« 現在の日大問題に見て思う「大人とは・・・」 | トップページ | 今年のダービーは波乱の結果でしたね!! »

”モンスター”井上が大偉業を圧巻の1RKOであっさりと達成!!そして拳四郎もロペスを2RKOで返り討ちV3!!!

I2_2
いやはや、もはや、何と言ったら良いのやら・・・

まるでチャンピオンが”咬ませ犬”の様にすら見えてしまう・・・sweat02

凄い!凄すぎる!!

昨晩、東京の大田区総合体育館で行われた日本が誇る”モンスター”井上尚弥の3階級制覇の偉業がかかるボクシングWBA世界バンタム級タイトルマッチが同級王者で元同級IBF王者でもあるイギリスの強豪、ジェイミー・マクドネルとの間で行われましたが、わずか試合開始から112秒で2度のダウンを奪っての圧巻のKO劇であっさりとその偉業をやってのけてしまいましたねcoldsweats02

スーパーフライ級で7度の防衛を果たし、しかし突出したその強さ故、対戦相手が見つからず、マッチメイクは困難を極めていたとの事でsad、一つ階級を上げてup、強豪ひしめく”黄金のバンタム”に転向した初戦、いきなりのタイトルマッチで、しかも相手は10年間に渡り、敗北は無く、しかもIBF、WBAの2団体で同級王者を獲得した長身の王者マクドネルshock

身長やリーチも井上を10センチ近く上回り、今までと違い、体格差も大きな相手の強豪にどんな試合を見せてくれるのかと、恐らくの所は私をはじめ、日本、いや、もはや世界のボクシングファンが注目していたのではないかと思いますが・・・eye

しかしもはや、基本性能というか、次元自体が違うのでしょうか・・・sweat02

身長ははるかに違うはずの井上がまるでマクドネルを見下ろすかの様に落ち着き払った様子で王者のパンチを捌き、そして初弾の左ボディへのストレートを皮切りに攻撃を開始。

引っ掛ける様な強烈な左フックでマクドネルをぐらつかせると、強烈な左ボディでまずは1回目のダウンを奪取。

何とか立ち上がり、しかし動揺を見せる王者にcoldsweats02、すかさずガードなどお構いなしで、情け容赦なしの凶暴な連打を炸裂させpunch、たまらずチャンピオンが倒れこむように2度目のダウンを喫すると、チャンピオン側のセコンドが試合を止め、司会開始から112秒、1R1分52秒でまるで当たり前だったかのように、あっという間に日本人最年少での3階級制覇を成し遂げてしまいましたcrown

そもそも、バンタム級という階級自体、日本人ではかつては辰吉さんや薬師寺さん、そして近年では開設にも来ていた長谷川穂積さんや山中慎介さんなどの名王者が活躍し、そして海外でも多くの名選手がひしめく”激戦区”であり、それに3階級制覇もまた日本人では井上を含め、達成したのは5人しかおりません。

しかしながら、そんな階級で達成した偉業ですら、彼にとっては大した事のない事にすら見えてしまうのが凄い・・・coldsweats01

それにしても今回の井上、怒ってましたね~・・・pout

計量libraや会見movie、そして会場への入場に遅れるなどwatch、しかしマクドネル側は陽動の一つだったのかも知れませんが、井上に関しては怒らせてしまったのは逆効果だったかも・・・coldsweats01

試合後、まるで後悔してるかのように涙を見せるマクドネルが印象的でしたweep

K1
一方、この井上の衝撃の3階級制覇に先立って行われたWBCフライ級王者の拳四郎は丁度1年前にベルトをもぎ取った相手である元王者で同級1位、ベルト奪還に燃えるメキシコのガニガン・ロペスとの再戦という形となった3度目の防衛が行われましたが、こちらもまた会心の2RKOでのV3も圧巻でございましたねgood

お互い様子を観る様な静かな立ち上がりで始まり、「長い試合になりそうだな~・・・」と思い始めたのも束の間、その瞬間はいきなり訪れ、お互いに身体も温まり切っていないであろう2R途中、拳四郎が伸ばした会心の右ストレートがロペスのボディに見事にヒットpunch、それを受けてロペスが様相外のダウン!!

さすがに起き上がって来るだろうと思っておりましたが、ロペスはそのまま立ち上がれずに、こちらもあっさりと試合が決まってしまいましたねcoldsweats01

よっぽどタイミングが良かったのか、良い所に入ったのでしょうね、これには正直びっくり致しましたがcoldsweats02、兎にも角にも3度目の防衛を見事に果たしてくれましたwink

最近は比嘉がオーバーウェイトで王座をはく奪された上で敗戦、そして先週もまた井上とも激戦を演じ、その後には2団体統一王者になった田口が敗戦で王座から陥落するなどdown、嫌なムードが漂っておりましたがsad、そんな嫌な流れを今回は井上と拳四郎の二人が見事に断ち切ってくれましたねsmile

そして、井上に関しては3階級制覇の偉業を果たした試合直後のインタビューでkaraoke、昨年に初めて開催され、そしてこの試合前から井上も参加するのではないかと話題になっていた、ボクシングにおいてその階級でそれぞれの団体の王者が参加し、真の世界最強を決する夢のトーナメント、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ、WBSSに今季参戦する事を表明してくれましたねhappy02

このトーナメントは世界最高のボクシングイベントと言っても過言では無く、もしこのトーナメントにおいて優勝するようなことがあれば、恐らく一気に日本のみに収まらず、世界的な名選手として認識される事は間違いないですし、ボクシング史に名を残す結果となる事でしょう。

今季行われるバンタム級ではWBAスーパー王者で19戦無敗のバーネット、IBF王者で同じく18戦して無敗のロドリゲス、そして前試合を11秒で勝利した事で話題となったWBO王者のテテなどが参加を表明しており、厳しい戦いとなるとは思いますが、しかしながら、井上であれば、きっと何の事無しに次の偉業もあっさりとやってのけてくれるのではないかと個人的には期待しておりますwink

アジアにはパッキャオ、ドネア等の偉大な王者がいますが、次は井上がそういった存在になって行ってくれる事を期待してやみません。

いや、彼ならきっとなる事と信じておりますhappy01

I1
西大宮カイロHP http://nishi-omiya-chiro.com/

西大宮カイロ Facebookページ https://www.facebook.com/pages/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%82%E9%99%A2/1763359653890277

|
|

« 現在の日大問題に見て思う「大人とは・・・」 | トップページ | 今年のダービーは波乱の結果でしたね!! »

ボクシング、格闘技」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071166/73559658

この記事へのトラックバック一覧です: ”モンスター”井上が大偉業を圧巻の1RKOであっさりと達成!!そして拳四郎もロペスを2RKOで返り討ちV3!!!:

« 現在の日大問題に見て思う「大人とは・・・」 | トップページ | 今年のダービーは波乱の結果でしたね!! »