« 浅田二郎さんの「ラブ・レター」 | トップページ | のんびりと過ごしました~!! »

コロコロ変わる閣僚・・・野田第3次内閣が発足

先日に野田第3次内閣が発足しましたが、担当大臣の人事はまたしてもかなり変わったようですね。

副総理、官房長官、防衛相、外相他8名を留任させたようですが、原発事故担当相や拉致問題担当相など10人を新起用。

そもそも個人的な見解では何故、この時期に内閣を改造するのか、必要があるのか、理解に苦しむところです

今月行われると思われる臨時国会をにらんだもののようですが、待ったなしの状況である被災地の状況や特に積み重ねが必要であろう事案を担当する原発事故担当大臣や拉致問題担当大臣を変える必要があるのか、本当に理解出来ませんね。(他に関しても積み重ねが必要ですしね)

党内でローテーション、順番に閣僚をやるルールでも決めてあるのでしょうか?

これは冗談にしても、この内閣改造に「信念」を感じる事が出来ないのは僕だけでしょうかね~?

経済にしても、外交にしても、社会保障にしても全てに近い状況で大きな問題が山積みなのにもかかわらず、ふらふらと右へ左へ、困ったら首のすげ替え・・・

これは民主党だけに関した事ではありませんが

本当にこういった風潮って変わらない物なんですね~

だからと言って自民党をはじめとする野党も・・・

人によっても、そして政党によっても意見や主張が違うのは至極当然で対立するのは分かりますが、こうもまとまりなくもめてばかりでは何も物事が進まないのではと思います。

今、純粋に”日本”について考えている政治家の人っているのでしょうかね~・・・

せめてこれから大まかにでも日本が歩むべき方向性くらいは示してもらいたいものですね。

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|

« 浅田二郎さんの「ラブ・レター」 | トップページ | のんびりと過ごしました~!! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コロコロ変わる閣僚・・・野田第3次内閣が発足:

« 浅田二郎さんの「ラブ・レター」 | トップページ | のんびりと過ごしました~!! »