお腹一杯の食事(だって美味しかったんだもの・・・)その上お酒も・・・

まあ、自業自得と言う事で今日からまた新たに頑張りなおしていかなくてはと思いました

ところで8月も早いもので残す所、後1週間!!

今日はゆっくり休んで明日からまた頑張っていきたいと思います

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビタミンを取りましょう!!

この季節は朝晩の気温差も大きく、空気も乾燥していて女性はお肌の手入れが大変な季節ですね

化粧品を工夫するなどのケアーも大切ですが、身体の中からのケアーとしてビタミンを摂ることをお勧めします。

美容に良いビタミンとして有名なのはビタミンB群やビタミンCがあります。

ビタミンBについては特にビタミンB2とB6を摂取すると良いそうです。

ビタミンB2は細胞の成長や再生を促し、アミノ酸や脂質、炭水化物の代謝を助けたり、粘膜などを保護する働きがあります。

レバーや豚肉、焼き海苔やわかめ、卵などに多く含まれています。

ビタミンB6はたんぱく質の利用効率を高め、細胞の再生機能を促進したり、皮膚を健康に保つ働きがあります。

牛乳やマグロ、豆類や鶏肉に多く含まれています。

これらはにきびや肌荒れが酷いときに多く摂取すると良いと言われています

そして一番有名なビタミンCについてはコラーゲンやアミノ酸、ステロイドなどの生成を促進、皮膚でメラニンが出来るのを抑える働きなどが挙げられます。

多くの食品にキウイーやみかんなどの柑橘類やパセリ、小松菜、ブロッコリーなどの多くの野菜に含まれ、そのほか栄養ドリンクのようなもので摂られている方も多いのではないでしょうか。

あとは「若返りビタミン」などとも呼ばれているビタミンEを摂られることをお勧めします。

ビタミンAやカロチンの酸化を防いだり、血行を良くしたり、ドロドロ血液になることを防ぎ、老化の原因とも言える活性酸素の発生を防いだりします。

そしてビタミンCと一緒に摂取するとコラーゲンの生成に対して相乗効果があると言われています。

ビタミンEは冷えなどに対しても有効だと言われていますので、積極的に摂取していきたいですね

ナッツ類や大豆、緑黄色野菜、穀物などに多く含まれています。

これらのビタミンには他にも免疫力を高めたり、他にも身体を健康に保つ役割を果たしていますので風邪などの防止、健康対策としても大きな役割を果たしています。

何気なく毎日食べている食べ物ですが、これらによって我々の身体が作られていると言っても過言ではありません

食べ物に含まれる栄養によって我々の健康や体質は大きく変化します。

たまには食事のとき、「コレにはどんな栄養があるのだろう?」なんて考えて、調べてみたりすると面白いかもしれませんよ

インフルエンザや風邪がまだまだはやっていますが、食べ物や栄養からも健康に気を使ってみましょう。

西大宮カイロ HP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼き芋は美容食品!?

この間、車で走っていたら、焼き芋を売っている車を発見しました。

昔はこの季節になるとそこいらで走っていて、近所の奥さん達(家の妻を含む 笑)がそのトラックに向かって走っていく姿を見たものですが、最近ではあまり見なくなりなりましたよね。

秋が深まってきた頃から見かける、一種の季節の風物詩ですね

そんな女性が大好きな焼き芋ですが、これが意外ですが美容に良かったりするそうです。

ビタミンCと言えば皆さん、真っ先にレモンをはじめとする果物を連想すると思いますが、実はあまり知られてはいませんが、芋類にもビタミンCが豊富に含まれています。

ジャガイモはフランスでは「大地のりんご」などと呼ばれるほどです

そんなジャガイモよりもビタミンCが豊富なのが、サツマイモでその含有量はジャガイモの約2倍、りんご、ぶどう、なし、桃など果実類をはるかにしのぎます。

通常、他の野菜に含まれるビタミンCは熱に弱く、調理の段階で加熱すると壊れて、多くの量が失われ、半分以下になってしまうのですが、サツマイモに含まれるビタミンCは熱に強い結合型のビタミンCです

そのため、蒸しても、揚げても、焼いても多くのビタミンCを摂取することが出来ます

他にもカリウムや食物繊維なども含まれていますので便秘解消にも良いですしね。

皮にも多くの栄養素が含まれていますのでサツマイモの炊き込みご飯、そして焼き芋などがお勧めの食べ方です

そんな優れものの焼き芋ですが、最近見ないうちにずいぶん値段が上がっているような気が・・・¥700て・・・

僕は焚き火でもした時に自分で焼こうと思います

西大宮カイロ HP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バナナダイエット

最近、巷で噂を独占しているバナナダイエットのおかげで店頭から「バナナが消えた!!」などの話を聞きます

僕も子供の頃から大好きですし、家の娘達もうれしそうな顔をしていつも食べています。

そこで今日は、バナナについて少し書きたいと思います

バナナはバショウ科に属する植物で日本で現在、多く食されているものは主にフィリピン、台湾産の物だそうです。

成分は主には炭水化物ですが、ビタミンAやB群、ビタミンCや葉酸など幅広く含み、たんぱく質やミネラルのカリウムなどはジャガイモに匹敵するほど。

実際、東南アジア諸国では日本で芋にあたるような調理法や食べ方をされています。(青いバナナを食します)

食物繊維も多く含まれ、消化が良く、短時間で良質のエネルギーがふんだんに摂ることが出来るバナナはまさに、果物の優等生と言えます

便秘や下痢の予防、疲労回復、肌荒れ防止などの美容効果、解熱作用、更には抗癌作用もあるといわれています。

熟し方より栄養価が変化をするのが特徴で例えば、熟す前の青いバナナには「難消化性でんぷん」などが含まれているそうで腸内の善玉菌が増えるのを助ける働きなどがあるそうです。

こんなすごいバナナですが、ダイエットに関して言うと効果があるにしてもはじめてすぐ痩せられるといったものではないそうです。

他の食事との栄養バランスや自身の体内での消化を考え、適度な運動などをしてはじめてこうかがあがるとのこと。

そして極端にバナナだけを食べるような食生活を送ると逆効果、太ってしまうと言う研究結果もあるそうです

ま~そうですよね、結局、炭水化物ですから・・・

とにかく「ローマは一日にしてならず」、バランスよく食べ、適度な運動をして脂肪を燃焼させ、適度に筋肉をつけてあげることがダイエットには不可欠!!そして継続していくことが大切です

僕も何を隠そう、ダイエット志願者ではありますが、健康的に痩せるには時間、努力が必要なんだと思います・・・頑張ります。

西大宮カイロHP  http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

| | コメント (0) | トラックバック (0)