« お盆休み明けの営業、忙しい一日でした!! | トップページ | まさか、この時期に寒さで起きようとは・・・ »

69回目の終戦記念日、しかし・・・

昨日は8月15日、69回目の終戦記念日という事で、政府主催の戦没者追悼式が行われ、テレビでも太平洋戦争に関する特集番組や映画なども数多く流れていました

そして様々な戦争に関する談話や映像を観て思う事は、戦争の凄絶さ、悲惨さ、愚かさや悲しみです

しかしながら、今年もまた戦没者追悼式中での阿部首相の「不戦の誓い」の言葉は無く、それどころか今年政府は、集団自衛権行使における解釈容認などを進める方針を打ち出しています。

戦後70年と言う永い時の流れを経て、戦争を知る人も、語れる人も確実に少なくなっていく中で「時代の移り変わり」と言う、言い訳の中で本当に大切なものや平和と言うものが軽視されている様に思えてなりません

戦争なんて言うものはつまりのところ、一部の人間が求める大きな利害だったり、あやふやな「正義」という名の身勝手な主張だったり、憎しみと言う名の感情がきっかけで起こり、そんなものの為にそんな思惑や利害とは関係の無い大多数の平和を望んでいる人々が巻き込まれ、多くの人々が殺し合い、その尊い命を奪われると言う、人間の数々の罪深い行為の中でも最も愚かな行為なのだと僕は思います

別にこれから日本が進んで戦争を臨む様な軍国主義に戻るとは思っていませんが、「戦争」と言うものに否が応無しに巻き込まれていく可能性が高くなる様な道を日本が歩みつつあるのではないのかと、昨日は少し不安な思いを抱きながら、戦争の番組を観ながら考えていました。

70年前に戦場で命を落とした若い命、そして戦時中で食べるものも乏しく、物も無い様な苦しい生活強いらながらも何とか生き抜き、我々の祖母や祖父達が築いてくれた平和な時代を僕たち大人は今度は自分の子供達や孫達に引き継いでいく義務が僕らにはあるはずだと思います。

例え、僕らが戦争を知らない世代だとしても、それであれば過去を学び、真剣に考え、どうするべきなのかを子供達や孫達に行動で示して行く事で、引き継いで行けるのではないかと僕は信じています。

そうしていかなくてはいけないのだと思っています。

その為にも今一度、悲しい過去に目を背けず、今ある平和の有難味を噛みしめながら、これからも戦争の無い世の中を作り上げて行きたいものですね

ただそんな願いとは裏腹に、ウクライナやイスラエル、シリア、南スーダンにアフガニスタンなど世界各地で今現在も戦争は続き、多くの人が死んでいます

人間はいつになれば、争いを止める事が出来るのでしょうか・・・?

本当に人間は愚かな存在ですね・・・

何処かで、いつの日か争いによる負の連鎖を断ち切らねばならないのですが・・・。

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|

« お盆休み明けの営業、忙しい一日でした!! | トップページ | まさか、この時期に寒さで起きようとは・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 69回目の終戦記念日、しかし・・・:

« お盆休み明けの営業、忙しい一日でした!! | トップページ | まさか、この時期に寒さで起きようとは・・・ »