« 日進町内会の盆踊り大会 | トップページ | 今回で600回目の投稿!! »

2010年7月26日 (月)

昨日のトリプル世界前哨戦ですが・・・

昨日、大阪で行なわれた亀田興毅、大毅兄弟、そして井岡一翔選手によるトリプル世界前哨戦はそれぞれが勝利で飾り、3連勝と言う結果ではありましたが・・・

個人的な感想としては、全体的には「う~ん・・・」と言った感じの今一、パッとしないといった印象でしたね

まずは大毅選手の試合については、相変わらずメリハリが無いと言うか最後までだらだらと判定にまでもつれ込んでしまったという感じ。

しかし、以前の様なベタ足ではなく、フットワークを見せたり、左のリードを積極的に使い、それで右を生かすと言うような今までとは違う所も見せてはくれましたね。

実際、3Rにはタイミングの良いワンツーでダウンも奪って見せていました

ただそれからは一本調子の試合が続いてしまった感じ。

パンチも貰った訳ではないと思いますし、内容的には危なげは無かったとは思いますけど・・・

このまま坂田選手との対戦となると厳しいんじゃないかな~と思います。

そして現在、日本ボクシング界の期待の超新星、井岡一翔選手の注目の試合でしたが、これもまた個人的な評価としては「まだ世界は・・・」と言う印象でした。

攻撃に転じた際に結構、簡単にパンチを貰ってしまったりする様な事もあったりで「危ないな~」と思う場面も結構、あったように思います

天才と呼ばれる片鱗も所々見せてはくれましたし、9RTKOで結果的には完勝ということなのでしょうが、でもレフリーが止めるのも少し早かった様に思います。(ノンタイトルだから?)

これでデビュー以来の5連勝、期待は史上最短での世界タイトル奪取という事になるのでしょうが、しかし今の時点では次に世界戦というのは・・・

間違いなく逸材だと思いますし、本人の為を考えれば、もう少し経験を積んでから確実に実力をつけて、挑んだ方が良いと思いましたね。

そして興毅選手については正直、本人がどうこうというよりは相手に問題が・・・

前日の軽量でリミットから1.4キロもオーバー(落とす気が無かったのではとしか思えない様な数値ですが・・・)

相手が・・・と言うような事はありますが、内容としては一番良かったでしょうか。

スピードもあり、4Rに宣言どおりボディでのKO勝利

危なげ無く勝利し、元世界王者の貫禄はそれなりに見せてくれた様に思います。

いずれにしても三人ともまだまだ年齢も若く、これからの日本のボクシング界を背負っていくであろう大切な「宝物」ですから、更なる精進を重ねて素晴らしい試合を我々に見せて、これからのボクシング界を大いに盛り上げていって欲しいものです

それにしても亀田パパは控え室に行って、また問題になっておりますが・・・

でも今回は亀田氏本人の行動にも問題はありますが、控え室に行くこと自体は関係者以外にも出来る事ですし、こんなにも騒ぐ事でも無いようにも思いますがね。

それにしても息子達は大変ね・・・

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|

« 日進町内会の盆踊り大会 | トップページ | 今回で600回目の投稿!! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のトリプル世界前哨戦ですが・・・:

« 日進町内会の盆踊り大会 | トップページ | 今回で600回目の投稿!! »