ボクシング、格闘技

早っ!!大みそかの「RIZIN」でのフロイド・メイウィザー・ジュニアと那須川天心の試合はキャンセルに・・・(苦笑)

1
数日前に発表されて、個人的には非常に驚いた大みそかの格闘技イベント「RIZIN」にフロイド・メイウェザー・ジュニアが参戦、しかも現在、飛ぶ鳥を落とす勢いで連勝街道爆走中の天才キックボクサー、那須川天心との夢のカードですが、これもまた驚きましたがcoldsweats02、発表から数日でメイウェザーがキャンセル・・・coldsweats01

どうやら実現はもはや難しそうでございますねsweat02

しかしながら、「RIZIN」頑張ったな~・・・good、でも、一試合数百億円のファイトマネーを稼ぐdollar、メイウェザーなんて本当に呼べるのかな~・・・なんて心配はしていたりもして、まあ、キャンセルの理由は本当のところは良く解りませんが、個人的にはこうなる事を全く予想していなかった訳でもなく、「やっぱり、こうなちゃったか~・・・despair」なんて思ったり致しております。

それでも、実現すれば土俵は違えど、無敗無敵の怪物同士の対戦だっただけに、どんな試合になったのだろうか・・・confidentと夢は広がってしまいますがsmile

2
(天心君の気合に満ちた顔が悲しい・・・catface

西大宮カイロHP https//nishi-omiya-chiro.com/

西大宮カイロ Facebookページ https://www.facebook.com/pages/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%82%E9%99%A2/1763359653890277

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

残念の一言に尽きる・・・村田諒太が防衛に失敗・・・

1
一昨日の20日、アメリカのラスベガス、パークシアターで行われたボクシングWBA世界ミドル級タイトルマッチは丁度一年前に念願の王座奪取を果たし、これが2度目の防衛戦となる村田諒太が満を持して登場dash、同級3位でアメリカのロブ・ブラントと対戦しましたが、結果は大差での判定で敗れ、2度目の防衛に失敗、王座から陥落してしまいましたねcrying

自らの念願であった夢舞台、ラスベガスでの試合がようやく叶いhappy02、これで勝てば念願のゴロフキン戦という青写真も見え始めていたようですがcamera、しかしながら、この敗戦でそれも全て水泡に帰してしまいましたねdespair

今回はアメリカでの試合からなのか、今回は地上波での放送は残念ながらなく、「DAZN」での独占中継だっただけにmovie、未だ試合自体は観てはおりませんが、ニュースで観た限りでは試合後の顔を観れば恐らく完敗だったのであろうと言う事は想像に難しくありませんでしたねshock

とりあえず地上波での放送は27日の深夜にある様なのでnight、それを観ようとは思いますがtv、ただ残念な結果がすでに分かっているだけに、楽しみというよりは「確認」の様な観戦になるかと・・・gawk

兎にも角にも、ここで敗れている様では、やはり”カネロ”や”ゴロフキン”には到底届かない・・・

やはり、ミドル級は層が厚いな~・・・

2
西大宮カイロHP https//nishi-omiya-chiro.com/

西大宮カイロ Facebookページ https://www.facebook.com/pages/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%82%E9%99%A2/1763359653890277

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ボクシングの「王者の中の王者」を決めるWBSSがついに開幕。そして、我らが井上が驚愕の強さを発揮!!

3
いやはや、もはや神の所業・・・sweat02

先日、ついに今年で2回目となるボクシングの「王者の中の王者」を決定するトーナメントと言って良いWBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)が開幕され、満を持して日本が誇る”モンスター”井上尚弥の登場となった訳でございますが、想像を遥かに恐ろしい程の強さを我々に見せつけてくれましたねhappy02

井上の試合前に行われた拳四郎も強敵メリンドを寄せ付けない見事なTKO勝利でV4を飾りましたが、可哀そうではありますが、そんな記憶も井上の試合で一瞬で消し飛んでしまいましたねcoldsweats01

今回の相手のパヤノはかつて”神の左”と呼ばれ、この試合でもゲスト解説にいらっしゃっていた山中慎介さんを2度も下したアンセルノ・モレノ破り、一時はWBAバンタム級スーパー王者にもなった事のある選手であり、間違いなく実力者ではあるのですが・・・

1
それが試合開始のゴングが鳴りbell、「一体どんな試合になるか・・・」なんて思っているうちに、試合開始からわずか1分、井上の電光石火の様なワンツーが炸裂punch

