« 衆院選、行って参りました。 | トップページ | インフルエンザがだいぶ流行って来ているようですね。 »

大方の予想通り、自公が大勝でしたが・・・

昨日行われた衆院選は大方の予想通り、自公の圧勝に終わり、自民党が291議席、公明党が35議席を獲得し、与党が全議席の3分の2以上を占めると言う結果になりましたね。

まあ、今回は民主党をはじめ、維新などの第3極も前回ほどの勢いも無く失速、魅力ある選択肢がないまま、現状維持と言った感じに落ち着いたのではないかと思います

これでまた阿部政権の第2Rが始まる訳ですが、アベノミクスが当初思われていた程の成果を上げていない中で、これからどう立て直していくのかに注目が集まるところです

しかし今回、大勝利を収めたとはいえ、最も激しく阿部政権を非難していた共産党が8議席から21議席と13議席を増やす大躍進を果たし、普天間基地の辺野古移設問題でもめる沖縄では4小選挙区で自民党候補が全て敗れると言った結果、そして北海道では冗談みたいな名前の政党「支持政党なし」が10万票以上を獲得したのだとか

これらの結果から言っても、やはり阿部政権が支持されたと言うだけでは無いのだと僕は思いますね

しかし、いずれにしても続投が決まった以上はもう横道にそれずにきちんと経済対策をはじめ、山積している問題に対してきちんと仕事をしていってもらい、少しでも「良くなった」と言える様な日本にしていってもらいたいと願うばかりです。

それにしても今回も結構、大物議員と呼ばれる人たちがまたしても苦戦したり、落選してしまい、民主の海江田さんは落選で民主党党首を辞任する事になってしまいましたし、石原慎太郎さんも比例で落選、そして渡辺喜美さんは長期に渡り守り続けてきた父親から受け継いだ盤石と言われた地盤での敗北、そして元首相の管さんも小選挙区で敗れ、比例で何とか1番最後に命拾いと言う感じでしたものね。

若い候補が出てきて新陳代謝、世代交代が行われる事自体は僕個人の意見としては、非常に好ましいと思いますし、必要な事だとは思いますが、ただ敗れてしまった老兵の背中には何故か一抹の寂しさも感じたりしますね。

兎にも角にも、大きな体制の変化無く、進んで行く事になった日本。

これから何処へ向かって行くのだろうか・・・

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|

« 衆院選、行って参りました。 | トップページ | インフルエンザがだいぶ流行って来ているようですね。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大方の予想通り、自公が大勝でしたが・・・:

« 衆院選、行って参りました。 | トップページ | インフルエンザがだいぶ流行って来ているようですね。 »