« ぎっくり腰や体調不良にご注意!! | トップページ | 明日はカイロ協会のセミナーがあるので休診です »

ノッティングヒルの恋人

昨日は休診日、しかも天気は朝からが降っていたので久々に本当、ほとんど家でゴロゴロと過ごしました。

そんな中、TVでも見ようと新聞のTV欄を見ていたら、午後のロードショウでジュリア・ロバーツ主演の「ノッティングヒルの恋人」が放映されるとの事

そういえばジュリア・ロバーツといえば、先日に新作の「食べて、祈って、恋をして」のプロモーションの為に初来日して話題になっていましたが、今まで来日してなかったんですね~

知らなかった・・・

ところで「ノッティングヒルの恋人」はもう10年以上も前のものになるこの作品で、僕個人としては恋愛映画自体はあまり観ないのですが、その中では1番好きな作品と言ってよいものですね

イギリスの西部のノッティングヒルを舞台に、旅行専門誌を扱う売れない書店を経営するバツイチの冴えないイギリス人男性とその書店にたまたまやってきたハリウッドのトップ女優が恋に落ちていくロマンスを描いた作品。

平凡で冴えない毎日の中、思っても見なかった様な、まるで夢のような出来事に巻き込まれていく主人公の男性ウィリアム、それに彼をやさしく見守る彼の家族や友人達(変人が多いですね)、そしてウィリアムを振り回す美しいハリウッドのトップ女優アン。

ストーリーのみならず、それぞれのキャラクターやキャスティングも個人的には大好きですし、ジョークやユーモアもたくさん盛り込まれていて、しかも温かい気持ちにさせてくれる名作の一つだと僕は思っています。

そしてこの作品を引き立たせる大事な要素の一つでこの映画の主題歌になっているエルビス・コステロの歌う名曲「SHE」

この歌についてはもしかしたら映画より有名なのではないでしょうか?

特別、コステロを好きでは無い僕ではありますが、彼の歌うこの歌は本当に名曲中の名曲、最高ですし、大好きです。

ただこの歌ってカバー曲なんですよね、フランスのシャンソン歌手のシャルル・アズナブール(この名前ってどっかで・・・赤い彗星?)と言う人のカバーだそうです。

原曲も作品内、冒頭で流れている物がそうだと言う事です。

コステロの歌う「SHE」が映画のクライマックスで流れてくるのが、本当、何度観ても、何度聞いても鳥肌が立ちそうになってしまいます(良い意味で)

今までにも何度も観たものではありますが、たまに観ると新鮮でやっぱり感動させてくれました

まだこの作品を見ていない人は一度、見てみてはいかがではないでしょうか?

この秋の季節にぴったりの恋愛作品だと思います

嗚呼、僕にもこんなロマンチックな出来事が起こらないかな~・・・

なんて言っていたら、妻に張り倒されそうなのでこの辺で・・・

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|

« ぎっくり腰や体調不良にご注意!! | トップページ | 明日はカイロ協会のセミナーがあるので休診です »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノッティングヒルの恋人:

« ぎっくり腰や体調不良にご注意!! | トップページ | 明日はカイロ協会のセミナーがあるので休診です »