観ているこちらも呆然・・・coldsweats02

倒れ方からみても「こりゃ、終わったわ・・・sweat02」と言う事で、あっという間に試合終了coldsweats02

本当に只々に彼の恐ろしい程の強さにため息が出るばかりでございました。

まあ、コメントも何ももはやないのですが、まずはあのワンツーに関しては完全に狙いすましたものであり、そして何より、あれだけの相手に対して完璧に、そしてベストなパンチを叩きこんでしまう彼の実力はもはやボクシングにおける神の領域と言っても過言では無いと思いますgood

きっとボクシングをあまり知らない人などは「相手が弱いんじゃないの~?」なんて思ってしまうのかも知れませんが、いやいや、今回のパヤノにしろ、前試合のマクドネルにせよ、世界屈指の実力者であり、完全に井上の強さがどうかしていると言う事は間違いはないと思いますcoldsweats01

おこがましくはありますが、ボクシング経験者の一人として参考程度に言わせて頂ければ、警戒している相手に対し、パンチを当てると言うのはそう簡単な事ではないですし、ましてやそれが世界屈指の実力者であれば、それは至難の業sweat01

そうそう当たるものではないですし、そうであるからこそ、世界戦は長引く試合も多い訳でございます。

しかしながら、そんな常識を阿保みたいに覆し、彼は当たり前の様に強打を叩きこんでしまう・・・

以前にも同じような事を書きましたがpencil、ボクシングを志し、そして現在、現役で戦っている選手から見れば、彼に関しては、センス、攻撃力、ディフェンス、ボクシングにおけるの全て必要な最高の能力を兼ね備えている、「神がボクシングをする為に作り、そしてボクシングに出会った人なのだと思いますwink

恐らく、数年後、ボクシングファンのみならず、日本中で彼の名を知らない様な選手になるのだと思いますし、そして「ボクシング」という枠を飛び越えた、日本のスポーツの歴史に名を残すスーパースターになると確信しております。

ただ、心配なのは日本人の選手でありながら、WOWWOWとかでないと彼の試合は観れなくなるのでは・・・shockと思ったりしてbleah

兎にも角にも、これからボクシングファンのみならず、日本の誇る”モンスター”が世界の”モンスター”となるこれからの道のりに注目してもらいたいと思いますeye

2
(一体どこまで行くのだろうか・・・)

西大宮カイロHP https//nishi-omiya-chiro.com/

西大宮カイロ Facebookページ https://www.facebook.com/pages/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%82%E9%99%A2/1763359653890277

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

田中恒星VS木村翔の日本人同士のタイトルマッチ。最高の試合だっただけに・・・

Tk1
9月24日、名古屋の武田テバオーシャンアリーナで行われたボクシングWBOフライ級世界タイトルマッチは、王者の木村翔が3度目の防衛をかけ、すでに2階級を制覇し、この試合で異常最速タイで3階級制覇を目論む田中恒星の日本人同士のビッグマッチとなりましたが、いやはや、お互いの意地がぶつかり合う素晴らしい一戦でございましたgood

今回、試合前にお互いに「心の強さの勝負」と表現していた様に、その言葉に違わぬ壮絶な打ち合いとなりpunch、観戦しながらずっと手に汗を握りっぱなしでございましたcoldsweats02

Tk2
序盤から頭を突き合わせ、打たれたら打ち返す激しい展開。

それでもお互いに一歩も引かず、ペースなどはお構いなしにお互いの力を存分に出し合った素晴らしい試合でございましたねwink

そんな”死闘”は結局最終ラウンドまでもつれ込み、試合の終了のゴングが鳴った後bellは、お互いに互いの健闘をたたえ合い、笑顔で抱き合いながら言葉を交わしておりましたがhappy01、しかしながら、その直後に田中選手がへたり込んで腰を下ろす姿は、戦いの壮絶さを物語っている様でした。

結果は2-0の判定で田中が木村を破り、ウクライナの”怪物”ロマチェンコと並ぶ、12戦目でという史上最速タイの3階級制覇を成し遂げると言う結果に終わりましたがcrown、しかし結果もさることながら、それ以上に日本のボクシング史に残るべき素晴らしい一戦であったと思いますconfident

