« どうなるのか?輪番停電 | トップページ | 計画停電の予定の為、早めに営業終了になります »

スイスの友人が心配してメールをくれました

今回の大地震の報道は海外でも大きくされているそうで、それを見たスイスの友人が心配してメールを送って来ました

僕の住む埼玉は被害が少なく、その他東京周辺に住む友人も心配ないだろうという事をEメールで返すとすぐに「安心した。」と返信が来ました。

その他、沖縄や関西の方に住む友人や親類、それに地元千葉の友人や親類、横浜の実家や親類などからもたくさん連絡が来て、お互いに無事を確認しました

幸運にも僕の周辺では被災地や被災地のそばに住む遠い親類なども無事だったそうですが、先輩の友人などは被害が大きかった福島の相馬にいたそうで、未だに連絡が取れないと言っておりました。

未だ被害や影響が拡大していく中、被害の無かった地域や海外からも救援や支援が活発に行なわれはじめているそうで、被災地にも徐々に物資が届き始めたり、逃げ遅れ、孤立していた人などが発見、助け出されたりと言うニュースも報道されています

この様に地域や国境を越え、様々な方面から手が差し伸べられ、「助け合い」や「親切」、「思いやり」と言うものを目の当たりにすると本当に心が温まります

ところで現在やはり最大の懸念は原発についてでしょうか。

もしこんなときに過去ロシアで起こったチェルノブイリ原発事故の様な事態に陥ってしまったら、被災地はもちろん、放射能による汚染は日本の広い範囲に様々な悪影響が及んでしまいます

今後の電力確保や経済、現在もガソリンをはじめ、様々な物資が不足したりと不安や懸念の材料は山のようにありますね。

しかし家を流され、家族を失い、避難生活を余儀なくされている被災地の方々に比べれば我々などは恵まれ過ぎているほど恵まれています。

それなのに被害が少ないはずの関東では電池や食料など様々な物資を奪い合うように買いあさったりするような姿を目にしたりすると・・・

こんな時ほど助け合い、譲り合いの心が必要だと思うのですが・・・

話はがらりと変わりますが、TVはほとんどの局が地震関連の報道を連日流す中、やはりTV東京は現在、割と通常の放送をしていますね

先ほど「春休み直前!!ファミリースペシャル!!」と銘打って、映画「ユー・ガット・メール」を放送していたのは「さすが!!」と思いましたね

皮肉ではなく、こんな局が一つ位あっても良いと思いますし、正直、暗いニュースが続く中、映画などはつかの間の気分転換にもなりました

様々な方面で先行きも分からず、困難な状況ではありますが、前に進むしかない、生きていくしかないのですから、出来る限り前向きに明るくありたいなと思います。

僕はこんな時、気分が落ち込んだりする様な時、必ず見る映画があります。

それは「ロッキー」。

ベタですが、ロッキー1や2でロッキーがどん底の状態の中から、必死に這い上がり、勝利をする姿を見るとファイトが沸くんですよね~・・・

何せ、単純なものですから

今日は家に帰ったら、ロッキー2です。

それでは皆さん、頑張りましょう!!

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|

« どうなるのか?輪番停電 | トップページ | 計画停電の予定の為、早めに営業終了になります »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スイスの友人が心配してメールをくれました:

« どうなるのか?輪番停電 | トップページ | 計画停電の予定の為、早めに営業終了になります »