文化・芸術

富士山が世界遺産に登録が決定!!

昨日22日、ユネスコが富士山を世界遺産に登録する事を決定したそうですね

日本の世界遺産はこれで17件目だそうですが、ようやく日本を最も象徴するにふさわしい存在がその仲間入りを果たしたと言ったところでしょうかね

以前、富士山は世界遺産の「自然遺産」というカテゴリーで登録を目指しましたが、ごみ問題などの理由から落選、今回は古くから信仰登山が盛んで、絵画や文学作品にも多く登場していたと言う理由から、「文化遺産」というカテゴリーで推薦、そして今回の登録が決定したとの事です。

以前、テレビのニュースで、三保松原が「富士山の一部」としては認められないと登録から除外される可能性が高いと言う報道がされていましたが、無事に三保松原も登録されたようですね

世界遺産に登録された事で富士山の価値や知名度は更に上がる可能性がありますし、登山や観光に訪れる人も国内外問わず、増えていくのではないでしょうかね。

それに伴い、ある程度、登山者数を制限する為に入山料を徴収するようになるのだとか

とりあえず、今年の夏から10日間程の期間、試験的に1000円ほどを任意で徴収するのだそう。

ただ、その後徴収しないのであれば、その10日間に訪れた方は可哀想だと思うのですが・・・

しかし訪問者が増えれば、施設や環境を維持するために何かとお金が必要でしょうから、ある程度の入山料は必要なのかも知れませんね~

僕は富士山は外から見るばかりで、登ったことはまだないのですが、日本人として、いつの日か一回は登れたらいいな~と思っております

高尾山でもそれなりの達成感はありましたから、富士山では比べ物にならないんだろうな~

さて、今日は日曜日でしたが、生憎それほど忙しくなく、早い時間に終わってしまいました

まあ、たまにはこんな日もあるという事で・・・

明日から6月はラスト1週間、気持ちを切り替えて頑張りたいと思います。

では、お疲れ様でした~

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年平成22年度の漢字は「暑」

毎年、日本漢字検定協会が公募で選出しているその年の世相を表す漢字ですが、今年、平成22年度の漢字は「暑」に決まったそうです。

そうですよね~、何と言っても今年の異常な夏の猛暑は本当に辛かった!!

熱中症にかかる人が続出したり、影響で野菜が高騰したり、我々の生活にも大きな影響を与えましたものね~

本当にあんなに暑いのはもうコリゴリ、二度とご免ですね。

来年は大丈夫でしょうか?

少し心配ですが・・・

他には「中」「不」「乱」「異」「国」などが多かったそうです。

それぞれの漢字が良く世相を現していると思いますが、僕が世の中に感じた今年の漢字は「不」でしょうかね。

現在の政治、そして政府に関する不信、世界的な経済の不振、隣国との不仲、そして不可解な事件が今年は多かった様な気がします

いずれにしても今年は全体的にネガティブな意味を持つ漢字が多かったそうですね、やっぱり・・・

来年は明るい意味を持つ漢字が選ばれるようなよい年になってくれる事を切に祈るばかりです

ところで僕個人を振り返ると「会」という漢字になるでしょうか。

今年は結婚式やお葬式、その他にも何かと集まる機会が多かったですし、古い友人や知り合いとの再会もあったり、そして治療院でも新しい方々にたくさん会うことが出来ましたので

さて今年もあとわずか、大変な一年でしたが「終わりよければ全て良し」と言う事でせめて最後は良い形で締めくくれると良いですね

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピカソの絵が破れたそうですが・・・

昨日、ニューヨークのメトロポリタン美術館で来場者の女性が転倒し、そのはずみでピカソの「役者」と言う絵を15CM程破ってしまったと言うニュースをインターネットで見ました

美術講座に参加した女性が誤ってバランスを崩して・・・と言う事ですが寄りかかった相手が悪かったという事でしょうか・・・

現在、修復活動が進められているとの事だそうですが、これって破ってしまった方にどれ位の請求が行く物なのでしょうか。

話によると約90億円の価値があるそうですから・・・

10%でも9億円・・・

もし自分だったら何て思うと震え上がってしまうどころか、卒倒してしまうと思いますが・・・

しかし、形ある芸術品というものはとんでもない値段が付く物だと改めて思いました

絵に関しては僕はあまり知識もないのですし、絵の持つ「価値」というものについても今一、ピーンとこないのが正直なところです。

その点、音楽は著名な作曲家が書いた曲、例えばモーツアルトでも、ベートーベンでもCDを購入すれば楽しむ事が出来る為、我々庶民でも十分に家でも堪能出来ますが

ともかく絵を破いてしまった不幸な女性に天文学的数字の請求が行かない事を祈っております

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

| | コメント (0) | トラックバック (0)