しかし一つ、そんな最高の試合だっただけに残念であったのが、何故にこの様な試合が数日遅れで、しかも深夜2時からの放送であったのかという事night

日本人同士での対戦、しかも田中恒星の史上最速タイでの3階級がかかっていると言うだけでも十分に生中継の価値はあったのではないかとmovie、いちボクシングファンとしては思うのですが・・・crying

まあ、理由は良く解りませんし、お金や権利など大人の事情その他諸々があるのでしょうがdollar、試合の内容が素晴らしかっただけに本当に残念でなりませんdespair

個人的な意見ではございますが、こうした素晴らしい試合を観る事でボクシング人気も上がるのでしょうしup、放送権を持っていたであろうテレビ局にはもう少し頑張ってもらいたいものだと憤りすら感じてしまいましたangry

まあ、私の憤りはこれ位にして置き、兎にも角にも、素晴らしい試合を見せてくれた田中、木村両選手、お疲れ様でした。

そして、最高の一戦をありがとうhappy02!!

ちなみに木村選手はこの試合で燃え尽き、引退を決意されたそうですがweep、今は兎も角ゆっくり休んでsleepy、そしてこれからの第2の人生が素晴らしいものになる事を願っております。

T3西大宮カイロHP https//nishi-omiya-chiro.com/

西大宮カイロ Facebookページ https://www.facebook.com/pages/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%82%E9%99%A2/1763359653890277

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

えっ!?KID死んじゃったの・・・?

1
昨日より祭日、そして本日の火曜日定休と2連休と言う事で、1週間後に迫った行政書士試験の模試に向けて、治療院に籠り、黙々と勉強をしておりましたがbookpencil、そんな中、つい先程の休憩時間にネットでニュースをチェックしていた所、「山本KID死去・・・」との信じられない記事が・・・sweat02

「えっ・・・嘘だろ?」と大変驚きcoldsweats02、信じられない気持ちでネットで情報をチェックいたしましたが、残念ながら、昨日に本当に亡くなってしまったとの事weep

最近ではあまり姿を観る機会も減りdown、ついその存在も忘れていたそんな中、つい先月に癌を患ってしまい、闘病生活を送っているとの発表がされhospital、その後にはあんなにも凄まじかったその肉体はやせ細り、車いすに乗っている写真などを観た時には大きなショックと共に大変に心配な気持ちになりましたがsad、まさか、それから、こんなに早く亡くなってしまうとは・・・

先日は樹木希林さんの訃報にも驚かさせられたばかりでしたが、今回は予想だにしなかっただけに、言葉すら失っております。

デビュー当時は本当にその名の通りに神懸った強さでpunch、対戦相手はもちろん、我々観るものすらも圧倒し、格闘技界を大いに盛り上げてくれましたがhappy02、まさか、あのKIDがこんな最期を迎えてしまうなんて・・・weep

何か、いち格闘技ファンとしては、本当に言葉が無いですねdespair

ただただ、ご冥福をお祈りするばかりですthink

そしてもう一度、あの強かったKIDを観たかったな~・・・

2
(数々の名勝負をありがとう!!)

西大宮カイロHP https//nishi-omiya-chiro.com/

西大宮カイロ Facebookページ https://www.facebook.com/pages/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%82%E9%99%A2/1763359653890277

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

稀勢の里が4連勝!!

1
昨年の春に負った怪我で8場所連続休場という横綱としてはワースト記録となる不名誉な記録を作ってしまい、いよいよ今場所は本当の崖っぷち、進退を懸けて臨んでいる横綱の稀勢の里ですが、昨日も巨漢の魁聖を見事に寄り切って4連勝happy02!!

横綱の意地を見せてくれていますねwink

場所前の報道ではmovie様々な憶測が飛び交い、一体、どれほどの状態で土俵に帰って来るのか、今場所は一身に注目が集まる中eye、背水の陣で臨んでいる事もあるでしょう、気迫が違う様に思えますねdash

特に2日目、3日目の取り組みなどは薄氷を踏むような際どい勝利ではありましたが、何とか気持ちで残したようにも思いました。

「序盤が鍵だ。」と言われた今回、見事な4連勝で最高の滑り出しの今場所、どうか怪我無く、無事にこのまま素晴らしい取り組みを続けてもらいたいものでありますconfident

折角に日本人としては14年振りに横綱となった稀勢の里関。

このままでは終わってほしくないですし、どうかもう一花咲かせてもらいたいものでありますtulip

西大宮カイロHP https//nishi-omiya-chiro.com/

西大宮カイロ Facebookページ https://www.facebook.com/pages/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%82%E9%99%A2/1763359653890277

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

”モンスター”井上が大偉業を圧巻の1RKOであっさりと達成!!そして拳四郎もロペスを2RKOで返り討ちV3!!!

