« 今月からの消費増税に伴う料金改定についてのお知らせ。 | トップページ | 2019年凱旋門賞は前”馬”未到エネイブルの3連覇ならず・・・ »

かつての名王者が千葉でボランティア。

1_20191004084301

この記事を何気なく見ていたインターネットの記事で見つけて驚いたのですが、80年代から90年代に活躍し、1997年のマイク・タイソンとの試合では耳を噛みちぎられた事件で話題となった、かつてのボクシングヘビー級の名王者、イベンダー・ホリフィールド氏が昨日3日に先月に台風で被災した千葉を訪れ、ボランティア活動に参加して話題となっておりました。

ホリフィールドと言えば、僕も大好きだった選手の一人であり、ロサンゼルスオリンピックでは銅メダルを獲得、その後にプロに転向し、クルーザー級で3団体の統一王者となった後に鳴り物入りで階級を上げてヘビー級に転向。

ヘビー級転向後も勝ち星を重ね、そして東京であのマイク・タイソンを倒し、王者に君臨していたジェームス・ダグラスを華麗なカウンターで倒し、ヘビー級でも無敗で3団体統一王座になった試合は私の記憶に今も焼き付いております。

「ヘビー級最速」と言われ、タイソンとの2度の対戦を含め、レディック・ボウやレイ・マーサー、レノックス・ルイスなどのかつての名選手達と数々の名試合を繰り広げ、4回も王座に返り咲いたあのホリフィールドが何故千葉に・・・?

・・・と思って調べてみたら、この度、自身が立ち上げた格闘技プロジェクトのプロモーション、そして各種のチャリティー活動を兼ねて来日したそうで、その際に被災していた千葉を訪れて、ボランティア活動に参加したようですね。

実際に所はチャリティーだけではないのでしょうが、しかしながら被災地の方々は喜んでいたとの事ですし、何よりその善意を実際にこうして行動に移していらっしゃるのは立派な事であると掛け値なしに思います。

そしてイベントは来年3月に行われる予定との事で、何とその際には現在御年56歳のホリフィールド氏自身もエキシビションマッチを行うのだとか。

流石にかつての華麗なボクシングはなかなか難しいでしょうが、どんな形でも、あのホリフィールドの試合が、しかも日本で観られるのはボクシングファンとしては嬉しい所ですね。

どんなイベントになるのかはまだ分かりませんが、こちらも楽しみに来年の3月を待ちたいと思います。

2_20191004084801

|

« 今月からの消費増税に伴う料金改定についてのお知らせ。 | トップページ | 2019年凱旋門賞は前”馬”未到エネイブルの3連覇ならず・・・ »

ボクシング、格闘技」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月からの消費増税に伴う料金改定についてのお知らせ。 | トップページ | 2019年凱旋門賞は前”馬”未到エネイブルの3連覇ならず・・・ »