« 嫌嫌が復活!! | トップページ | 他人事ではない!!子供の火遊びによる事故 »

巨人の木村拓也コーチ、亡くなってしまったんですね・・・

今月の2日に試合前の練習中に突然倒れて、意識不明になり、入院されていた巨人の木村拓也 内野守備走塁コーチが残念にも本日、くも膜下出血の為に亡くなってしまったそうですね

倒れたと言う報道があってから、5日も経っていたので僕自身は勝手に回復してきているのだろうと勝手に推測していた為、突然の訃報に驚かされたのですが・・・

現役の時は広く守備をこなす、数少ない「ユーティリティープレイヤー」として活躍し、(昨年、キャッチャーが負傷退場したときにはキャッチャーすらこなしてチームを救いましたよね)日ハム、広島、そして巨人と渡り、昨年引退してコーチに就任したばかりでの悲劇。

木村さんとは同じ年齢なので、今回の件は様々な意味で凄く「ショック」ですし、そして「怖い」とも思いました

くも膜下出血という病気を聞くと高齢者に多いと言う印象を持つ方も多いと思いますが、実は僕ら位の年齢から仕事では定年を迎える位までの「壮年期」、働き盛りの年齢に多く発症する病気。

発症したときの死亡率が高い事はもちろん、一命を取り留めても、麻痺などの重い後遺症が残る事が多い、本当に恐ろしい病気です。

頭部などの外傷などで起こりますが、その他発症の原因は不明な点も多いそうです。

激しい頭痛や嘔吐などが前兆としての現れる事が多く、木村コーチに関して練習前、強い頭痛を訴えていたとの事でした

このストレスの多い現代社会、頭痛に悩む方も多いですし、当院にも頭痛などの症状で訪れる方も多くいらっしゃいます。

しかし、大抵の方は薬で散らしたり、我慢したりと「頭痛程度では病院に行かない。」と言う方が僕自身を含めて多いと思います。

でも今回の訃報を聞いて「頭痛」というものであっても軽視する事は出来ないのだと改めて思いました

普段とは違うレベルの痛みや不調を伴う物であればやはり検査なども必要もあるでしょうし、無理をせず、早期に発見し、早めに対処できたのであれば大事に至らなくてすむかも知れないのですから

それにやはり普段からの身体のケアと言う物は非常に重要だと思います。

健康な身体を持つ方に関しては身体の不調に関して敏感で、すぐに異常に気が付くことも出来ますが、普段から多くの不調を抱えていたりすると新たな不調に対して鈍感であったり、隠れている症状や病気と言うものに気が付かない場合も多いのです。

やはり働き盛りと言われる年代は時間などに余裕が無い事もあり、健康に対しては少々意識が低くなりがちではないかと思いますので、自分を含めて改めて自分の健康と向き合いましょう。

とにかく37歳、本当に若すぎる・・・

心からご冥福をお祈りさせて頂きたいと思います。

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|

« 嫌嫌が復活!! | トップページ | 他人事ではない!!子供の火遊びによる事故 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

昨日は鞭打ちでお世話になりました
今回は本当に辛くて「どうなっちゃうの?」と思いましたが
先生のおかげで今日は元気に出社することが出来ました
いつもいつも、モトクロスで転んでは先生に治してもらって感謝してます
たった1回の施術で眩暈と吐き気がなくなって本当にびっくり
昨日は治療してもらい帰宅してスグご飯をもりもり食べました
17日の大会まで、先生に言われた通りにして首の回復に努めます
土曜日は、また宜しくお願いしますね

投稿: S山@モトクロス | 2010年4月 7日 (水) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨人の木村拓也コーチ、亡くなってしまったんですね・・・:

« 嫌嫌が復活!! | トップページ | 他人事ではない!!子供の火遊びによる事故 »