« 先月からアクセス数が急上昇していた我がブログ。今度はいきなり急下降(汗)!?その原因は・・・ | トップページ | まさに「犬も喰わない」、連日の船越夫妻の離婚報道・・・ »

「三国志」、やはりロマンがあるな~・・・

Sanngokusi1
昨日の休診日は出来れば少しランニングしたり、筋トレなどをして身体を動かしたいと思っていたのですが、しかしながら鬼の様な猛暑で断念・・・

仕方なく、いつもの如く撮り貯めておいた録画でも観てのんびりと過ごす事としたわけでございますが、その録画の中、「三国志」を題材にした中国のドラマ「Three Kingdoms」を夢中になってみておりました

「三国志」は西暦100年代後半中国の後漢時代から200年代後半にかけて魏・呉・蜀の三国時代と呼ばれ、それぞれの国が覇権を争い、群雄割拠していた時代が舞台で、様々な魅力的な武将が多く登場し、波乱に満ちたドラマテイックな出来事や言い伝えなどが多く存在し、日本でも昔から人気のある興亡史であります

Sanngokusi2それ故に中国国内のみならず、日本をはじめ世界のいたるところで本や映画の題材にされたり、僕も子供の頃は横山光輝先生の漫画「三国志」をはじめ、その他にも様々な書籍を読んだりもして、大好きなお話だったり致します。

それに現在はプレステなどのゲーム機や携帯などでも「三国志」を題材としたゲームなどもたくさん出ており、その知名度は歴史好きに限らず、かなり高い知名度を誇っていたりします(右上は確か僕が中学生位の時に遊んだコーエーのパソコンゲーム「三国志」でございます

ちなみに私はいい歳をして恥ずかしながら、現在でも「三国無双」というゲームは大好きで、新作が出る度に購入し、楽しんでいたりも致します。

それにしても、「三国志」の英雄たちが活躍したという時代、日本はまだ邪馬台国、卑弥呼様の時代という事を考えると随分と文化が進んでいたことが伺えます

ちなみに「魏志倭人伝」などの書物からは魏の曹操が収めていた魏は日本とコンタクトがあったそうですからね~。

その頃にすでに海を渡り、遥か彼方の日本にまでやって来る技術があったという事にも驚きでございます

まあ、「三国志」に限らず、私をはじめ、男性の場合は比較的、歴史に興味があったり、好きだという方も多い様な気が致しますが(最近は女性でも”歴女”などと呼ばれる歴史好きの方も多いようですが)、その中でも日本の戦国時代や幕末に並び、「三国志」はロマンがあるのではないかと思いますね

劉備、曹操、孫権の三国の王達、そして関羽や張飛、趙雲、呂布、周瑜をはじめ、数え切れないほどの数々の名将達が広大な中国を駆け抜け、激しくぶつかり合ったのかと思うと胸が躍りますよね~・・・

また、久々に何か「三国志」の本でも読んでみようかな~・・・

Musou81
(嗚呼、早く発売されんかな~三国無双8・・・

西大宮カイロHP http://nishi-omiya-chiro.com

西大宮カイロ Facebookページ https://www.facebook.com/pages/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%82%E9%99%A2/1763359653890277

|

« 先月からアクセス数が急上昇していた我がブログ。今度はいきなり急下降(汗)!?その原因は・・・ | トップページ | まさに「犬も喰わない」、連日の船越夫妻の離婚報道・・・ »

好きな事、興味あるもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「三国志」、やはりロマンがあるな~・・・:

« 先月からアクセス数が急上昇していた我がブログ。今度はいきなり急下降(汗)!?その原因は・・・ | トップページ | まさに「犬も喰わない」、連日の船越夫妻の離婚報道・・・ »