« 娘たちは初めてのピアノ発表会に行っております!! | トップページ | いよいよ連日、恐怖の熱帯夜が・・・ »

サッカーWカップブラジル大会はドイツが悲願の優勝!!

本日、日本時間の早朝にサッカーWカップブラジル大会の決勝が行われ、ドイツが延長を含む120分間のアルゼンチンとの死闘を制し、1-0で見事優勝を果たしましたね!!

試合自体は早朝だった為、観ていないのですが、お互いの威信をかけた意地と意地とがぶつかり合う様な決勝にふさわしい互角の戦いだったようですね。

しかし、強敵ブラジルを7-1と言う大差で下し、その他の試合でも比較的コンスタントに得点を重ねながら、それでいて失点も少ないと言うドイツの強さは今大会ピカイチだった様な気がします

そして2002年の大会で準優勝、そして2006、2010年と3位と毎大会安定した実力を発揮しながらも、優勝には今一歩届かなかったドイツにとっては悲願の優勝と言えるのではないでしょうか。

まあ、どのチームにとっても同じく悲願ではありますが。

それにしても今大会は試合ももちろんの事、その他の事でも良くも悪くも話題の多い大会でしたよね。

前回優勝のスペインやイタリア、それにポルトガルやイギリスなどのヨーロッパの強豪が続々と早々と敗退、逆に南米のチームが台頭し、それに何と言ってもブラジルのネイマールの準々決勝での怪我でのリタイア、それに絡み、ネイマールに怪我をさせたコロンビアDFに対しての脅迫や殺害予告(大丈夫なのでしょうか・・・?)、試合外でも大会が開幕する前から大会開催反対の大規模デモ、それに様々なインフラ整備の予定が間に合わなかったり、乱闘に自殺など本当に何というか、凄まじい大会でしたな

それにもう一つ、個人的に驚いたのは、日本敗退後におけるマスコミのWカップの取り上げ方の変化。

今朝に起きてから「あっ!!そういえばワールドカップの決勝どうなったろう!!」と急いでテレビをつけてみたのですが、何処も結果を放送していなかったのでビックリ

タイミングもあったとは思いますが、試合終わってからはまだ数時間しか経っていませんでしたから、どこかの局ではやっているものと思っていたのに・・・

以前は「もう、分かってるよ!!」って思う位、どこもかしこも、いつまでもWカップの話題ばかりやっていたので・・・

Wカップ自体が「世紀の祭典」だと思うので、自国の試合が終わったとしても大きな話題である事は間違いないはずだと思います。

何だかスポーツ関連の番組に関して特に最近思いますね~、日本のマスコミにおけるスポーツの取り上げ方ってどうなの?と・・・

兎にも角にもWカップに参加し、世界中を盛り上げ、国の威信や国民の期待を背負い、戦った全ての選手たちに「ありがとう」を送りたいですね

そして今度はゆっくりと休んで、その後はまた素晴らしいプレーでサッカーファンを喜ばせてあげて欲しいですね

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|

« 娘たちは初めてのピアノ発表会に行っております!! | トップページ | いよいよ連日、恐怖の熱帯夜が・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッカーWカップブラジル大会はドイツが悲願の優勝!!:

« 娘たちは初めてのピアノ発表会に行っております!! | トップページ | いよいよ連日、恐怖の熱帯夜が・・・ »