« 2019年GWの営業予定について | トップページ | 近年、頻発し、繰り返される悲劇・・・そろそろ抜本的な解決案が必要では・・・ »

「RIZIN 15」う~ん・・・運営が悪いのか、はたまた放送局が悪いのか・・・

昨晩、仕事から帰宅し、テレビをつけて見ると「RIZIN.15」が放送されていたので、本日に放送される事を知らなかった私は慌てて録画💦、そして晩御飯を食べながら観戦したのですが・・・

う~ん・・・、なんていうか、以前からこの様な違和感は大いに感じてはいたのですが、あまりにも様々突っ込みどころがありすぎると言うか、気になる事が多すぎて・・・💧

まずは何故か解説はプロの格闘家でないGAKTOがメインに据えられており、リングアナウンサーに関しても「そうなのかな~・・・」と思う様な微妙な解説を連発・・・(恐らく女性格闘家の方と思われる人の解説もありましたが)

そして極めつけは、今大会に関しては那須川天心君の対戦相手がボクシング界では知らぬ人はいないでしょう6階級制覇のレジェンドであるパッキャオの推薦すると言う選手で、そしてそういった流れからパッキャオ本人もゲストで来場すると言う事でも注目を集めていましたが👀、そしていよいよパッキャオが天心君の試合の前に挨拶をするためにリングに上がったと思ったら、何とそのタイミングでCM・・・💧

そしてCMが終わったと思ったら、パッキャオの挨拶はすでに終わっており、そして間もなくリングを降りてしまったのには、流石に何故にこんなタイミングでCM挟んだのか全く理解できず「アホか・・・(怒)」と怒りと共にあきれ返ってしまい、それ以降は試合すら観る気も失せてしまいましたね。

その後、メインの試合が続々終わり、最後の方で放送されなかった試合のダイジェストなども放送されたのですが、ろくな説明もなしで只々に何となく垂れ流すように黙々と流されるのみで、まるで試合の面白さも伝わって来ませんでしたし、正直、違和感と不快感のみの残る放送はいち格闘技ファンとしては只々に残念な思いでございました。

何と言うか、運営側に問題があるのか、放送局であるフジテレビに問題があるのかは知りませんが、今大会の放送に関しては個人的には「最悪」でありましたし、こんな体たらくが続く様であれば、もう観たくないとすら思わさせられてしまいましたね。

まあ、「格闘技」というコンテンツとは言えどエンターテイメント性は重要だとも思いますし、それ自体を否定する気は毛頭ございませんが、しかしながら、あくまで「格闘技」というものを芯に据えた上で成り立たないものであれば、それにはもはや何の魅力も持たないものとなってしまいかねないのではないかと個人的には思います。

今回メインの解説者扱いであったGAKTOさんが様々な格闘技を嗜んでいる事は知っていましたし、GAKTO自体も嫌いではありませんが、しかしながらあくまでも専門的な解説はその道のプロが行わない事には説得力はありませんし、あまりこうして芸能人ばかりを集めてワチャワチャされてしまうと格闘技を純粋に楽しみたいと思う人間にはそれはむしろ邪魔なだけになってしまいます。

そして何より、パッキャオのあいさつを切ってCMを挟んでしまうところやあの雑なダイジェストを観る限り、あの「RIZIN」を観ていた格闘技好きのファンが何を求めているのか、観たいのかと言う事は蔑ろで、そういった姿勢は番組の作り手側の「格闘技」に関しての愛情の希薄さが伝わって来てしまう様で、非常に不快な気持ちのみが残ってしまいました。

近年、格闘技の人気は一時期に比べ、かなり低迷していると言われておりますが、こういった事も大いに影響しているのではないかと個人的には思ったり致しますね。

これは私の大好きなボクシングに関してもほぼ同じ事が言えるのではないかと思いますし、そしてボクシングをはじめ格闘技を愛する者の一人としてはこういった流れでこれからも進んで行ってしまう事を心から危惧しております💣

K1、プライドの放送にしても、昔はあんなに面白かったのにね~・・・

|

« 2019年GWの営業予定について | トップページ | 近年、頻発し、繰り返される悲劇・・・そろそろ抜本的な解決案が必要では・・・ »

ボクシング、格闘技」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019年GWの営業予定について | トップページ | 近年、頻発し、繰り返される悲劇・・・そろそろ抜本的な解決案が必要では・・・ »