« メダカの水槽の”スネイル”、こうやって増えていくのね~・・・ | トップページ | フランスのデモが更に拡大、そして一部は暴徒化・・・大変な事態に!! »

やはり名作「シンデレラマン」にあらためて感動・・・そして勇気ももらう

1
早いもので今日から12月突入xmas、今年も残すところ1ヵ月となった訳ですが、そんな12月初日の本日、ボクシングに関しましてはアメリカのラスベガスではヘビー級における今年最後の注目eyeの一戦、これまで40戦全勝39KOという凄まじい戦績と強打を誇るbombWBCヘビー級チャンピオンでアメリカのデオンタイ・ワイルダーとこちらも27戦全勝19KOを誇り、かつては3団体の統一王者であったイギリスのタイソン・ヒューリーとの世紀の対決が行われますがpunch、そんな話題に絡めまして今日は最近になり、繰り返し観ているボクシング映画の名作「シンデレラマン」でもご紹介させて頂きたいと思いますhappy01

1_2
この「シンデレラマン」という映画は2005年に数々の名作に出演している名優ラッセル・クロウが主役のジム・ブラドック役、そしてその妻役メイ役に「ブリジット・ジョーンズ」で有名なレネー・ゼルヴィガー(この人の名前、憶えられないんだよね~・・・coldsweats01)などが出演し、「ビューティフル・マインド」や「ダヴィンチ・コード」シリーズ、最近では「白鯨との戦い」や「スターウォーズ」のスピンオフ作品「ハン・ソロ」などを手掛けたロン・ハワード監督により製作された作品でございますmovie

ストーリーは1900年代前半の大恐慌時代に実在し、実際に活躍したプロボクサー、ジェームズ・J・ブラドックの半生を描いたもので、彼が苦難の時代を生き抜き、最後に夢を果たした実話に基づいたお話であります。

5
かつては右の強打とその実力でタイトルに挑戦するほどの注目株であったブラドックwink

しかし、やがて世の中は「大恐慌」という、かつてない程の不況の時代に突入shock、世の中のほとんどの人々が貧しく、苦しい生活を強いられているそんな中で、ブラドック一家もまた当時の裕福な生活を失いdollar、食べ物もない中、かつての輝きを失い、ピークはとうに過ぎ去り、その上、過密なスケジュールな試合により骨折などの怪我も繰り返しrecycle、そんなボロボロの状態でも生きる為、リングに上がり続けたその結果、いつの間にか勝ったり負けたりを繰り返す鳴かず飛ばずのボクサーに転落weep、挙句の果てには試合中に骨折した拳が悪化しshock、それにより不甲斐ない試合をしてしまった為に、ついにはボクシングのライセンスをも取り上げられてしまいますweep

3
ボクシングという彼にとって唯一無二の仕事を失ってしまったブラドックは愛する妻と3人の幼い子供を養うために骨折し、ギブスで固められたその手で、港湾労働というキツい日雇いの力仕事に従事する事になりますがsweat01、その仕事ですら毎日ある訳ではなく、生活は更に困窮down、ついには電気をも止められてしまう事となってしまいflair、その為に寒さで体調を崩しがちであった最愛の子供達と離れ離れに暮らさなくてはいけない危機に立たされてしまいますsad

それだけは避けたいとブラドックは、最後に残されていたプライドすらも全て捨て去り、生活保護を受給し、更にはかつて自分が身を置き、そして彼を無慈悲に追い出したボクシング協会に足を運び、悔し涙をこらえながらお金を恵んでもらうのですがd-point、その場面ではいつ観ても涙腺が崩壊してしまいますcrying

2そうして全てをかなぐり捨てて、何とか家族を守ったブラドックにある日、この間に協会で久々の再会を果たしたかつてのマネージャー、ジョーから思いがけないオファーの話が舞い込んできますcoldsweats02

それは試合直前に怪我をしてしまったある選手の代役として1回限りの復帰の話であったのですが、その相手は現役ヘビー級世界2位sweat02

6つまり、”咬ませ犬”として、デビュー以来、ノックアウト負けの無いブラドックがKOで負けると言う事が前提の試合だった訳ですshock

しかしながら、この試合でブラドックは大方の期待を裏切り、港湾作業で鍛え抜かれた左と元々強打を誇る自慢の右で逆に世界2位にKOで勝利punch!!

これをきっかけにもう一度、ボクサーとして大きなチャンスを掴んだブラドックは次々と勝ち続けup、ついには無敵のチャンピオンであるマックス・ベアへの挑戦権を獲得し、見事にカムバックを果たしたブラドックは多くの貧困にあえぐ人々の支持と人気を集めhappy02、新聞はそんな彼を「シンデレラマン」と呼ぶようになるのでしたwink

4
しかしながら、そんなブラドックが挑戦するチャンピオンのベアは破壊的な強打を誇りbomb、試合中に2人もの選手を死亡させている危険な相手だけに妻のメイはブラドックの身を案じますがdanger、それでもブラドックは勝ち目のないと言われる戦いに愛する家族の為に身を投じ、そして・・・といったお話であります。

実話に基づいた話というリアリティに加え、ラッセル・クロウとレネー・ゼルヴィガー達の素晴らしい演技力、そして名監督がそれを見事に表現したmovie、文句なしに素晴らしい名作の一つであると思いますgood

苦しい中despair、逆境に抗いdash、家族への愛だけは忘れずに辛い日々を生き抜き、最後には夢を掴むと言うストーリーは自分もまた苦しい時bearing、この作品を観ると「俺も頑張らねば!!」と立ち上がり、奮起する勇気を与えてくれますねwink

人生、そして世の中というものは上手く行かない事、辛い事ばかりではありますが、諦めず、そして腐らずに必死で毎日を生き抜いていれば、もしかしたらブラドックに訪れたようなチャンスが舞い込む事もあるかも知れません。

また、そうして必死に何かに向かい努力し、戦い続ける姿勢がその幸運を引き寄せるのだと信じたいものでありますhappy01

私も今年は特に様々な事が起こり、そしてそれについて悩みdespair、現在それらと対峙しなくてはならない人生において大変な時期となっておりますが、それでも前を見て、今自分に出来る事を全力で頑張っていこうと思っておりますし、そして、この作品はそんな僕の背中も押してくれたような気が致しますgood

「シンデレラマン」か~・・・僕もなりたいものだ・・・smile

8
西大宮カイロHP https//nishi-omiya-chiro.com/

西大宮カイロ Facebookページ https://www.facebook.com/pages/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%82%E9%99%A2/1763359653890277

|
|

« メダカの水槽の”スネイル”、こうやって増えていくのね~・・・ | トップページ | フランスのデモが更に拡大、そして一部は暴徒化・・・大変な事態に!! »

映画、テレビ、ラジオ、芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071166/74696346

この記事へのトラックバック一覧です: やはり名作「シンデレラマン」にあらためて感動・・・そして勇気ももらう:

« メダカの水槽の”スネイル”、こうやって増えていくのね~・・・ | トップページ | フランスのデモが更に拡大、そして一部は暴徒化・・・大変な事態に!! »