« 今週もまた外国人騎手が大活躍でしたな~・・・ | トップページ | また世界を巻き込みかねない新たな火種を”あの人”が・・・ »

藤井君だけじゃない!!将棋界のレジェンドが年の最後に偉業を達成!!

Habu1
昨年の12月24日に天才中学生棋士、藤井聡太4段がデビューしてから、今年は日本将棋界は彼を中心に大いに盛り上がりを見せた一年間でありましたが、この年の瀬に「我ここにあり!!」と言わんばかりに、長きに渡り、将棋界を牽引して来たもはや”レジェンド”の羽生善治棋聖が史上初となる将棋界における7タイトルで永世位を獲得するという偉業を成し遂げましたね

羽生さんはすでに「名人」「王位」「王座」「王将」「棋王」「棋聖」の6タイトルにおいては、タイトルの連続5期、または通算7期という規定をクリアし、6冠で永世位の称号を獲得しておりましたが、最後の1冠「竜王」に関しては渡辺明前竜王がタイトルを死守し続け、記録達成を阻んできましたが、今期の竜王戦において昨日3勝1敗で迎えた第5戦で87手で勝利し、とうとうこの前人未到の偉業を達成されました

羽生棋聖が初めて7つのタイトルを独占するという偉業を達成してより約20年、今度はその偉業に「永世」と言う箔をつけ、現在も若手の台頭も著しく、生存競争激しいトップランク「A級棋士」の一人として活躍し続けていく事は並大抵の事ではありませんし、一時はタイトルを次々に失い、「羽生の時代は終わった。」と言われてしまう様な事もありましたが、そんな低迷期も乗り越え、こうして今もなお健在である事を証明した形となりましたね

Fuzii
そしてこれからは藤井君を筆頭に佐藤名人や菅井王位、中村王座など10代や20代の若手の活躍も目立つ中、羽生さんや渡辺さんなどのベテランや中堅棋士との対戦やタイトルの推移も来年は注目していきたいところですし、やはり特に今年は現在の所、9割近い勝率を誇る藤井君のこれからは気になるところですよね

このままプロに専念するか、進学するかとその進路にも注目が集まっておりましたが、どうやら高校に進学する事に決まったようですが、学業とプロ棋士との両立は大変だとは思いますが、彼ならきっとそんな苦難も乗り越えて大活躍を見せてくれる事を信じております

Hifumin
ちなみにこちら、”ひふみん”こと、加藤一二三さんも大活躍でしたな(笑)

流行語大賞にも選出され、現在はバラエティー番組にテレビCMと毎日見ない事が無い程でございますね

個人的には「神武以来の天才」と呼ばれた頃の佐藤さんを知っているだけに、現在のこの「ゆるキャラ」の様な存在感は複雑な思いもございますが、佐藤さんもまた大いに将棋界の活性化に一役買ってくれていると思いますし、来年からもこのまま活躍して行ってもらいたいものでございます

そして羽生さんに関しては、これで残すところ、残るタイトルは今年新設された「叡王」の1冠の獲得を残すのみ

これから、是非この最後の「叡王」のタイトルも獲得し、更にこちらも永世位の称号を得て、全8タイトルで「永世八冠」になる姿を観たいですね。

Syougi
西大宮カイロHP http://nishi-omiya-chiro.com/

西大宮カイロ Facebookページ https://www.facebook.com/pages/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%82%E9%99%A2/1763359653890277

|

« 今週もまた外国人騎手が大活躍でしたな~・・・ | トップページ | また世界を巻き込みかねない新たな火種を”あの人”が・・・ »

好きな事、興味あるもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤井君だけじゃない!!将棋界のレジェンドが年の最後に偉業を達成!!:

« 今週もまた外国人騎手が大活躍でしたな~・・・ | トップページ | また世界を巻き込みかねない新たな火種を”あの人”が・・・ »