« 今年は面白かったですね!!Kー1GP 2009 | トップページ | 突然、長女が高熱を・・・ »

オバマ氏、鳩山氏共に支持率が急激に低下・・・

ここに来てアメリカでは大統領オバマ氏の、そして日本では鳩山首相の支持率が急激に落ちているようですね

約一年前に起こったリーマンショックをきっかけにした世界的な大不況は未だに尾を引いて世界的に雇用不振や企業の倒産などが続き、回復にはほど遠い状況が続いていますよね。

その混乱の真っ只中でアメリカではオバマ政権が、そして日本では民主党鳩山政権が国民の期待を背負い誕生しました。

国民は(アメリカの人たちもそうだと思うのですが)「彼らがこの世の中を変えてくれる!!」「救世主になってくれる!!」と言う過剰な期待をしていたのでしょう。

両政権共に発足当時の支持率は70%を越える極めて高いものでした

しかし現在、オバマ氏の支持率は50%を割り込み、49%でそれに対し、不支持率は50%ととうとう不支持率のほうが逆転してしまいました

思うように進まない経済の建て直し、悪化する失業率、医療保険制度改革などが原因とされています。

日本でも鳩山首相の支持率は59%にまで落ちており、天下り禁止法の矛盾や普天間基地異説問題、そしてマニフェストでも実現が困難、また政策に対する不安などがげんいんでしょうか。

また鳩山氏自身の問題として政治献金偽装疑惑や指導力の不安などが言われていますが・・・。

まあ、このような事態が起こることは予想は出来ていたことではありますが、思ったより国民の様子見期限の「ハネムーン」は短かったように思いますね

それだけ切迫している人々が多いと言う表れだと思いますし、現在起こっている問題の深刻さがうかがえます

この経済不振、ちょっとやそっとではどうにかできるようには思いませんし、アメリカも日本も前政権からの「ツケ」も小さいものではありませんから、立て直すのは相当な力量や努力を強いられているはずです。

そんな悪条件の中、両政府共に不幸だとは思いますが、それを承知で政権を握ったわけですから、少しでも、一つずつでも(そんな呑気にもしていられないような気もしますが・・・)確実に問題を解決し、状況を打開していってもらいたいと思います。

マニフェストを、約束を守ることも大変重要ですが、何を優先に、何に力を入れることがまず必要なのかと言うことを見極めて政策を進めて行ってほしいですね。

現在、国民が求めていることは本当に多いのですし、諸外国との関係もあり、非常に舵取りも大変だとは思いますが、踏ん張って少しでも良い世の中に導いてくれることを願って止みません

しかし、いつになれば景気は回復するのでしょうか?

このまま少しずつ悪くなっていくのではなんて事も思ったりもしますが・・・

出口は遠い感じですね~・・・

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|

« 今年は面白かったですね!!Kー1GP 2009 | トップページ | 突然、長女が高熱を・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オバマ氏、鳩山氏共に支持率が急激に低下・・・:

« 今年は面白かったですね!!Kー1GP 2009 | トップページ | 突然、長女が高熱を・・・ »