« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

突然の学校休校要請に、正直、親も子戸惑うも、まあ、仕方ないのかな~・・・

1_20200229114101

現在、毎日の様に感染者数の増加の報道がなされ、いよいよ日本各地で猛威を奮い始めた新型コロナウィルスの脅威に日本中があたふた、マスクや消毒用アルコールのみならず、ネットによるデマなどでトイレットペーパーやおむつまでがあらゆるお店の棚から消え、イベントやレジャー施設の休止や中止、そして日経平均株価も1000円以上の落ち込みを見せるなど、まさに”クライシス”といった状態・・・

そんな中、ようやく日本政府も重い腰を上げ、本格的な対策に乗り出したようですが、その具体的な第一弾として昨日に発表された3月2日から「日本全国小中学校の休校の要請」に正直、我々を含め、日本全国が戸惑っている最中でないかと思います。

まあ、この「要請」は政府から学校関連を統括する地方自治体や行政庁への”お願い”の様なもので、上級行政庁から下級行政庁への「命令」には至ってない訳で、拘束力はないものの、しかしながら、こういった状況ですので、我々の住むさいたま市をはじめ、多くの自治体が休校の要請に準じて休校を実施するようですね。

そんな昨日は丁度、小学校六年生の次女の学校で行われた6年生による「巣立ちの会」という学校行事に参加して参りましたが、次女にとっても卒業式を除く、あれが最後の学校での活動になってしまいました。

その行事の最中、多くの子供達が別れを惜しむ涙を流していましたし、また、僕は仕事があり参加できませんでしたが、その後に行われた懇談会では子供達と突然の別れとなってしまった担任の先生も涙を流して、子供達との別れを惜しんでいたそうです。

正直なところ、あまりに突然のこの要請には学校に通う子供達を持つ親としては、青天の霹靂で何の準備も当然に出来てはいませんでしたし、戸惑いはありますが、しかしながら、これからが感染拡大を防ぐ大事な期間と言う事を鑑みれば、仕方ない処置なのだとも思いますね。

また、急造で下した要請らしく、学童や放課後児童クラブ、また場合によっては学校で過ごす事もOKであったりと「これは大丈夫なのだろうか・・・?」と思ったりも致しますが、我々自身の判断や考えにより、子供達を感染の危険から遠ざける事が出来るという状況が出来るというのは好ましい事ではないかと思います。

今回のこの事態は一種の「国難」に近い状況であろうと思いますし、震災後同様に我々も国民の一人としてこの困難に対し、多少の不便や不利益を被る事になろうとも努力し、苦境に耐える必要があるのだと思います。

そうしない事にはこの状況が益々長引き、結果的には更に被害や困難は拡大して行ってしまうものではないかと思ったり致します。

自然災害に関しても言えるのでしょうが、こういった時こそ、一致団結し、それぞれが助け合い、力を合わせて大きな困難を乗り越えるべきなのだろうと思います。

ただ、出来れば、一人の親としては「卒業式」はやってもらいたいですし、それに我々も参加して子供達の門出を祝ってあげたい気持ちは強いのですが・・・

2_20200229114101

| | コメント (0)

恐れていた事が現実に・・・新型コロナウィルスの脅威がとうとう足元にまで・・・

1_20200226134801

個人的には先月、武漢で新型コロナウィルスがすでに広まっていたにも関わらず、春節に中国からの観光客を受け入れていた事などからも「大丈夫なのか・・・?」とぬるすぎる水際対策をはじめ、イマイチ、この事の重大さを理解しておらず、むしろ軽視がちではという日本政府の対策を不安に思っておりましたが、いやはや、残念ながらその不安は的中・・・

今月後半に入ってからは日本各地で感染者が発生し、もはや、何処で感染してもおかしくない様な手の付けられない状況になってきてしまっております。

毎日の様に各地で「この地では、はじめて感染者」が発見され、しかも、その内の多くは普通に暮らしており、コンサート会場やスポーツジムなど人の集まるところにも足を運んでおり、恐らくはこれから更に感染者は増え続けていく事は確実であろうと思われます。

私の住むさいたまでもすでに感染者もでており、現在、目前に公立高校の受験を控える娘を持つ親である身としては尚更、心配に拍車がかかっておる次第であります。

今回、この新型コロナウィルスに関しては無症状と言う方からも感染していまう様ですし、もはや、どういったタイミングでどんな経路で感染してもおかしくありませんし、そんな中、様々な情報が錯綜し、一部の人による爆買いなどでマスクや消毒液が小売店から消えた中、何から注意してよいのかすら、解らない状況といっても過言では無いかと思います。

街中で咳をしている人が近くにいるだけでも怖いですし、それに喘息持ちであり、本来、この時期に発症する事も少なくない私としては、もしかかってしまったら、重症化してしまう事もある様ですし・・・

先程に厚労省が発表した対策基本指針を読みましたが、結局、PCR検査も治療に関しても重症化してからでないと受けられない様ですが、重症化する前に何より、これ以上の感染拡大を防ぐための対策を最優先にするべきなのではないかと思ったりするのですが・・・

このままの方針では素人目から見ても、感染拡大は避けられない様な気がしますし、これから最も拡大が拡がるであろうと懸念されている今こそ、もっと強権を振るってでも様々な制限をかけて、封じ込めに専念するべきではないかと思ったり致します。

しかし、このままじゃ、本当にオリンピックも中止になっちゃうかもですね~・・・💧

2_20200226134801

(まあ、手洗い、うがい、マスク、自分で出来る事はやって、自分の身は自分で守るしかないやね)

| | コメント (0)

昨日は午前中は確定申告、午後は物件探しと大忙し!!