I2_2
いやはや、もはや、何と言ったら良いのやら・・・

まるでチャンピオンが”咬ませ犬”の様にすら見えてしまう・・・sweat02

凄い!凄すぎる!!

昨晩、東京の大田区総合体育館で行われた日本が誇る”モンスター”井上尚弥の3階級制覇の偉業がかかるボクシングWBA世界バンタム級タイトルマッチが同級王者で元同級IBF王者でもあるイギリスの強豪、ジェイミー・マクドネルとの間で行われましたが、わずか試合開始から112秒で2度のダウンを奪っての圧巻のKO劇であっさりとその偉業をやってのけてしまいましたねcoldsweats02

スーパーフライ級で7度の防衛を果たし、しかし突出したその強さ故、対戦相手が見つからず、マッチメイクは困難を極めていたとの事でsad、一つ階級を上げてup、強豪ひしめく”黄金のバンタム”に転向した初戦、いきなりのタイトルマッチで、しかも相手は10年間に渡り、敗北は無く、しかもIBF、WBAの2団体で同級王者を獲得した長身の王者マクドネルshock

身長やリーチも井上を10センチ近く上回り、今までと違い、体格差も大きな相手の強豪にどんな試合を見せてくれるのかと、恐らくの所は私をはじめ、日本、いや、もはや世界のボクシングファンが注目していたのではないかと思いますが・・・eye

しかしもはや、基本性能というか、次元自体が違うのでしょうか・・・sweat02

身長ははるかに違うはずの井上がまるでマクドネルを見下ろすかの様に落ち着き払った様子で王者のパンチを捌き、そして初弾の左ボディへのストレートを皮切りに攻撃を開始。

引っ掛ける様な強烈な左フックでマクドネルをぐらつかせると、強烈な左ボディでまずは1回目のダウンを奪取。

何とか立ち上がり、しかし動揺を見せる王者にcoldsweats02、すかさずガードなどお構いなしで、情け容赦なしの凶暴な連打を炸裂させpunch、たまらずチャンピオンが倒れこむように2度目のダウンを喫すると、チャンピオン側のセコンドが試合を止め、司会開始から112秒、1R1分52秒でまるで当たり前だったかのように、あっという間に日本人最年少での3階級制覇を成し遂げてしまいましたcrown

そもそも、バンタム級という階級自体、日本人ではかつては辰吉さんや薬師寺さん、そして近年では開設にも来ていた長谷川穂積さんや山中慎介さんなどの名王者が活躍し、そして海外でも多くの名選手がひしめく”激戦区”であり、それに3階級制覇もまた日本人では井上を含め、達成したのは5人しかおりません。

しかしながら、そんな階級で達成した偉業ですら、彼にとっては大した事のない事にすら見えてしまうのが凄い・・・coldsweats01

それにしても今回の井上、怒ってましたね~・・・pout

計量libraや会見movie、そして会場への入場に遅れるなどwatch、しかしマクドネル側は陽動の一つだったのかも知れませんが、井上に関しては怒らせてしまったのは逆効果だったかも・・・coldsweats01

試合後、まるで後悔してるかのように涙を見せるマクドネルが印象的でしたweep

K1
一方、この井上の衝撃の3階級制覇に先立って行われたWBCフライ級王者の拳四郎は丁度1年前にベルトをもぎ取った相手である元王者で同級1位、ベルト奪還に燃えるメキシコのガニガン・ロペスとの再戦という形となった3度目の防衛が行われましたが、こちらもまた会心の2RKOでのV3も圧巻でございましたねgood

お互い様子を観る様な静かな立ち上がりで始まり、「長い試合になりそうだな~・・・」と思い始めたのも束の間、その瞬間はいきなり訪れ、お互いに身体も温まり切っていないであろう2R途中、拳四郎が伸ばした会心の右ストレートがロペスのボディに見事にヒットpunch、それを受けてロペスが様相外のダウン!!

