« 第34回ジャパンカップはエピファネイアが会心の圧勝劇!! | トップページ | 段々と寒さも厳しくなり、早起きが本当にきつくなって参りました。 »

何故、続くのでしょうね?今度は菅原文太さんの訃報・・・

先月に俳優の高倉健さんがお亡くなりになり、日本中が悲しみに包まれたばかりで、現在もテレビで「高倉健さん追悼」を銘打ち、高倉健さんが主演した映画が多く流されたりしている中、またしても日本を代表する俳優さんの訃報を聞く事になるとは思いませんでしたね。

しかも高倉健さんと同年代、しかも任侠映画ではないものの、当初は高倉さんと同様にアウトローと言うジャンルで名を馳せた菅原文太さんが転移性肝ガンによる肝不全で11月28日にお亡くなりになっていたそうですね。

2007年に膀胱ガンを患いながら、しかしその後には完治していたとの事ですが、その後にまた肝臓ガンも患ってらっしゃったんですね~・・・

僕は菅原文太さんの作品については仁義なき戦いとトラック野郎シリーズの何本かと時々、テレビドラマに出演されていたものを観た位しかないのですが、やはりトラック野郎のイメージが強い様で、豪快かつ元気なキャラクターと言う印象を文太さんには持っておりました。

しかし2001年に息子さんを亡くされてからは、映画では2003年の「わたしのグランパ」に出演されたのみだそうで、映画やテレビでその姿を見る事はほとんどなかったように思います。

その反面、晩年は農業を熱心にやられるようになり、そしてその重要性を訴えると共に自然や環境保護、そして平和運動にも力を入れていたそうですね。

今朝、テレビで菅原文太さんの特集がテレビ各局で組まれ、放送されていたものの一つを観ましたが、その中で生前の菅原さんがインタビューを受けていた中の発言で印象的な言葉があり、「文明の発達や発展はそろそろこの辺でいいんじゃないか?」とそのような事をおっしゃられていたのですが、菅原さんがおっしゃると非常に説得力があり、強く印象に残っております

僕も手技療法と言うどちらかと言うとアナログな職業を現在は生業とさせて頂いておりますが、そのせいなのか、それともそろそろ年齢的なものなのかは判りませんが、僕もまた菅原さんがおっしゃられていた事と同じ事を今の世の中に強く感じる事が多い様な気が致します。

直接に人と接するよりSNSやメールが重宝され、暇があればどこでもスマホとにらめっこする人々、そしてそれを使いこなす事が出来なければはじき出されてしまう現在の世の中は何処か少し病んでいる様にすら僕には思える時があります

俳優として「人間」を演じ、「人間」を表現する事を生業とされていた菅原さんは更に人間が本来あるべき姿や大切にすべきものと言うものを知ってらっしゃっていて、それ故にそれを世の中に伝える努力をされていたのではないのかと勝手に思っております。

それにしても高倉健さん、菅原文太さんにしても、その存在のみで何かを語れる様な素晴らしい俳優さんがこんなにたて続けに亡くなるなんて・・・

非常に残念だとしか言いようがないですよね

心よりご冥福をお祈りいたします。

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|

« 第34回ジャパンカップはエピファネイアが会心の圧勝劇!! | トップページ | 段々と寒さも厳しくなり、早起きが本当にきつくなって参りました。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何故、続くのでしょうね?今度は菅原文太さんの訃報・・・:

« 第34回ジャパンカップはエピファネイアが会心の圧勝劇!! | トップページ | 段々と寒さも厳しくなり、早起きが本当にきつくなって参りました。 »