1_20200219122801

いやはや、久々の投稿になりますね。

現在、長女は高校受験真っただ中、これからはいよいよ本命の公立高校受験を控えていたり、実はそんな中、今年の春からは娘達のみならず、我々家族は様々な意味で”新生活”を迎える事となり、毎日最高にバタバタしている状態でありまして、なかなかのところ、投稿している暇もなかったりする次第であります。

昨日の休診日は先週から始まりました毎年のお勤めである確定申告を済ませてしまう為、大宮青色申告会まで行って参りました。

以前は大宮青色申告会は大宮区役所の隣にあったのですが、昨年に大和田の方に移り、それからは初の確定申告。

駐車場が少ない為、天気も良かったので朝から自転車を飛ばして行って参りました。

新しくなって混んでいるのかな~・・・と思っていたのですが、思っていたほどではなく、比較的スムーズに午前中には無事終了!!

そしてその後はその足で大宮にある不動産に行き、春から過ごす物件探しをして参りました。

先程も”新生活”と言う言葉で触れましたが、今までこのブログのタイトルにもある「マスオさん」を卒業し、この春、長女が高校生になるのを機に新たな住居を近くで借りる事にしたのです。

そして昨日は早速一件、気になった物件を内覧して参りました。

今週は仕事の合間を縫って、この他にも数件の内覧に行く予定。

早く良い物件が見つかってくれるといいな~・・・

2_20200219122801

| | コメント (0)

時期ものですね(笑)先日に映画チャンネルでやっていた「バレンタインデー」を鑑賞。

1_20200212130701

本日は2月12日と言う事で、バレンタインデーをあと2日。

中にはバレンタインデー当日に意中の相手への告白を心に決めて、今から緊張しているという女子もいるのではないかと思いますが、そんな中、先日にJCOMの映画チャンネルで放送していた映画「バレンタインデー」を昨晩に鑑賞いたしました。

この映画は2010年に公開された、いわば恋愛オムニバス映画で、監督は映画「プリティ・ウーマン」でメガホンを執ったゲイリー・マーシャルが監督、そして何と言っても豪華キャストが数多く出演している事でも知られている作品でございます。

2_20200212130701

4_20200212130701

出演はジュリア・ロバーツやアン・ハサウェイをはじめ、アシュトン・カッチャーやブラッドリー・クーパー、その他にもジェシカ・アルバ、ジェシカ・ビール、パトリック・デンプシー、ジェイミー・フォックス、そして歌手のテイラー・スウィフトなども出演しており、そんな豪華な出演者たちを観るだけでも十分に楽しめたりすると思います。

ロサンゼルスを舞台に、様々なカップルや思いを抱える登場人物たちが2月14日のバレンタインデーにそれぞれが微妙に関わり合いながら、それぞれのストーリーを展開していくと言った構成になっており、「ラブ・アクチュアリー」や「ニュー・イヤーズ・イヴ」などと同様の典型的なオムニバス映画と言った感じですかね。

6_20200212130701

5_20200212130701

愛しの彼女にプロポーズをするもその直後に悲しい別れを迎えてしまう男がいると思えば、彼女が秘密を抱える付き合い始めたばかりのカップル、それにちょっとおバカなラブラブの高校生カップルたちや何十年も連れ添った妻の浮気が発覚し、悲しみに暮れる夫、それに新たな出会いを迎える男女など、そんな様々な登場人物たちのドタバタの恋愛偶像劇が楽しく爽やかに描かれており、ストーリーとしてはそれほど深いものではありませんが、何も考えずに楽しむには丁度良い作品であると思います。

14日の当日に向けて今から緊張しているという人は、何も考えずにこの映画を観てちょっと肩の力を抜いてから当日を迎えてはいかがでしょうか?

3_20200212130701

| | コメント (0)

このまま行ったら”パンデミック”なんていう事になる可能性は無いのだろうか・・・?

