« 友人が遊びにきました | トップページ | 休診日でしたが・・・ »

何だか少し淋しいですね、F1から日本産業の相次ぐ撤退

先日、ブリジストンが経費節減の為に来年の秋でF1へのタイヤ供給停止を発表したばかりでしたが、今度はトヨタが今期限りで撤退を発表しましたね

去年はホンダがF1から撤退することを発表して大きな話題になり、その時にトヨタの動向にも大きな注目が集まりましたが、遅かれ早かれと言うべきか、やはり撤退と言うことになってしまいましたね

これでブリジストンが来年の秋に供給停止すると日本のメーカーはF1からは完全に撤退と言うことになってしまいます。

F1は昔から日本でも人気がありますし、僕らの年代はA・セナやN・ピケ、N・マンセル、A・プロスト、そして中嶋悟(中嶋一貴のお父さん)など個性的なドライバーが数多くいて、今よりももっと盛り上がっていたように思います。

ホンダも「黄金時代」でV12エンジンは無敵を誇っていた頃が懐かしいですね~・・・

僕の場合は友達が大好きで彼らの影響でで観戦したり、F1のをしたりした思い出がありますね。

しかし、日本の完全撤退は色々な意味で淋しいですよね~・・・

F1は大変なお金がかかると言うことですし、企業としては仕方ないのでしょうが

日本の経済、日本と言う国自体が、何だか世界の中心から退いて言っているような印象を持ってしまって・・・

最近話題に上がらないですが、何だかんだと言ってもまだまだ日本の経済(日本だけではありませんが)は回復とは言い難い状態なのだと思いますし、これらもまたその表れの1つなんだと思います

これからは中国のメーカーとかが参加してくるのかも知れないですよね。

この他のスポーツについても経済的な問題での撤退や廃部の話って去年からずいぶん聞きますよね。

スポンサーあってのプロスポーツと言っても過言ではありませんから、ある程度は仕方ないのでしょうが、日本のスポーツ自体が盛り下がってしまうのではないかと少し心配ですね

これからはそのスポンサーについてはどんどん違った産業や今までとは違った名前のものも増えてくるのではないでしょうか。

何はともあれ、何時の日かまたホンダやトヨタ、ブリジストンがF1に復帰できる日が来ることを祈りたいと思います

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|

« 友人が遊びにきました | トップページ | 休診日でしたが・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何だか少し淋しいですね、F1から日本産業の相次ぐ撤退:

« 友人が遊びにきました | トップページ | 休診日でしたが・・・ »