« 娘と「ジャック・オー・ランタン」を作ってみました!!(PART.2) | トップページ | 嗚呼、今週末もまた台風か~・・・ »

2017年10月28日 (土)

2017年プロ野球ドラフト会議、注目の清宮は日ハム、そして広陵の中村は地元の広島に!!

Df
先日にセ・パ両リーグ共にクライマックスシリーズが終了し、これからいよいよ日本シリーズを控える日本プロ野球でございますが、昨日は将来の日本プロ野球の未来を占う毎年恒例のプロ野球ドラフト会議が行われましたが、今年最大の注目であった高校通算111本塁打を放った怪物、清宮幸太郎は7球団もが競合し、その結果、日本ハムが抽選でその交渉権を獲得そうですね

Kida高校に入学する以前からすで話題となっており、高校に進学してからも、高校歴代最多本塁打の記録を塗り替えた強打者には、やはり前評判通りに阪神、ヤクルト、ソフトバンク、ロッテ、巨人、楽天、日ハムの史上2番目となる7球団ものの指名が集まった訳ですが、日ハムの木田GMマネジャーが、タレントで友人の明石家さんまさんからもらったという「左手で行け!!」と言うアドバイスが効いたのかどうかは分かりませんが、そのアドバイス通りに左手でそのくじを引き当てましたね

日本ハムに関しては主力中の主力であった”二刀流の怪物”大谷がFAでメジャーに行く可能性が高く、その穴を埋めるべく強力な選手が欲しかっただけに、くじを引き当てた木田GM補佐も渾身のガッツポーズでしたが、監督の栗山さんも本当に嬉しそうでしたよね

Nakamuraそして、今年のもう一つの目玉であった、今年の夏の甲子園では大会新記録となる1大会6本塁打を放つ大活躍でチームを準優勝に導いた強肩、俊足の逸材捕手で清宮同様に”怪物”と言われる広陵の中村奨成には中日と地元広島の2球団が競合。

その結果、中村の地元でお母さんもファンだという広島カープの緒方監督が自らくじを引き当て、その交渉権を獲得いたしましたね。

その他にもこの日、多くの将来の日本プロ野球を背負って立つであろう多くの若者たちがそれぞれ運命の日を迎えた訳ですが、しかしながら、ここはまだあくまでもスタートラインに立ったにすぎず、本当のレースはこれからである訳です。

上位で指名されて活躍出来ずに淘汰されていく選手もいれば、指名は下位であっても、その後に開花し、プロ野球史に名を残す名選手もいます

しかしながら、これは野球だけに限ったものではないと思いますが、肝心なのはこれからのたゆまぬ努力であり、その積み重ねに尽きるのではないかと思います

そしてこの若い選手たちが厳しい競争に打ち勝ち、華々しい活躍でまた一段とプロ野球を盛り上げてくれる事を願ってやみませんね

Kiyomiya
西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

西大宮カイロ Facebookページ https://www.facebook.com/pages/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%82%E9%99%A2/1763359653890277

|

« 娘と「ジャック・オー・ランタン」を作ってみました!!(PART.2) | トップページ | 嗚呼、今週末もまた台風か~・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年プロ野球ドラフト会議、注目の清宮は日ハム、そして広陵の中村は地元の広島に!!:

« 娘と「ジャック・オー・ランタン」を作ってみました!!(PART.2) | トップページ | 嗚呼、今週末もまた台風か~・・・ »