« 昨日は娘二人とお出かけ、そして夕方からは癒しの時間。 | トップページ | 映画「るろうに剣心 伝説の最期編」観てきました!! »

井岡、宮崎が共に復帰戦を無事、勝利で飾る!!

昨日、5月にIBFフライ級タイトルマッチで3階級制覇を目論み、チャンピオンのアムナット・ルエンロンに挑戦し、結果、判定で敗れ、15戦目にして初の敗北を喫した井岡一翔と同じ井岡ジムに所属し、WBAミニマム級タイトルを返上し、昨年末にライトフライ級に転向した初戦で減量に失敗し、その結果、3RKOで井岡と同じくプロ戦初の敗戦を味わった宮崎亮の復帰戦が”ボクシングの殿堂”後楽園ホールで行われましたが、二人そろって無事に復帰戦を白星で飾りましたね

まずは宮崎戦。

今回は50キロ契約で臨んだインドネシア国内ライトフライ級4位のイカル・トビダとの8回戦でしたが、序盤から軽快なフットワークとスピードのあるリードブローで試合をリード。

相変わらずガードは少し低いものの、その分アグレッシブなボクシングで左フックや右ストレートをヒットさせ、途中、トビダは左目上をカット。

そして5R、前に出てきたトビダにカウンター気味の強烈な右をヒットさせ、ダウンしたところでレフリーがそのまま止めて、試合は終了。

まずは順当に宮崎が勝利で復帰戦を飾りました。

まあ、今回は復帰戦という事でそれなりの相手だっただけに、取りこぼすことなく勝利したと言う所ですな

そしてその後は、いよいよ井岡一翔の復帰戦。

フライ級ノンタイトル10回戦で行われたWBAフライ級14位でコロンビアのパブロ・カニージョとの1戦は、結果、判定で井岡が3-0の圧勝ではあるのですが、お互いダウンは無く、井岡選手はKOで復帰を飾る事は出来ませんでしたね

試合自体は序盤から、井岡が持ち前の距離感の良さを発揮し、自身のパンチが当たる距離で試合をリード、支配し、時折、不意の一撃をもらう事はあったものの、全体的に危なげない試合で有利に試合を進めていました。

それでもカニージョとの後半の打ち合いに応じ、激しい展開もありましたが、仕留めるには至らず、結果は判定での勝利と言うものでした。

こちらもランキングや実力から言えば、取りこぼしは許されない相手に順当な勝利と言う所でしょう(TBSは強敵と煽って盛り上げようと必死な感じ満載でしたが・・・

ただ、少し厳しい目で見るとこの試合内容では、ちょっと現時点でタイトル奪取には不安が残る内容なのではないかと正直、思ってしまいました

あの長谷川穂積さんがバンタムから、フェザー級に転向した時、同じような事を思ったのですが、まずは階級を上げて、今までの様には倒せなくなっているのではないか、まだ身体が、ボクシングがフライ級に馴染んでいない様にも少し感じてしまいます。

確かにテクニックや距離感には問題は無いのでしょうが、階級を上げれば、その分、パワーも要求されるものだと思いますし、それなしで有利に試合を進めて勝利を続けるのは非常に難しいと思うのです。

ましてやフライ級には今度、同じ日本人では”天才”井上尚弥が階級を上げてやってきますし、そしてWBCの王者にはあの”怪物”ローマン・ゴンザレスもいますからね~

個人的な意見としては、フライ級でもう少し”慣らし運転”をして、フライ級と言う階級に馴染み、身体も出来上がってから、勝負してもらいたいと思うのですが・・・

いずれにしても、恐らく年末に恒例の世界戦となるでしょうから、どうか無事に今度こそ、3階級制覇を成し遂げてくれる事を祈っております

さて、明日は木曜日で休診日。

今週は月曜日の祭日も休診だったので、身体が少し楽に感じますね、やはり

明日は夕方からは、居酒屋さんで長女の10歳の誕生日会を予定していますし、午前中は映画「るろうに剣心」の続編を観に行こうかと思っております

では、これより夜の施術、頑張りたいと思います

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|

« 昨日は娘二人とお出かけ、そして夕方からは癒しの時間。 | トップページ | 映画「るろうに剣心 伝説の最期編」観てきました!! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井岡、宮崎が共に復帰戦を無事、勝利で飾る!!:

« 昨日は娘二人とお出かけ、そして夕方からは癒しの時間。 | トップページ | 映画「るろうに剣心 伝説の最期編」観てきました!! »