« 今日は遅くなってしまいましたので・・・ | トップページ | ジェンティルドンナが史上4頭目の牝馬クラシック3冠を達成 »

西岡利晃、力及ばず・・・ドネアはやっぱり強かった・・・

僕をはじめ、多くのボクシングファンが注目していたWBC世界スーパーバンタム級名誉王者西岡利晃とWBO同級王者で世界4階級を制覇したフィリピンののスーパーチャンピオン、ノニト・ドネアの王座統一戦が昨日、アメリカのカルフォルニア州カーソンで行われましたが・・・

残念ながら9回TKOで西岡選手が敗れ(8年振りの敗北と言うのは凄いですね)、8回目の防衛はなりませんでした

この試合は衛星放送で、残念ながら観戦する事は出来ませんでしたが(していてもその時間は仕事で見れませんが)、その結果をインターネットで知った時はがっかりしてしまいました

本日、インターネットで最終ラウンドになった9Rの動画だけは見ましたが、最後にダウンを奪ったドネアの左のカウンターは狙い澄ました見事なものでしたね。

6Rにもダウンシーンがあったようで、それはまだ見ていないので何とも言えませんが、様々な感想や話を聞く限りではドネアの強さが目立った試合、あの西岡ですら歯が立たなかったと言うのが、残念ながら現実のようですね

勝つのは難しい相手だと言うのはわかってはいましたが、前試合の7度目の防衛戦ではこれまた2階級制覇の名チャンピオン、ラファエル・マルケスを破っていたので「もしかしたら・・・」という期待をしていたのですが、やっぱりドネアは強かった・・・規格外ですね

4度も世界挑戦に失敗、そしてその間にはアキレスけん断裂の大けがを負いながらも5度目の挑戦で世界タイトルを奪取、その後は「モンスターレフト」と呼ばれる左の強打を引っ提げて持ち前のスピードから「スピードキング」と呼ばれ、4年に渡りWBCスーパーバンタム級の王座を守り続け、そして日本人初の「名誉王者」にまでのぼりつめた西岡利晃。

今回で引退との意思を示していましたが、その最後の相手としてドネアはこれ以上ない位に申し分ない相手だった事は間違いないと思います。

挑戦出来ただけでも素晴らしい事だと思います

出来れば勝ってくれたら、もっと良かったのは言うまでもありませんが・・・

間違いなく日本ボクシング史上、最強の王者の一人、そして海外でのビッグマッチを実現させたパイオニアとしてその存在は大きく、これからも語り継がれていく名選手である事は間違いありません。

そのファイトを見れないのは淋しいですが、「お疲れ様でした!!」と心から伝えたいですね

さて、嵐の様だった昨日までの週末とは一転し、今日はずいぶんとのんびりとした一日でしたが(良い様な、悪い様な・・・)、本日ご来院頂いたCさんに誕生日のプレゼントという事でお酒を頂いてしまいました

本当にありがとうございました

おっしゃって頂いたように妻と仲良く飲みたいと思います

それに旦那さんのブログも拝見いたしました

ご夫婦仲良く、素敵なところに行かれている様子がちょっとうらやましい位でした。

これからもご夫婦仲良く、お元気でお過ごしくださいね。

僕もそのお手伝いが出来る様、これからも頑張って行きますので、これからもよろしくお願い致します。

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|

« 今日は遅くなってしまいましたので・・・ | トップページ | ジェンティルドンナが史上4頭目の牝馬クラシック3冠を達成 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西岡利晃、力及ばず・・・ドネアはやっぱり強かった・・・:

« 今日は遅くなってしまいましたので・・・ | トップページ | ジェンティルドンナが史上4頭目の牝馬クラシック3冠を達成 »