さすがに起き上がって来るだろうと思っておりましたが、ロペスはそのまま立ち上がれずに、こちらもあっさりと試合が決まってしまいましたねcoldsweats01

よっぽどタイミングが良かったのか、良い所に入ったのでしょうね、これには正直びっくり致しましたがcoldsweats02、兎にも角にも3度目の防衛を見事に果たしてくれましたwink

最近は比嘉がオーバーウェイトで王座をはく奪された上で敗戦、そして先週もまた井上とも激戦を演じ、その後には2団体統一王者になった田口が敗戦で王座から陥落するなどdown、嫌なムードが漂っておりましたがsad、そんな嫌な流れを今回は井上と拳四郎の二人が見事に断ち切ってくれましたねsmile

そして、井上に関しては3階級制覇の偉業を果たした試合直後のインタビューでkaraoke、昨年に初めて開催され、そしてこの試合前から井上も参加するのではないかと話題になっていた、ボクシングにおいてその階級でそれぞれの団体の王者が参加し、真の世界最強を決する夢のトーナメント、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ、WBSSに今季参戦する事を表明してくれましたねhappy02

このトーナメントは世界最高のボクシングイベントと言っても過言では無く、もしこのトーナメントにおいて優勝するようなことがあれば、恐らく一気に日本のみに収まらず、世界的な名選手として認識される事は間違いないですし、ボクシング史に名を残す結果となる事でしょう。

今季行われるバンタム級ではWBAスーパー王者で19戦無敗のバーネット、IBF王者で同じく18戦して無敗のロドリゲス、そして前試合を11秒で勝利した事で話題となったWBO王者のテテなどが参加を表明しており、厳しい戦いとなるとは思いますが、しかしながら、井上であれば、きっと何の事無しに次の偉業もあっさりとやってのけてくれるのではないかと個人的には期待しておりますwink

アジアにはパッキャオ、ドネア等の偉大な王者がいますが、次は井上がそういった存在になって行ってくれる事を期待してやみません。

いや、彼ならきっとなる事と信じておりますhappy01

I1
西大宮カイロHP http://nishi-omiya-chiro.com/

西大宮カイロ Facebookページ https://www.facebook.com/pages/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%82%E9%99%A2/1763359653890277

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

残念・・・比嘉は敗れ、16連続KO勝利ならず。しかし村田は無事に初防衛に成功!!

Higa2昨晩に横浜アリーナで行われたWBA世界ミドル級チャンピオンの村田諒太の初防衛戦及び具志堅さんの弟子でデビュー以来15連続KO勝利中で、そして今回の試合で16試合連続KO勝利の日本記録がかかっていた事で注目を集めていたeye、WBA世界フライ級チャンピオンの比嘉大吾の3度目の防衛戦ですが、今回は一昨日14日に行われた前日計量で比嘉が900グラムオーバーでリミットをクリアできずに日本人世界王者では初となる計量失格での王座はく奪となりcoldsweats02、結局、55.3キロリミットでの変則タイトルマッチで行われるという異例の事態となってしまいましたが、やはりこういった状況となり、精神的に大きなダメージもあったでしょうしsad、何より体調的にも恐らくまともに試合を出来る様なコンディションでもなかったのでしょうwobbly、残念ながら、持ち前の豪打は炸裂ならず、デビュー以来の連続勝利及びKO記録は15でストップ、プロ生活初の黒星を喫してしまいましたねcrying

Hig3_2しかし試合はそんな中、序盤からアグレッシブに打ち合いを展開しpunch、緊張感のある良い試合ではあったと思いますがpunch、しかしながら相手のロサレスは評判以上に強力な選手であり、比嘉の強打に対し、それを恐れず果敢に打ち合いに応じ、手数や勢いで比嘉を凌駕up、試合を終始有利に展開し、そして9R、ロサレスの攻勢に比嘉の手が出なくなったところでセコンドが試合をストップ。

TKOで初の敗北を喫してしまいましたねweep

Higa4いつもの試合後の明るいキャラクターはすっかりなりを潜め、がっくりうなだれる姿だはその心身ともに受けたダメージの大きさを物語っていた様な気が致しましたthink

試合後は記者会見も行えず、そのまま病院に直行したそうですがhospital、今回はその事の成り行き故に今後の彼の進退が心配になってしまったりも致します。

まあ、元々の所、体格的にフライ級ではかなり無理があり、その減量は過酷を極めbearing、世界挑戦前にはパニック障害を発症したり、その後も練習中に倒れたりもしていたそうなので・・・shock

