« 珍しく立て続けに両親に電話・・・ | トップページ | 沈む行く夕陽を眺めつつ、今年は「挑戦の年」にせんと思う・・・ »

今日は「鏡開き」の日だそうです。

1
今朝のテレビの情報で知ったのですが、本日1月11日はお正月に飾っていた鏡餅を割り、食す「鏡開き」の日だそうですね。

お正月の間、あの節分の際に恵方に向かって祈る”年神様”が宿るのが鏡餅で、松の内と呼ばれる年神様が鏡餅に宿っている期間は飾っておき、そして松の内の期間が過ぎた時、鏡餅を汁粉や雑煮、あられやかき餅などにして食し、年神様を送る風習が「鏡開き」と言う訳です

この風習は元々は武家から始まったものだそうなのですが、それが徐々に時を経て一般庶民にも拡がっていったものだとの事。

そして武家の風習故に刃物を使って持ちを切る事は切腹を連想させる為に禁忌とされ、餅は木槌などで割るのが一般的であり、また「切る」や「割る」と言った言葉もまた同様の理由で避けられて、末広がりを意味する「開く」という言葉が使われる事となったそうです

そしてに先程に年神様が鏡餅に宿る「松の内」と呼ばれる期間とは、門松などのお正月飾りを飾る期間であり、つまりこの間をお正月なのだとの事。

この「松の内」は本来は日本全国で元日より1月15日までであり、鏡開きも以前は1月20日に行われていたそうなのですが、江戸時代の三代目将軍、徳川家光が4月20日に亡くなり、20日がその月命日となってしまった為、「将軍の月命日に鏡開きを行うのは好ましくない」という理由から、徳川幕府のお達しにより、関東では1月20日を避け、松の内は1月7日まで、そして鏡割りは1月11日に行われる事に変更されたそうです。

しかしながら、関西にはそのお達しが正確に伝わらなかった為、以前の風習がそのまま残ってしまい、1月15日までが松の内、そして鏡開きは20日と以前のままで行われている様です

そしてこの松の内の期間、年神様の拠り所となっていた鏡餅には年神様の魂が宿っていると言われ、その鏡餅を食すことでその力やご利益を授かり、1年の無病息災を願うと言う目的があり、鏡餅は供え、開き、食すの3つの過程を経てその意味を成すのだそうです。

ちなみにお正月に子供達の一番の楽しみであり、逆に大人にとっては何の生産性もない無慈悲な出費であるあの「お年玉」とは本来はこの鏡餅を木槌で砕いた餅のかけらが発祥で「年神様の魂が入ったお餅」なので「お年玉」なのだとの事だそうなのです。(誰だよ、一番最初にお金あげたのは・・・

2_2ところで祝い事等の際に振舞われる樽酒の蓋を割る事もまた「鏡開き」と呼ぶことは知られておりますが、これは樽酒の蓋の事を「鏡」と呼び、それは円満を意味し(ちなみに「鏡」の持つ「鑑みる」と言う言葉にあやかって「かんがみもち」と呼ばれる様になった説もあるそうですね)、米から作られる日本酒は神聖なものとされ、神事や神様に供えられ、そしてその神事の後にはそれが振舞われ、念願成就を祝ったりする事から、やはり末広がりで縁起の良い言葉とされる「開く」という言葉が使われているのだそうですね

こうして毎年、時期が来たら何気なしに平らげてしまっている鏡餅ではございますが、この様にその意味や由来を知るのは面白いですし、また食べる際には今までと違った気持ちで頂こうと思えるから不思議ですね。

まあ、この「鏡割り」に関してのみならず、多くの行事もまたそうであったり致しますが

ところで、ここまで色々と知る事が出来て、「さあ、今年は鏡餅を違った気持ちで頂こうかな~・・・」と思った訳ですが・・・

何と今年、我が家には鏡餅は飾ってございませんでした・・・残念ながら・・・

まあ、とりあえずこの意気込みは来年に取っておくと致します

3
(暫く食べておりませんが、お汁粉もいいですよね~

西大宮カイロHP http://nishi-omiya-chiro.com/

西大宮カイロ Facebookページ https://www.facebook.com/pages/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%82%E9%99%A2/1763359653890277

|

« 珍しく立て続けに両親に電話・・・ | トップページ | 沈む行く夕陽を眺めつつ、今年は「挑戦の年」にせんと思う・・・ »

つぶやき、心の叫び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は「鏡開き」の日だそうです。:

« 珍しく立て続けに両親に電話・・・ | トップページ | 沈む行く夕陽を眺めつつ、今年は「挑戦の年」にせんと思う・・・ »