« 一体何なの~!!この連日の暑さは・・・ | トップページ | 当治療院最後の木曜日定休は「日進七夕祭り」に行ってきました!! »

70年目の「広島原爆の日」、映画「永遠の0」を観て思う・・・

Hirosimaheiwakinennkouenn本日は8月6日で「広島原爆の日」。

今年はちょうど原爆投下から70年という節目の年に辺り、先程広島記念公園で行われた平和祈念式典には海外から過去最大の100カ国以上の代表が参加されたようです。

しかし逆に戦後より70年が経過し、実際に戦争や被爆を体験した方々も数少なくなり、過去の悲しみや痛みが段々と薄れていく中で、現在、世界で唯一の原爆被爆国である我が国日本は安全保障関連法案や原発再稼働に揺れている事を考えると複雑な気持ちにさせられます

Eienno0
そんな8月6日の今日は休診日なので、先程、先週にテレビで放送され録画していた映画「永遠の0」を観ました

先週から仕事が忙しく、ずっと観れずにいたのですが、まさかこんな日に偶然にこの映画を観る事になるとは・・・

2013年に公開され、翌年のアカデミー賞を総なめにし、大きな話題となった作品でしたが、やはりこういった戦争の実体験に基づいたストーリーという事も当然あるのだとは思うのですが(厳密にいえばフィクションだそうですが)、個人的にはやはり感動しましたし、色々な事を考えさせられる映画でしたね

70年前、映画のストーリー同様に日本でも戦火の中、多くの命が失われ、そして日本という国を、そしてそこに住む愛する家族や友人、隣人を守る為に命を投げ出し戦った若い兵士達が実際にいて、その人たちそれぞれに物語があるのだろうと思います。

戦時中、思想統制が行われ、国の為に死ぬ事が絶対の”是”、生き残る事を考えるなどは”非”とされる中で、主人公の宮部久蔵は戦闘機の扱いや空中戦において、飛び抜けた能力や実力を持ちながら、周囲から”臆病者”と罵られながらも、日本に残してきた愛する家族の元に帰る為、生き残る事を優先する事を貫いていましたが、その当時ではその考えを貫く事は実際には非常に難しかったのではないかと思います。

それ故に多くの若い兵士たちが特攻をはじめ、上からの命のままに戦地に送られ、潔く命を捧げたという話を聞いた事がありますが、言論や思想が統制されていたとしていても、本当に命を落す事を何とも思っていない、死ぬ事が全く惜しくないと思っていたのでしょうか・・・?

実際に自分に置き換えて考えてみると・・・というか、臆病者の自分には想像すらできません

ましてや、国の為、天皇陛下の為に・・・例え神の為にと言われても、ましてや自分自身の為にだとしても躊躇も恐怖もなく、自らの命を捧げる事は難しいと思います

しかし、唯一こんな臆病者の自分が命を投げ出す事が出来るのだとすれば、愛する娘たちや家族の為にだけだと思います。

70年前に尊い命を散らした兵士達もそうだったのではなかったのだろうか・・・

自らの命を捨て石に、愛する人たちの未来を守ってくれようとしたのではないかと思ったりします。

先の戦争でそうして戦い、命を失っていった人々の願いや犠牲の上に現在の平和な日本があるのかと思うと、感謝の念を抱かずにはいられません

それと同時に僕も含め、今を生きる我々はもっと様々な意味で”しっかり”しなくてはいけないのではないかと反省させられるような気持にもなりました。

今ある尊い犠牲の上に築かれた平和は当たり前で、それについて考えようともせず、自らの事ばかりを考えて生きているような気がしてなりません。

戦時中、我々よりはるかに若くして、自らの事は蔑ろにし、周囲、そして国の未来を想っていた事を考えると、本当に何とも恥ずべき現状か・・・

先人たちは呆れているのではないだろうか?

我々は今あるこの平和で、豊かな日本について、そして先人たちがそうしたように今度は我々も自分たちの愛する家族、子供たちの未来の為にもっと真剣に様々なことを考え、憂う必要があるのだと考えさせられた今日でした。

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

西大宮カイロ Facebookページ https://www.facebook.com/pages/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%99%82%E9%99%A2/1763359653890277

|

« 一体何なの~!!この連日の暑さは・・・ | トップページ | 当治療院最後の木曜日定休は「日進七夕祭り」に行ってきました!! »

つぶやき、心の叫び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 70年目の「広島原爆の日」、映画「永遠の0」を観て思う・・・:

« 一体何なの~!!この連日の暑さは・・・ | トップページ | 当治療院最後の木曜日定休は「日進七夕祭り」に行ってきました!! »