« X JAPANの2016年の活動予定が全て延期になってしまったとの事・・・ | トップページ | ブラジルで「ジカ熱」の感染拡大が治まらず・・・オリンピックはどうなる? »

思い出の名馬、イナリワンが死亡・・・

Inariwan
昨日7日、オグリキャップ、スーパークリークと共に「平成の3強」と呼ばれ、当時の競馬ブームの立役者の一頭と言っても良いであろう名馬イナリワンが32歳で繋養先で死亡したそうですねweep

地方競馬の笠松競馬から出てきた”怪物”オグリキャップと同時期に、同じく地方競馬である大井競馬から出てきたイナリワンは移籍直後の2戦は凡走だったにも関わらず、大舞台の春の天皇賞ではコースレコードで5馬身差をつける圧勝で大金星を挙げると次走の宝塚記念も勢いそのままにフレッシュボイスをゴール前で首差で退け、中央デビューから4戦でG1レース2勝を飾り、一気に注目を集めましたeye

Inariwann2_2そして個人的には、何と言っても休養明けの毎日王冠でのあの”怪物”オグリキャップとの死闘が印象深いですねconfident

主戦がスーパークリークの復帰により柴田政人騎手との新たなコンビとなって臨んだ、地方競馬出身のスターホース同士の一騎打ちで注目されましたが、予想をはるかに超える好レースで、最後の長い直線、2頭のまさに意地と意地とのぶつかり合い、互いに譲らぬままに2頭並んでゴールを駆け抜け、どちらが勝ったのか分りませんでしたからね~。

結局、マイル戦では生涯負ける事の無かったオグリキャップが鼻差イナリワンを退けて、レースは制しましたが、競馬史に残る激闘として現在も語り継がれている名勝負でしたgood

しかし、それで燃え尽きてしまったかのように、秋の天皇賞6着、続くジャパンカップ11着と掲示板にも載らない惨敗・・・shock

Inariwan1宝塚記念、毎日王冠では馬券も取らせてもらいdollar、その上あれほどの名勝負を見せてくれたイナリワンにすっかり魅せられていた僕もまた「もうダメなのかな~・・・crying」なんてあきらめムードが漂う中、やはりただでは終わらなかった!!

1年を締めくくる大舞台、有馬記念では春に主戦をつとめていた武豊騎手騎乗のスーパークリークをゴール前寸前でかわし、またもやコースレコードでの劇的勝利を我々に見せつけてくれましたhappy02(この有馬記念はイナリワンの馬券は買ってませんでした・・・crying

そしてその実績が買われ、翌1月には見事、年度代表馬にも選ばれた名馬でありますhorse

何と言うか、その走りっぷりは「ガッツ」と言うか、「根性」みたいなものに溢れていて、小柄な馬体にも関わらず、ダイナミックなその走りは非常に魅力的でしたねwink

齢32歳と非常に長生きて、大往生なのではないかとは思いますが、やはり一抹の寂しさは禁じえませんthink

すでに他の「平成の3強」と呼ばれたオグリキャップ、スーパークリークはこの世を去っていますが、こんな事からも時の流れを強く感じたりしますなsandclock

競馬を好きになるきっかけの一つとなった大好きなイナリワンに心から「お疲れ様でした」と「ありがとう」を伝えたいですconfident

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

西大宮カイロ Facebookページ https://www.facebook.com/pages/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%82%E9%99%A2/1763359653890277

|
|

« X JAPANの2016年の活動予定が全て延期になってしまったとの事・・・ | トップページ | ブラジルで「ジカ熱」の感染拡大が治まらず・・・オリンピックはどうなる? »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071166/63849624

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出の名馬、イナリワンが死亡・・・:

« X JAPANの2016年の活動予定が全て延期になってしまったとの事・・・ | トップページ | ブラジルで「ジカ熱」の感染拡大が治まらず・・・オリンピックはどうなる? »