« 娘と「ジャック・オー・ランタン」を作ってみました!!(PART.1) | トップページ | 2017年プロ野球ドラフト会議、注目の清宮は日ハム、そして広陵の中村は地元の広島に!! »

娘と「ジャック・オー・ランタン」を作ってみました!!(PART.2)

Gb1027_5
昨日の続きでございますが、本日27日の金曜日に次女はお友達とハロウィンパーティーを行うと言う事で、次女と共に今年は「ジャック・オー・ランタン」を製作、パーティー用と治療院に飾る2つが何とか完成いたしました

Gb1027_2
(これで持ち歩けるね

娘のものは昨晩にほとんどの所は完成していたのですが、日持ちする様に天日干しをして水分を飛ばし、その後に持ち歩けるように取っ手を付けてみました。

Gb1027_3
そして蓋は落下しない様に繋ぎ、中のろうそくを固定して完成!!

Gb1027_4
(中はこんな感じです。)

Gb1027_5_2
本日は早くに学校が終わった次女は、先程、パーティーに参加する為に早速、このランタンを手にお友達の家に元気よく出かけて行きましたが、このランタンで更に盛り上がってくれたら嬉しいですね~

そして、娘のランタンが完成した後は今度は治療院用のランタンの製作を開始。

昨晩は仕事が忙しく、終わるのも遅くなってしまったので、「明日やろうかな~・・・」なんていう風にも思ったりもしましたが、ハロウィン当日まで日も少ないですし、そうすると飾れる期間も短くなってしまいますので、疲労で萎えまくっている気力を振り絞り、暗さと疲れで老眼絶好調でショボショボしまくりのお目目に老眼鏡を携え、何とか製作に取り掛かりました

娘のランタンを作って、今度は2作目。

何となく勝手も分かり、コツも掴んだところで、今回は前回よりもデザインも凝ったものに挑戦してみました

一作目よりは手際はマシにはなりましたが、やはりデザインの難しさと疲労で少し苦戦しつつも、何とか渾身の2作目を完成!!

Gb1027_6
(一作目よりも”強面”に作りました)

Gb1027_7
(横顔です。)

Gb1027_8
(今回は後ろ側に透かし彫りも入れてみました

そして最後に一作目と共に部屋を暗くして、再び点灯式を行いましたが、やはり火を入れるとそれなりに雰囲気があり、初挑戦にしては、それなりの完成度と自画自賛で苦労した甲斐があったと満足しております

Gb1027_9
(こちらは娘の”吊り下げ式ランタン”)

Gb1027_10
(こちらの治療院用は”置き型式”でございます。)

Gb1027_11
(こちらがこだわりの”透かし彫り”の後ろ姿!!「燃えてるぜ(笑)」)

Gb1027_12
こうして数年前から一度子供達と作ってみたいと思っていた「ジャック・オー・ランタン」の製作をようやく実現する事が出来ましたが、今回、製作の過程において、沢山の種を採取する事も出来ましたし、カボチャを育てた経験はございませんが、来年は娘と一緒に栽培にも挑戦して、今度は自分たちで育てたカボチャでランタンを作る事が出来る様に頑張ってみたいと思っております

Gb1027_1
(沢山取れました~!!)

ところで以前にこちらのブログにハロウィンの機嫌について少し書いた事がありましたが、今回作った「ジャック・オー・ランタン」って、元々はカブで作っていたのは知りませんでした

そして「ジャック・オー・ランタン」の起源に関してはアイルランドでの古い伝承が由来になっており、「ジャック・オー・ランタン」の”ジャック”は人の名前であり、昔、ジャックという名の悪人が地獄からその魂を奪いに来た悪魔をだまして封じ込め、その封じ込められた悪魔を開放する事と引き換えに、二度とその魂を奪わないという契約を悪魔に結ばせてしまいます

しかしやがて歳をとったジャックは寿命でこの世を去るのですが、悪事を重ねていたジャックは当然ながら天国へは行けず、仕方なく地獄へ向かうのですが、そこで以前に契約を結んだ悪魔にニ度と魂を奪わない契約をしているので地獄に行く事も出来ないと告げられます

そして天国にも地獄にも行けなくなったジャックは現世に戻ることも出来ずにその間の暗い道のりをさまよう事になってしまうのですが、その際にその暗い道のりを進む為に悪魔から地獄の炎を分けてもらい、それが消えてしまわない様、道端に転がっていたカブを刳り貫き、ランタンの代わりにしたそうです。

ちなみに下のものがカブで作った「元祖ジャック・オー・ランタン」だそうですが・・・

Jor
(・・・

ぶっちゃけ、怖いし、気色悪いですな・・・

正直、これは今のカボチャのものの方がベストだと思いますね

ところで、そのカブで作ったランタンが現在の「ジャック・オー・ランタン」の起源と言う訳ですが、それがハロウィンの習慣と共にアメリカに渡った際、アメリカではカブという野菜が馴染みが無かった為、代わりに手に入りやすく、加工しやすいカボチャで代用して現在のメジャーな「ジャック・オー・ランタン」になったとの事

兎にも角にも、今回製作した「ジャック・オー・ランタン」は今月一杯は飾る予定でございますのでご来院の際には是非、ご覧になってみて下さいね(まあ、肝心なハロウィン当日の31日は残念ながら火曜日で休診日ではありますが・・・

Fb10
西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

西大宮カイロ Facebookページ https://www.facebook.com/pages/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%82%E9%99%A2/1763359653890277

|

« 娘と「ジャック・オー・ランタン」を作ってみました!!(PART.1) | トップページ | 2017年プロ野球ドラフト会議、注目の清宮は日ハム、そして広陵の中村は地元の広島に!! »

娘たち、子供達」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 娘と「ジャック・オー・ランタン」を作ってみました!!(PART.2):

« 娘と「ジャック・オー・ランタン」を作ってみました!!(PART.1) | トップページ | 2017年プロ野球ドラフト会議、注目の清宮は日ハム、そして広陵の中村は地元の広島に!! »