« いつになったら収束するのか、タイの洪水 | トップページ | 花壇を整理後は・・・さみしい感じになっております »

山中がタイトル奪取!!これで日本にベルトが8本に!!

やりましたね~!!

昨日、東京代々木第2体育館で行われたW世界タイトルマッチでボクシングWBCバンタム級3位の山中慎介選手が、メキシコの同級2位のクリスチャン・エスキベルを11RTKOで破り、見事にWBCバンタム級王者になりました

この試合は当初タイトルマッチではなかったのですが、同級チャンピオンだったフィリピンのノニト・ドネアが階級を上げる事を決定し、それに伴い王座を返上、急きょ2日前に王座決定戦になるという異例の展開でした。

両者共に強打が売りで、ここ最近はお互いにKOでの連勝でこの試合に臨んできた2人の激突、KO決着は必至と言われていました

前評判通り、強打飛び交う緊張感のある試合でしたが、終始落ち着いた試合運びで、上手く距離を支配して「自慢の左」をはじめ、ところどころで強打をヒットさせていた山中選手が試合を有利にすすめ、7Rには右フックでダウンを奪い、これでそろそろ決まるかな~・・・

なんて思っていた翌8Rには踏み込んだトコロにタイミング良くパンチをもらい、逆にダウン

ヒヤッとしましたが、どうやらそれほどのダメージは無く、その後は再び落ち着いた試合運びで相手を終始リード、最終ラウンド開始直後に会場の照明が落ちて、5分間も試合が中断するというハプニングがありましたが、そんなアクシデントは関係なく、強烈な左をヒットさせて2度目のダウン!!

エスキベルが再び起き上がるも、その後にラッシュを浴びせて再びダウン。

その場でレフリーが試合を止め、見事な勝利を飾りました

これで山中は9連続KO、無敗でタイトル奪取!!

凄いです、これからもあの強烈な”左”で防衛を重ねて行ってくれる事でしょう

そしてその後メインで行われたWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、チャンピオン粟生隆寛VSイタリアの同級8位のデビス・ボスキエロ選手との防衛戦が行われましたが、30戦無敗のチャレンジャーはガードが固く、前評判とは打って変わって荒々しいファイトで粟生を翻弄、チャンピオンはかなりやりずらそうで、攻めあぐねていた様に思います

中盤はボディを中心に当たりはじめ、波に乗ってくると思いましたが、やはり最後まで攻めきれず、本人曰く、「ほとんど引き分け」と言うような辛勝での防衛になりました

しかしいこれで日本には何と過去最高の8本目の世界ベルトがあり、そして8人の世界チャンピオンが存在することになります。

軽量級を中心に「日本ボクシング黄金期」と言えるのではないでしょうか。

これをきっかけに再びボクシング人気が高まり、関心が集まってくれると嬉しいですね

しかし現在日本格闘技界はK1やドリームが衰退、人気も、関心も薄まり、「暗黒時代」と言っても過言では無い状況

格闘技好きの僕としては少し悲しい現状ですね

格闘技が与えてくれる緊張感や興奮と言うものってやはり単純に「凄い!!」って思うのですが・・・

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|

« いつになったら収束するのか、タイの洪水 | トップページ | 花壇を整理後は・・・さみしい感じになっております »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山中がタイトル奪取!!これで日本にベルトが8本に!!:

« いつになったら収束するのか、タイの洪水 | トップページ | 花壇を整理後は・・・さみしい感じになっております »