« 当院の年末年始の予定をお知らせします。 | トップページ | そろそろやらねば。年賀状に大掃除!! »

正解なんてないんだろうな・・・人生の大きな決断に迫られた時、どうするべきなのだろうか・・・?

1_20191220140201

2019年、翌年には東京オリンピックと言うビッグイベントを控え、そんな中、日本は「令和」という新時代を迎え、何だか慌ただしく過ぎてった今年ももういつの間にか、あと10日余りを残すのみ。

しかし、そんな師走の最中、現在、個人的には過ぎ去って行った11ヵ月と20日の時の流れの余韻に浸る余裕もなく、予期せずに突然に訪れた人生の大いなる決断に迫られ、迷い彷徨い、そしてあえぐ日々を送っています。

そう、振り返れば、今年は驚くほどに多くの困難が降りかかり、克服すべくと喘ぎ、戦うも、空しく歯車がかみ合わず、打ちひしがれ続けた一年だったように思います。

手前みそではありますが、様々な事において、それに対してそれ相当の努力は重ねて来たつもりでしたが、それに対しての見返りは皆無・・・

その上、打ち寄せる波の如く、次々と様々な難問を突き付けられ、しかもそれが複雑に絡み合い、行こうとする道に立ちはだかりました。

そして散々に彷徨った挙句、辿りついた先は人生の大いなる帰路。

これから、家族を抱え、どの様な生き方を選択していくべきなのか・・・?

この”自分の城”を構え、そして今まで地を這い、血のにじむような努力を重ね、多くの挫折、困難も味わい、決して安くはない対価を払いながら、それでも歯を食いしばり、そして多くの人の優しさと笑顔に支えられ、守り続けて来たこの11年と半年・・・

しかし、今、そしてこれからこの”自分の城”、いや、これまでの生き方を守りながら、家族のこれからの未来を守る道を見つける事が出来ない時、もはや、択べる道は限られている・・・

今迄、本当にがむしゃらに、必死に走り続けてきた。

自分に出来る努力は惜しまず、一心不乱に。

この道が正しい道、そして家族の幸せへの道だと信じて。

間違っていたとは思わないし、間違いではなかったはず。

ただ、これが”人生”と言うものなのだろう。

空しくも費やした努力や払った犠牲が実るとは限らないもの。

しかし、それでも、絶望と深い悲しみに打ちひしがれても、汗と涙を流し、進んで行くしかないのだと自分に言い聞かせながら・・・

今迄費やしたものが幸せな未来に繋がっているのだと信じて・・・

|

« 当院の年末年始の予定をお知らせします。 | トップページ | そろそろやらねば。年賀状に大掃除!! »

つぶやき、心の叫び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 当院の年末年始の予定をお知らせします。 | トップページ | そろそろやらねば。年賀状に大掃除!! »