出来る事であれば、ここから無事に立ち直り、階級を上げて、またあの”強い比嘉大吾”の戦う姿を見せてくれる事を切に願っております。

Murata1一方、その後はメインイベントのWBA世界ミドル級チャンピオンの村田諒太の初防衛戦が同級6位で欧州王者のエマヌエーレ・ブランダムラとで行われましたが、こちらは同級初となる日本人としての初防衛を無事にKO勝利で飾ってくれましたねwink

テクニシャンでディフェンシブな挑戦者相手を捕まえるのに最初は苦労している様子ですが、徐々に左を中心に良いパンチが当たる様になり、徐々に主導権を掴み、終盤に入った8Rにガードの横から滑り込ませた得意の右ストレートが炸裂し、ブランダムラがダウンpunch

そのままレフリーが試合を止め、ベルトを守ってくれましたなhappy01

しかし今回の相手のブランダムラは確かに”巧い”選手ではありましたが、”恐い”相手ではなく、リスク自体はあまりない試合では思いますが、それでも出来自体は上々であったのではないかと思いますしgood、これから先の目標を考えれば、これ位の相手では躓いていられませんからねsmile

目指すはあの”ゴロフキン”と言う事でございますので、一戦ずつに確実に成長しup、それから「怪物退治」に臨んでもらいたいものですねwink

Murata2_2
西大宮カイロHP http://nishi-omiya-chiro.com/

西大宮カイロ Facebookページ https://www.facebook.com/pages/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%82%E9%99%A2/1763359653890277

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

不運でもあるがトラブル相次ぐ相撲界。やはり、”意識”自体の改革が必要なのかも・・・

1
昨年の横綱日馬富士による貴乃花部屋の貴ノ岩への暴力事件から始まり、その後も今度は貴乃花部屋内で起こった暴力事件により、貴乃花親方が5階級も降格するなどdown、今年に入ってからも様々な問題で揺れに揺れていた日本の相撲界ですが、今度は先日4日に京都の舞鶴で行われた興行中に舞鶴市の市長が土俵上であいさつ中に突然、くも膜下出血で倒れcoldsweats02、そこに救護活動を行う為、土俵に上がった数人の女性に対し、行事や協会の人間から「土俵から降りて下さい。」とのアナウンスkaraokeや指示がなされたとの事で、現在多くの批判を集めpout、避難が殺到しているそうですね。

土俵は「女人禁制」であるという事は知られてはおりますが、さすがに常識的にこのケースでは・・・think

テレビでみた映像ではmovie、市長が倒れた際、周囲にいた多くの男性たちは救命活動などは行わず、右往左往していた所に女性が現れvirgo、すかさず心臓マッサージを開始、その後も数人の女性が土俵に上がりましたが、その直後に数回にわたり、「土俵を降りて下さい!!」というアナウンスkaraoke

それでも女性は駆け付けた警察官が心臓マッサージを代わるまで、救命活動を続け、市長はそのおかげか、現在は様態も安定し、命に別条はないとの事ですが、もし、あの時、女性が救命活動を止めていたらどうなっていたか分かりませんでしたよねshock

女性は看護師であったとの事でその迅速な行動に本来であれば協会は感謝して然るべきであると思いますが、しかし、そんな女性たちが土俵を降りた後に更にありえない出来事が・・・coldsweats02

そんな窮地を救ってくれた女性が去った後、何と協会関係者が土俵上に大量の塩を撒いていたという話にはちょっと耳を疑ってしまいましたねearsweat02

協会曰く、これは何かアクシデントがあった時には今回の様に塩を撒くと言う様な風習になっているとの事ですが、もう少しタイミングを考えて行う必要はあるのではないだろうかと思いますし、女性が去った直後に撒けば、「女性が上がったから土俵が穢れた。」と言う理由で撒いていたと捉えられても仕方がないのではないかと思いますangry

それにしてもアナウンスをしたという若い行事の方は周囲からの「女性を土俵に上げて良いのか?」との声に促され、アナウンスをしたのではとの事ですが、この人の命がかかった緊急時にそんな声をかけるのもどうかと思いますし、しかし、常識的に何を優先すべきは考えるまでもないのではないでしょうかね・・・?

