« 何故でしょうか?相次ぐ逆走による事故・・・ | トップページ | 何故に最近、頻繁に強風が吹くのでしょうね? »

阿部首相が「強い憤り」って・・・

テレビでは連日、イスラム国に拉致された日本人の後藤さんと湯川さんについて、20日にイスラム国からの殺害予告及び身代金の要求する動画を公開、そしてその後に湯川さんを殺害したとされる画像及びメッセージを公開、更に今朝には後藤さんに対する24時間という期限付きの殺害予告及び要求のメッセージ付きの画像が公開されて日本中が騒然となっていますね

それに対し、阿部首相は「強い憤りを感じる」と述べたそうですが・・・

しかしながら、不必要に余計なボタンをわざわざ押しておきながら、「ちょっと何言っているんだろう・・・」なんて少し思ったりもしましたね

素朴な疑問ではあるのですが、まず、そもそものきっかけとして、すでに昨年に日本人が拉致されていると言う可能性があったのにも関わらず、先日の中東歴訪の際にイスラム国を名指しで刺激する様な発言があったからなのでは・・・

当初、身代金の要求額は支援額と同額の2億ドルなんて言われてましたし・・・

目的は単純に中東の人々への人道支援と言う事で、それだけであればこれほど大きな問題にはならなかったのかも知れませんが、特に敵対視されていた訳でも無かったと思われる相手に「平和主義」を掲げる我が国、日本が、こちらからわざわざ間接的にでも「敵対視しております」的な事を言う必要はなかったのではと思います。

ましてやイスラム国の宿敵であろう、イスラエルの元で・・・

まあ、阿部首相としては欧米諸国に対し、ある一定のスタンスを示したかったのでしょうが・・・

現在、囚われの身となっている後藤さんはレバノンで収監されている女性テロリストとの交換での解放の可能性があるものの、条件にレバノンと言う第3国が絡んで来てしまった上に、レバノンにはイスラム国での様々な事情、そしてレバノン自体、自国の空軍パイロットが囚われの身となっている事から、見ず知らずの外国人である後藤さんよりもパイロットの開放を優先したいという様々な思惑も絡み、複雑かつ多くの困難をクリアしなくてはイスラム国の要求を呑むのは難しい様です

しかもタイムリミットはあとわずか・・・

こうしている間にも刻一刻と時間は過ぎて行ってしまいます。

後藤さんの顔と名前を観た時、「何か、見た事ある様な気がするし、聞いた事ある様な・・・」と思っていたら、古館さんの「報道ステーション」の中継に出ていたという事で、そこでどうやら観ていたのだと思います。

それでも直接知っている訳では無く、テレビで観ただけの方ではありますが、やはり時々見ていた人、しかも同じ日本の方が命を失う様な危機に立たされていると言うのは非常に心苦しく思ったりしますよね

それ故にどうかこの危機を乗り越え、無事に日本に帰国して欲しいと心より願っています。

そして直接の原因ではないにしても、少なからず今回、悪い影響を与えたであろう阿部さんには後藤さんの命を救うために最大限、尽力してもらいたいと切に思います。

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|

« 何故でしょうか?相次ぐ逆走による事故・・・ | トップページ | 何故に最近、頻繁に強風が吹くのでしょうね? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿部首相が「強い憤り」って・・・:

« 何故でしょうか?相次ぐ逆走による事故・・・ | トップページ | 何故に最近、頻繁に強風が吹くのでしょうね? »