« 秋の連休は横浜に行ってきました。 | トップページ | 排ガス規制の不正問題により、VW社CEOのウィンターコルン氏が辞任・・・ »

ボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチ、チャンピオン山中慎介がV9達成!!

22日に東京都大田区総合体育館で行われたボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチ、チャンピオンで”神の左”を引っ提げ、8度の防衛を果たしている山中慎介と昨年までWBA世界バンタム級スーパーチャンピオンだったパナマの英雄で最強の挑戦者と言われる現WBC同級2位のアンセルノ・モルノとの間で行われましたが、予想通り、緊張感が大変高く、そして高レベルな白熱した接戦になりましたね

今回の挑戦者、アンセルノ・モレノは2008年にWBAバンタム級王座に就き、卓越したデフェンステクニック、そして”神の目”とまで言われる動体視力を武器に、昨年にファン・カルロス・パヤノに敗れるまでは6年以上12度に渡り王座を防衛、そしてチャンピオン中のチャンピオンたる称号であるWBA同級のスーパーチャンピオンだった歴戦の強者。

山中も以前から最強を証明するためにいつかは対戦したいと熱望していた相手でしたが、やはり前評判通りの素晴らしい実力者でしたね

Yamanaka2_21Rから高度な駆け引きと攻防の応酬、非常に緊迫感の高いハイレベルな試合展開で見ごたえある一戦だったと思います。

ただそのレベル高さ故にお互いにクリーンヒットが少なく、今までKOの山を築いてきた山中の”神の左”のさく裂を期待するファンにとっては地味な試合展開にジレンマをおぼえたかも知れませんね

しかし今回に限ってはそれだけのレベル、そしてそれだけな相手だったという事に尽きるかと思います

モレノはテレビで観ているにも分にも、構えたその姿は本当に当てる場所も少なく、しかも距離のとり方やタイミングの外し方も絶妙で、その上、前に踏み込みながらパンチを外しながら避けるので、強打も当てるのは困難だったと思います

試合は一進一退の展開で4Rまでの判定は僅差で山中、しかし8Rの判定は今度はモレノが逆転し、本当にどちらが有利なのか観ていて本当に難しい試合でしたね

Yamanaka大きく試合が動いたのは終盤9Rに打ち合いからモレノのカウンター気味の右フックがさく裂

珍しくチャンピオンの山中が効いた様子でピンチを迎えましたが、翌10Rは逆にようやく山中の”神の左”が当たり、モレノが追い込まれる様なシーンが見られました。

しかしその後はまたお互いに持ち直し、一進一退の攻防。

そしてそのまま終了のゴングが鳴り、結果は判定に。

Yamanaka3
そして僅差2-1の判定でチャンピオンの山中が9回目の防衛に成功!!

最強の挑戦者をなんとか退けました。

しかし、今回は個人的な感想としてはどっちが勝ったのかは本当に分からなかったですし、近年稀にみる際どい試合だったと思います

ジャッジも難しかったでしょうし、正直、ジャッジが何処に重き置いて判定したかという差だけだったのではないかな~・・・

兎にも角にも、V9達成、おめでとうございます

最強のチャレンジャーを下した勢いそのままに、具志堅さんの持つV13の記録更新に向け、勝ち続けていってもらいたいですね

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

西大宮カイロ Facebookページ https://www.facebook.com/pages/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%82%E9%99%A2/1763359653890277

|

« 秋の連休は横浜に行ってきました。 | トップページ | 排ガス規制の不正問題により、VW社CEOのウィンターコルン氏が辞任・・・ »

ボクシング、格闘技」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチ、チャンピオン山中慎介がV9達成!!:

« 秋の連休は横浜に行ってきました。 | トップページ | 排ガス規制の不正問題により、VW社CEOのウィンターコルン氏が辞任・・・ »