相撲界とはやはり一種独特な価値観を持つ世界であるというのは理解は出来ますが、しかしながら、さすがに今回の一件において、あらためて”意識”自体の改革が必要なのではないかと思わさせられてしまいましたthink

しきたりや伝統も確かに大切ではありますが、多くの人に受け入れられていく為には一般的な常識を踏まえている事も必要ですし、その為の教育なども施していった方が良いのではないかと思いますbookpencil

まあ、それにしても最近の相撲界に関しては運がないというのも確か・・・crying

こんな事が起きなければ、こういった問題もなかったでしょうに。

こんなにも立て続けに悪い事ばかり起こり続け、そしてその都度、相撲界独自のルールやしきたり、考え方が露呈し、それに批判を集めてしまう悪循環・・・recycle

いつまで続くのだろうか・・・?

2
西大宮カイロHP http://nishi-omiya-chiro.com/

西大宮カイロ Facebookページ https://www.facebook.com/pages/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%82%E9%99%A2/1763359653890277

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

強い思いをかけた一戦だっただけに・・・あまりにも悲しい結末に呆然と・・・

Yamanaka
相手の怒涛の攻撃に成すすべなく打ち負かされ、マットに力なく倒れるかつての名王者・・・shock

そのあまりにも悲しいその姿に思わず目を覆いたくなる程に切なく、そして信じられないという思いで只々、呆然とブラウン管を眺めておりました・・・tv

昨日に両国国技館で行われた昨年までWBCバンタム級王座を12度も防衛した名王者で、「神の左」と呼ばれた山中慎介と昨年にその山中を破り、新王者となったメキシコのルイス・ネリとのダイレクトリマッチ。

試合前のあくまでも僕自身の個人的な予想では、30代も半ばで峠を過ぎてしまった山中さんに対しdown、年齢的にも若く、ボクサーとして脂が乗り、全戦全勝で最も充実しているであろうup相手に残念ながらただでさえ分が悪く、そして前試合の内容を観ても恐らく相性も悪いであろうネリに勝つのは難しいのではないかと思ってはいましたthink

しかし、それでも今迄、山中さんが見せてくれた「神の左」で僕の浅はかな予想などあっさり覆し、いつもの様に愛する子供達をリング上で抱きかかえ、輝かしいボクシング人生の最後の花道を飾ってくれる事を願っていたのですが・・・weep

こういった想いは僕だけでなく、山中さんの周囲の人々はもちろんの事、多くのボクシングファンが望んでいた事であったとは思いますがconfident、そういった想いも、そして今回の試合の為にハードトレーニングを積みsweat01、極限まで自らを追い込みbearing、並々ならぬ思いで今回の試合に臨んだ山中さんの気持ちや努力も、ネリは2.3キロにも及ぶオーバーウェイトで見事にぶち壊してくれた事には呆れと共に深い憤りを覚えずにはいられませんpout

オーバーウェイトと言っても、2.3キロにもなればもはや恐らく確信犯であることは明らかですし、本当に相手に対して失礼以外の何物でもないと思いますangry

山中さんもコメントしておりまたがkaraoke、もはや”人”として残念ですし、こんなルールもクソも無視して、いくら勝利を重ねても、何の意味も持たないといっても過言では無いと思いますgawk

もしかしたら、ウェイトを合わせて来たとしても結果は変わらなかったのかも知れない。

しかし、どんなそれが結果であれ、フェアな戦いの中で行われた結果とそうでなかった結果では、その後の戦った者に残っていく思いはまるで違うはずだと思います。

近年、中南米の選手に関しては、度々、計量時にオーバーウェイトにより、王座をはく奪されるケースが残念ながら発生してしまうケースが多発しておりますが、これに対してはもっとボクシング協会が重いペナルティーを科すなど何らかの方策を講じて、防いでいく事が必須であると思いますし、こんな事が多発する事を許していてはボクシング界の未来も怪しいものであるとすら思ってしまいますthink

もはやファンにとっても”無念”でしかないこの結果に、これ以上のコメントもありませんが、山中さんに対しては心からの「ありがとう」をいちファンとして送らせて頂きたいと思いますsmile

そしてその雄姿を忘れる事無く、心にとどめておきたいと思いますconfident

Yamanaka2
(お疲れ様でした!!)

西大宮カイロHP http://nishi-omiya-chiro.com/

西大宮カイロ Facebookページ https://www.facebook.com/pages/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%82%E9%99%A2/1763359653890277

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