2_20200207164901

中国を中心に現在も猛威を奮い、今日までに中国国内では3万人以上が感染していると言われ、すでに600人以上もの死者も出している新型コロナウィルスですが、日本を含め、すでに27ヵ国で感染者が確認されており、更なる拡大の可能性に世界中が震撼しています。

横浜で停泊中の豪華客船”ダイアモンドプリンセス号”でも新たに41人の感染者が確認され、日本国内の感染者に関しても40人を超えてしまったそうですね。

そんな中、多くの人がマスクを求め、買い占めが行われた結果、現在、街中のスーパーやドラックストアをはじめ、ありとあらゆる場所からマスクが消え、私に関しても手元にあるマスクの数も数える程となって来て不安を感じております。

それにしてもこれだけの勢いで感染者が増えているのにも関わらず、WHOは比較的楽観的な見解を発表したり、そして日本政府の対応の緩さにまた一層の不安に駆られるのは私だけなのだろうか・・・?

1900年代前半にH1N1型のインフルエンザが爆発的に大流行し、世界総人口の約20億人の大半が感染し、その流行した1年半の間に約5000万人以上が死んだと言われた”パンデミック”がありましたが、専門家の中ではそれ以来の大流行になる可能性があるという人もいる様ですし、不安は益々大きくなるばかりです。

今回、厄介なのは感染してしまった後にも無症状の場合も少なくなく、それ故に感染が拡大してしまったという見方もあり、それ故にすでに感染は予想を超えて拡大してしまっているという可能性が高く、もはや、流行拡大を抑え込むのは難しいとか・・・

流行のピークは5月位だと言われている様ですが、場合によっては長引く可能性も十分にある様ですし、果たしてこんな中、日本で夏にはオリンピックが行われますが、大丈夫なのだろうか・・・?

兎にも角にも、WHOを含め、日本政府にはこれからでも厳しい対応を取って、これ以上の感染拡大に尽力してもらいたいものですね。

他国ではかなり厳しい入国および出国制限も行われているのですから。

お願いだから桜を観る会が云々と言っている前にこっちを優先してくれ~!!

1_20200207164901

| | コメント (0)

本日2月3日は2020年の節分。流石に何もしなくなちゃったな~・・・

1_20200203171601

本日2月3日は明後日4日が立春と言う事で節分となりますね。

そして今年も各地の有名なお寺などでは有名人などを招いて豆まきなどのイベントも行われたようですが、我が家に関しては、長女が丁度、翌日にに受験を控えておりますし、次女に関しても小学校6年生ともなりますので、流石にもう豆まきなどはやる予定は無いようですし、その際には鬼役に抜擢される私へのオファーも舞い込んでおりません。

まあ、せいぜい恵方巻きなど位は食べるのかも知れませんが、近年、その際のルールに関してもいい加減になってきており、ただの「太巻きを食べる日」と化しているのが現状でございます💧

しかし、節分のみならず、やはり子供達が大きくなってくると徐々に行事って行わなくなっていくものだな~・・・なんていう事を実感するこの頃でございますし、それに一抹の寂しさも感じたり致しますね。

昔はキャッキャ騒ぎなら豆まきを楽しんだもんでしたが・・・

| | コメント (0)

果たして吉と出るか、凶と出るのか・・・とうとうイギリスのEU脱退が実現。

1_20200201111401

2016年にイギリスで行われた国民投票で決まったEU離脱決定から約3年半、それからも紆余曲折、イギリス国内でも離脱推進派と離脱反対派との間で様々な論争がなされ続け、本当に離脱が実現するのか・・・などと僕個人としてはおもっていたのですが、日本時間で先程、とうとう加盟から半世紀、イギリスのEU脱退が実現しましたね。

決定期限直前の昨年末にはEU脱退を掲げるジョンソン首相率いる与党がEU脱退における民意を問う為に議会を解散し、総選挙が行われた結果、ジョンソン氏率いる与党である保守党が勝利し、この度の脱退実現となった訳でありますが・・・

この結果については、こうして実現する以前から様々な見解がなされており、当然に前向きなものもあれば、逆にネガティブなものもありますが、実際のところはこれからの流れを見て行かないと分からないという意見が大半で、これからのイギリスのEU諸国を含む他国との立ち回り方や経済的な活動の変化などの複雑な要素も多く、なかなかこの結果が世界にもたらす影響を予測する事は難しいと言ったところの様ですね。

そして我が国日本における影響は限定的だという見方が多いようですが、政府としてはイギリスへのTPP参加などの実現や個別の貿易関係の実現などにおいては積極的な関係を築いていく意思なども表明しており、これをきっかけに新たに経済活動の場が拡げていきたいようですね。

しかしながら、イギリスのみならず、EU加盟国の中には同じく脱退を潜在的に望んでいる国も多いのではないかと言われ、この一件でパンドラの箱を空けてしまう事になってしったのではないかは心配なところですあります。

もしEU解体なんていう事に発展してしまったら、ヨーロッパ情勢は再び混乱の時代を迎える事になってしまうかもしれませんし、世界全体のパワーバランスも大きく変わり、世界の秩序や経済も大きく変わる結果になるという意見もありますからね~・・・

兎にも角にもこれが吉と出るか、凶と出るのかはまだ分かりませんが、ただでさえ近年、徐々に不安定さを増してきている世界情勢の中、新たな不安材料にならない事を願うのみであります。

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »