« 恐れていた事が現実に・・・新型コロナウィルスの脅威がとうとう足元にまで・・・ | トップページ | 今回は当西大宮カイロプラクティック療院からのお知らせ。大変に申し訳ございませんが・・・ »

突然の学校休校要請に、正直、親も子戸惑うも、まあ、仕方ないのかな~・・・

1_20200229114101

現在、毎日の様に感染者数の増加の報道がなされ、いよいよ日本各地で猛威を奮い始めた新型コロナウィルスの脅威に日本中があたふた、マスクや消毒用アルコールのみならず、ネットによるデマなどでトイレットペーパーやおむつまでがあらゆるお店の棚から消え、イベントやレジャー施設の休止や中止、そして日経平均株価も1000円以上の落ち込みを見せるなど、まさに”クライシス”といった状態・・・

そんな中、ようやく日本政府も重い腰を上げ、本格的な対策に乗り出したようですが、その具体的な第一弾として昨日に発表された3月2日から「日本全国小中学校の休校の要請」に正直、我々を含め、日本全国が戸惑っている最中でないかと思います。

まあ、この「要請」は政府から学校関連を統括する地方自治体や行政庁への”お願い”の様なもので、上級行政庁から下級行政庁への「命令」には至ってない訳で、拘束力はないものの、しかしながら、こういった状況ですので、我々の住むさいたま市をはじめ、多くの自治体が休校の要請に準じて休校を実施するようですね。

そんな昨日は丁度、小学校六年生の次女の学校で行われた6年生による「巣立ちの会」という学校行事に参加して参りましたが、次女にとっても卒業式を除く、あれが最後の学校での活動になってしまいました。

その行事の最中、多くの子供達が別れを惜しむ涙を流していましたし、また、僕は仕事があり参加できませんでしたが、その後に行われた懇談会では子供達と突然の別れとなってしまった担任の先生も涙を流して、子供達との別れを惜しんでいたそうです。

正直なところ、あまりに突然のこの要請には学校に通う子供達を持つ親としては、青天の霹靂で何の準備も当然に出来てはいませんでしたし、戸惑いはありますが、しかしながら、これからが感染拡大を防ぐ大事な期間と言う事を鑑みれば、仕方ない処置なのだとも思いますね。

また、急造で下した要請らしく、学童や放課後児童クラブ、また場合によっては学校で過ごす事もOKであったりと「これは大丈夫なのだろうか・・・?」と思ったりも致しますが、我々自身の判断や考えにより、子供達を感染の危険から遠ざける事が出来るという状況が出来るというのは好ましい事ではないかと思います。

今回のこの事態は一種の「国難」に近い状況であろうと思いますし、震災後同様に我々も国民の一人としてこの困難に対し、多少の不便や不利益を被る事になろうとも努力し、苦境に耐える必要があるのだと思います。

そうしない事にはこの状況が益々長引き、結果的には更に被害や困難は拡大して行ってしまうものではないかと思ったり致します。

自然災害に関しても言えるのでしょうが、こういった時こそ、一致団結し、それぞれが助け合い、力を合わせて大きな困難を乗り越えるべきなのだろうと思います。

ただ、出来れば、一人の親としては「卒業式」はやってもらいたいですし、それに我々も参加して子供達の門出を祝ってあげたい気持ちは強いのですが・・・

2_20200229114101

|

« 恐れていた事が現実に・・・新型コロナウィルスの脅威がとうとう足元にまで・・・ | トップページ | 今回は当西大宮カイロプラクティック療院からのお知らせ。大変に申し訳ございませんが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恐れていた事が現実に・・・新型コロナウィルスの脅威がとうとう足元にまで・・・ | トップページ | 今回は当西大宮カイロプラクティック療院からのお知らせ。大変に申し訳ございませんが・・・ »