« サマーキャンペーン開始!! | トップページ | 午後からの謎の体調不良・・・ »

東京都議選は民主が第一党、そして自公は・・・

昨日行われた東京都議選は、前回から民主が20席を増やして54議席を獲得、初めての第一党に。

そして逆に自民党は10席も減らし38議席、公明党は23議席を獲得するも過半数の64議席に届かないという結果に終わりましたね。

まあ、与党側の苦戦は大方の予想通りであったとはいえ、与党の自公としては過半数割れだけは避けたかったところで、これで麻生首相の立場はますます難しい立場に立たされ、石原都知事についてもコレまでの様にはいかないでしょうね

最近では本当に「路頭に迷っている」といった感じの自民党で、自民党内の議員さんたちの中でも、マスコミの報道などでもその原因の全ては、麻生さんと言った風潮にはあるよに思うのですが、果たして本当にそうなんでしょうかね?

これって本当は自民党自体に問題があると思いますが・・・

最近のパターンとしては、何かあると「トカゲの尻尾切り」ならぬ、「トカゲの頭切り」とでも申しましょうか・・・首相に全ての責任を押し付けて、下ろして頭だけを挿げ替えてごまかし、ごまかし、きりもみをしてきた様にしか見えませんでしたし、そんな事の繰り返しにいい加減、我々国民は飽き飽きしていると言った結果のように僕は思います。

麻生さんは漢字の間違いや失言はありましたが、そんなに大きなミスや問題があった訳ではないと思いますし、(ただ発言の撤回や心変わりが多くて、ちょっと頼りない印象はありますが・・・)それより何より、自分らが代表として選んだ首相に対して、支える気持ちも薄く、何かあると反目にまわる義理人情の無さというか、薄情さに嫌気が差します

今回の結果だって、恐らく民主が良いというよりは都民の方々は現在の政治に対しての「変化」を純粋に望んだ結果ではないかと僕は、思うのですが。

こんな世の中、生きていくだけでも大変で政治の舵取りもまた、大変であろうということは理解ります

商売や産業、そして政治だって今までのやり方自体が段々、通用しなくなって来ているのは必至でそんな中で変化に適応できないものは淘汰されていくのは当然の理。

そんな中、政治家さん達の中にも今までの「利権」や「権力」に関して様々、築き上げてきたものを必死で守ろうとしている人たちも多くいらっしゃるようですが・・・

良くも悪くも、一度政治でも大きくやり方を変えるきっかけには政権交代も良いのでは無いかと個人的には思いますね

ただ、民主党も・・・本音では少し頼りないですね・・・

これからの動向に注目していきたいと思います

西大宮カイロ HP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|

« サマーキャンペーン開始!! | トップページ | 午後からの謎の体調不良・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京都議選は民主が第一党、そして自公は・・・:

« サマーキャンペーン開始!! | トップページ | 午後からの謎の体調不良・・・ »