« 電光石火の如く過ぎた一日でした~。 | トップページ | 再度、お願い致しますが、直前のキャンセルは・・・ »

衆院選を前に各党候補が日進公園で街頭演説。

今月14日に行われる衆院選を前に最近では、近くの日進公園でも最近ちょくちょく各党候補者の方々が街頭演説している様です。

この寒空の下、子供とお年寄りがほとんどの日進公園で「頑張っているな~。」とは思いますが、悲しいほどに閑散としていて、いったい誰が聞いているのやらと言った感じですね

報道での話ですと今回の選挙に関して世論調査では、前回の2012年に行われた「関心がある」と言う答えが80%近かったのに対し、今回は62%と前回よりもかなり落ちていて、投票率もかなり低いのではないかという予想だそうですね。

前回の投票率にしてみても60%に満たないという戦後最低のものだったと言うのですから、今回は一体何%になってしまうのでしょうか

そもそも今回もまた解散の時期も悪ければ、自公与党が良いと言う訳では無くとも、しかしまた魅力的な政策を持つ有力な対抗勢力も無い訳で、そんな選択肢がない中で行われる様な選挙に関心が無いと言うのは当然の事ではないのかと思ったりします

なんか例えば僕の様な40代のただのおっさんが、忙しい時に可愛い女の子が着る様な服が並んでいるショップに連れて行かれ、「さあ!!好きなもの一つ選んでいいんですよ!!」って言われている様な状況に近い気持ちでございます。

「欲しいのって・・・それに忙しいんですけど・・・」っていう感じですわ。

まあ、与党はそれもまた狙いなのかも知れませんが・・・

しかもGDPが下がり、円安によりそのあおりで輸入品の額も高騰、商売は掻き入れ時、そしてまた何かとお金がかかる暮れのこの時期に我々庶民の財布をそういった問題が直撃している最中、700億円もの血税を注ぎ込み、大した意味が実質のところあるのか分からない選挙の為に時間を割く事が無駄とすら思ったりもしてしまいます

本当は自分たちの生活に直結する「政治」と言うものに対し、いち国民としてこう無関心ではいけないのは解ってはおりますが、もう、なんだか色々と通り越して、あきれモードに突入してしまっているんですよね~、多分

それに現在「政治家」という人々に対して信用している訳でもないですし、かといって何か出来る事も無い訳で・・・

結局、こうして無関心に近い状態になっていってしまうのかも知れませんな

しかし、こうして「ああだ!!こうだ!!」と下を向いて愚痴っているだけでは、僕らもまた政治と言うものに対し、何かを言う権利すら無いとも思いますので、僕らが政治と言うものに対し直接行える「選挙」と言うものは参加しなくては、やはりいけないですよね~、例え選択肢は用意されていなかったとしても

という事で、これからまた候補者の方が演説されていて、それを聞く機会があれば、少し耳を傾けてみたいと思います

もしかしたら、「これだ!!」という選択肢も見つかるかもしれないですしね

では、今日はこれにて

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|

« 電光石火の如く過ぎた一日でした~。 | トップページ | 再度、お願い致しますが、直前のキャンセルは・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衆院選を前に各党候補が日進公園で街頭演説。:

« 電光石火の如く過ぎた一日でした~。 | トップページ | 再度、お願い致しますが、直前のキャンセルは・・・ »