« 本日2月24日の金曜日より「プレミアムフライデー」なるものが始まるそうですが・・・ | トップページ | 横浜の叔父叔母が治療院に突然の訪問(笑) »

また名馬が一頭、この世を・・・「坂路の申し子」ミホノブルボンが28歳で死す・・・

Mb
1991年の朝日杯、そして翌92年のクラシックレース皐月賞、日本ダービーを短距離血統と言われながらも、ハードトレーニングで鍛え上げて克服して制した「坂路の申し子」と呼ばれた名馬、ミホノブルボンが今月22日に老衰によりこの世を去ったそうですね

この馬に関しては何と言っても、戸山調教師がハードトレーニングを課して作り上げられた筋骨隆々の美しい栗毛の馬体で、そしてその見事に鍛え上げられた圧倒的なスピードで逃げ切ってしまう姿が印象的で、その正確なペースでの逃げと肉体から「サイボーグ」なんていう風にも言われていた記憶があります

デビューから破竹の7連勝を飾り、そして彼にとって現役最後のレースとなってしまったクラシック最後の一冠、菊花賞ではとうとうライバルのライスシャワーに敗れてはしまったものの、その壮絶な名勝負は今でも瞼に焼き付いております

そしてその92年は年度代表馬に選ばれたものの、出馬を予定していたジャパンカップを前に脚部不安を発症し、その翌年は骨折などを含む脚部不安を繰り返し、結局、残念ながら最後まで復帰は叶わず、惜しまれながら現役を引退し、種牡馬となりました。

ただ皮肉にもブルボンの子供たちは、父親の様な大きな活躍する事は出来ず、2012年に種牡馬からも引退し、北海道の牧場で静かに余生を送っていたとの事です

現役時代は常識を打ち破るほどのハードトレーニングで培ったその圧倒的な強さを誇ったブルボンの活躍をきっかけに、今まで以上に「坂路調教」というものが大きくクローズアップされて更に注目される様にも思いますし、その後に特に活発に「坂路調教」が行われたという関西から来た”関西馬”が多く活躍した記憶があります

元々は700万という競走馬としてはかなり安いと言われる額で競り落とされ、血統的にも活躍しても短距離のみと言われながらも、己の鍛え上げられた肉体で勝利をもぎ取ってきたミホノブルボンのその姿は馬ではありますが「漢の中の漢」であったと思います

数々の鮮烈な記憶をどうもありがとう!!

安らかに眠れ・・・

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

西大宮カイロ Facebookページ https://www.facebook.com/pages/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%82%E9%99%A2/1763359653890277

|

« 本日2月24日の金曜日より「プレミアムフライデー」なるものが始まるそうですが・・・ | トップページ | 横浜の叔父叔母が治療院に突然の訪問(笑) »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また名馬が一頭、この世を・・・「坂路の申し子」ミホノブルボンが28歳で死す・・・:

« 本日2月24日の金曜日より「プレミアムフライデー」なるものが始まるそうですが・・・ | トップページ | 横浜の叔父叔母が治療院に突然の訪問(笑) »