« とうとう名人までもが敗れてしまうとは・・・ | トップページ | 娘達と夜桜見物に行って来ました。 »

まさに「これぞ王者の底力」!!フィギュアスケート男子世界選手権で羽生結弦が見事な逆転優勝!!

Fs1
現在、テレビでも久々に明るい話題として大きく取り上げられていますが、先週にフィンランドのヘルシンキで行われていたフィギュアスケートの世界選手権において、一昨日の1日に行われた男子フリースケーティングでもはや”絶対王者”として君臨する羽生結弦選手が完璧な演技を披露し、自身の持つ世界史好記録を更新する223.20点という超高得点をマークし、5位と不振に終わったショートプログラムの結果から逆転し、見事な優勝を果たしてくれましたね

僕はONタイムではその演技を観ることは出来ませんでしたが、今朝にその演技を観戦、本当に素晴らしい演技だったですね~

4回の4回転ジャンプを含め、全てのジャンプも見事に決めていましたし、その他の演技に関しても非の打ち所の無い完璧な演技に観終わった時には「おおっ!!」と思わず声が出てしまう程に素晴らしかったですね

Fs2_2そしてもう一人、羽生選手には届かなかったものの、フリーでも214.45点の高得点をマークし、ショートプログラムとの合計で自身のパーソナルベストを30点以上を上回って300点越えを果たした若干19歳の宇野昌磨選手の演技もまた本当に素晴らしかったと思います

宇野選手に関しては、最高にして最強の壁である羽生弓弦という存在に引っ張れているのでしょうか、その成長は著しく、このままいけば近い将来、羽生の存在すら脅かす日も遠くないのではないでしょうか

この様に男子に関しては良い相互作用が働き、お互いがお互いを成長させ、高め合っている様にと思いますし、このまま成長を続け、オリンピックでも良い結果を出してくれるのではないかと大いに期待しております

Fs3一方、女子に関しては少し残念な結果になってしまいましたね

現在の日本のエース的な存在である宮原選手が怪我により欠場という事で、日本にとってはエースを欠いた不利な大会となってしまいましたが、結果は三原選手が5位と健闘したものの、樋口選手が11位、本郷選手が16位と、オリンピック3枠出場の条件である上位1,2位の合計が13を残念ながらオーバー、合計16となり平壌オリンピックに関しては二枠のみの出場となってしまいましたね

長年に渡り、少し前までは女子スケートに関しては男子を凌ぐ人気と実力を誇っていた時期がありましたが、現在は男子の勢いには及ばず、伸び悩んでいる様に思えます

ただ今回は17歳の三原選手も会心演技で大健闘を見せてくれましたし、それにエースの宮原選手や期待の新星として大きな注目を集める本田真凛選手、そして言わずと知れた浅田真央選手の復活なども、もしかしたらあるかも知れませんし、まだまだ期待できるのではないかとも思います。

ところで羽生選手に関しては、4回転半ジャンプや5回転ジャンプについても言及している様ですが、現在「4回転時代」と称され、レベルが年々上がっているとただでさえ言われていますが、もしかしたら彼が更にその次元を引き上げて行くのかも知れないですよね~

4回転アクセル、5回転ジャンプ、もしかしたら近い将来、見られるのかな~・・・

非常に楽しみですし、成功した姿を是非みたいですよね!!

Fs4
西大宮カイロHP http://nishi-omiya-chiro.com

西大宮カイロ Facebookページ https://www.facebook.com/pages/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%82%E9%99%A2/1763359653890277

|

« とうとう名人までもが敗れてしまうとは・・・ | トップページ | 娘達と夜桜見物に行って来ました。 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まさに「これぞ王者の底力」!!フィギュアスケート男子世界選手権で羽生結弦が見事な逆転優勝!!:

« とうとう名人までもが敗れてしまうとは・・・ | トップページ | 娘達と夜桜見物に行って来ました。 »