« ようやくご帰還。修理からようやく「ナーブスコープ」が戻ってきました!! | トップページ | 今年のノーベル文学賞受賞者は「ボブ・ディラン」!? »

東京で突然の大規模停電!!これからも同じ様な事は起きるかもですな~・・・

002
昨日のおよそ午後3時半頃に東京都の練馬区や豊島区を中心に突然の停電が発生し、その後も新宿区や千代田区、更には板橋区や中野区、文京区、北区などにまでもその範囲は拡大、都内では電車や信号機なども停止、交通機関に大きな影響が出た他、霞が関などにある官庁の電力などもストップ、最大約59万戸にも及ぶ電力供給が絶たれてしまったそうですね。

003停電した各地で騒然となり、その影響により、都内は一時大混乱に陥り、約一時間後の午後4時過ぎには復旧したとの事でしたが、その後も夜に至るまで様々な影響が続いたとの事

正直、仕事も自宅もさいたまの僕は停電もなかった訳で、ラジオで「東京で大規模な停電が・・・」というニュースが多少耳に入って来ていた程度で、テレビで知るまで、まさかこんな事になっていようとは夢にも思っていなかったので状況を理解した時には大変驚いてしまいました

しかも、天気は気持ちの良い秋晴れで、台風や地震などの自然被害でもなく、こんなにも広範囲で大規模な停電が起きたっていう話はあまり聞いた事がなかったですからね~。

001一瞬、「まさかテロとか・・・」とも思ったりも致しましたが、後の情報で停電が発生する直前に埼玉県新座市にある東京電力の地下施設で火災が発生しており、そこの送電ケーブルから電力を送っていた都内の各地が停電に陥ってしまったそうです。

とりあえずテロや放火などの事件ではなく、東電によると送電ケーブルの外側の絶縁体が破損し、ケーブル本体から火花が飛び散ったことが原因だそうです。

それにしてもまさか都心から20キロも離れた新座の火災が今回の大規模な停電の原因だったとは・・・

今回、発火したケーブルに関しては敷設されてから、すでに35年もの月日が流れているそうで、今回の火災に関してもケーブルの劣化なども原因の一つとして可能性が高いのではないかと言われている様です。

通常の場合、ケーブルに関しては寿命などは設定されておらず、トラブルや故障の際に必要に応じて交換などをしている様な状況との事ですが、そういう事であれば、今回は氷山の一角で恐らく各地で星の数ほど同じような状態で稼働している施設は多いのではないかと思いますし、これからも更なる月日の流れに伴い、同じ様な事やまたはそれよりも大規模で発生する事あるのではないかと個人的には思ったり致しました

高速道路などにも関してもトンネルでの事故などが発生し、数年前から月日の流れによる劣化などが指摘され、その改善や補強などが急がれているようですが、電線やガス管、水道などの我々のライフラインなどに関するものもまた同様の問題を抱えているのだろうと改めて思い知らされたような気が致しますね。

高度成長期に急速に張り巡らされ、発達した道路や電線ですが、その頃に施設されたものはもうすぐ限界を迎えているのかも・・・

これから先、年々人口は減少し、経済規模も徐々に縮小して行く事が確実視されている我が国、日本。

そんな中、インフラの再整備となったら、何処から予算はやってくるのだろうか・・・

こんな先々にまで及ぶ危機的状況を踏まえた上で、そろそろ悪しき伝統の無駄な金遣いをそろそろあらため、我々の税金を有効に使ってもらいたいと思う秋の一日でございます

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

西大宮カイロ Facebookページ https://www.facebook.com/pages/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%82%E9%99%A2/1763359653890277

|

« ようやくご帰還。修理からようやく「ナーブスコープ」が戻ってきました!! | トップページ | 今年のノーベル文学賞受賞者は「ボブ・ディラン」!? »

事件・事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京で突然の大規模停電!!これからも同じ様な事は起きるかもですな~・・・:

« ようやくご帰還。修理からようやく「ナーブスコープ」が戻ってきました!! | トップページ | 今年のノーベル文学賞受賞者は「ボブ・ディラン」!? »