« 今日で9.11アメリカ同時多発テロから12年、しかし・・・ | トップページ | 嵐の前の忙しさでした。 »

井岡も宮崎も防衛に成功!!

一昨日の11日、ボクシングのダブル世界戦が、大阪・ボディメーカーコロシアムで行われ、WBA世界ライトフライ級王者の井岡一翔は同級5位で元WBA世界ミニマム級王者、タイのクワンタイ・シスモーゼン7回2分17秒、見事KO勝ちで2度目の防衛に成功しましたね

そして同会場で井岡の防衛戦前に行われた同門、WBA世界ミニマム級王者宮崎亮も同級暫定王者でメキシコのヘスス・シルベストレに2-0の判定勝ちを収め、2度目の防衛をするとともに王座を統一しました

はじめに宮崎亮の防衛戦ですが、いや~、ひやひやしましたね~

お決まりのガードを下げたスタイルで至近距離の打撃戦

しかも2回にバッティングで左まゆをカット。

その後、度重なるバッティングで両目は腫れ上がっているのにも関わらず、相変わらず低いガードで打ち合い。

良いパンチが当たっていたものの、結構、いいのももらっていましたからね~

最後までどっちが勝っているか、全く分からず、腫れ上がった顔の印象が悪かったので正直、「ダメかな・・・」と思いましたが、僅差の判定勝ち

一番強い相手と戦ってから、ミニマムを去ると言うのは彼らしいですが、いや~、危なかったですね。

一方、井岡は貫禄の圧勝劇!!

しかし今回は力んでいたのか、序盤はに関しては、いつもの距離を支配し、相手のパンチをもらわず、自分の距離で戦う今迄の井岡らしくない試合展開で、打ち合いを望む様なアグレッシブなスタイルで少し驚きましたね

序盤は結構、相手のカウンターをもらうシーンもあったりして、少し心配しましたが、徐々に右のカウンターやボディが決まり始め、シスモーゼンを弱らせると7回40秒位からボデイからのラッシュをかけ、後半の2分17秒に左ジャブを2発打ったあと、左のボディからアゴに返してフィニッシュ

見事にこの階級では具志堅さん以来となる3連続KOで2度目の防衛を果たしました。

今後は宮崎選手に関しては階級をライトフライ級に上げ、2階級制覇を目指すそうですし、また井岡選手に関してもフライ級に上げ、3階級目を狙う事も視野に入っているそうです。

しかし今回、井岡選手に関しては文句の付け様の無い内容で見事な勝利ではありましたが、試合後のリング上で「僕がライトフライ級にいる限り、僕のスペースしか空いてない。この座は誰にも譲らない」と言った限りは、この階級最強を証明する為に避けては通れない相手がいますよね。

そう、WBA世界ライトフライ級スーパー王者でアマチュア87戦全勝、プロで35戦全勝29KOのニカラグアの怪物、ローマン・ゴンザレスを倒さない事には最強は証明できないのではないかと思います

今年の2月に対戦する事になっていながら、実現しなかった幻のカード。

フライ級に上がってしまう前に是非とも、この”怪物退治”を行ってから、3階級に挑んでもらいたいと、いちボクシングファンとしては願わずにいられません。

井岡もゴンザレスもアマチュア上がりで、打たせずに打つボクシング。

しかしゴンザレスには軽量級としては規格外のパンチ力

一方、井岡にはスピードがあります

この二人が戦ったら、どんな試合になるのか、本当に魅力的なカードだと思います

井岡選手に関しては、和製「リカルド・ロペス」になれる可能性すらある逸材だと思うので、是非とも強い相手とどんどん戦い、そしてねじ伏せていってもらいたいですね~。

新星、井上との対戦なんかも面白いですが

ただ、TBSが絡んでいるのが、本当に残念だな~・・・

それはともかく、内藤さんの解説は面白いですね~

途中、普通に応援しちゃってますし(笑)

では、お疲れ様でした~

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|

« 今日で9.11アメリカ同時多発テロから12年、しかし・・・ | トップページ | 嵐の前の忙しさでした。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井岡も宮崎も防衛に成功!!:

« 今日で9.11アメリカ同時多発テロから12年、しかし・・・ | トップページ | 嵐の前の忙しさでした。 »