« これから地元の千葉に行ってきます!! | トップページ | シャープにしても、ソニーにしても・・・ »

友人の命日が近くなったので、また地元で友人と集まりました

先週末は高校時代の友人の命日が近ずいてきた為、地元の千葉の市川に戻り、友人と集まって亡くなった友人のご両親を訪ねてきました。

3年前の9月5日に友人が亡くなり、この集まりは今年で3回目、僕たちには毎年恒例の行事になって来ました。

土曜日、仕事を終えてからすぐに地元へ

亡くなった友人宅の最寄りの駅で待ち合わせ、みんなで友人宅を訪問しました。

ご両親は相変わらずお元気そうで安心したのですが、毎年、少し白髪が多くなっているな~・・・なんて思ったりもして。

仏壇に線香をあげた後、ご両親と雑談しましたが、やはり去年も感じた事ではありますが、亡くなった友人についての話題はそんなに多くなかった様な気が致します。

年々、確実に年をとっていく僕らと比べ、写真の中の友人が当時と変わらぬあの頃の笑顔でいるのが、少し時間の経過を感じさせましたね。

もう3年か~・・・

3年の時の流れは様々なものを変化させ、または押し流し、良くも悪くもたくさんのものが変化していきました。

それに伴い、日々の生活に追われながら「過去」は薄れていきます。

そんな中で「彼」と言う存在は彼がいないという現実が年々大きくなるにつれて、逆に薄れていってしまう・・・

それだからこそ人間は辛い事を乗り越えて生きて行く事ができるのであろうとも思うのですが・・・

もしくは未だに彼の「死」を受け止められていないのかな~。

友人の一人が「本当はどっかにいるんだよ、きっと!!」なんて言っていたのですが、僕もそんな気がしています。

そんな訳がないのですが・・・そう思いたいのかも知れないですね・・・みんなも

翌日、彼のお墓を訪ねたのですが、その際に彼が専門学校に通っていた頃からの友人が合流して一緒に手を合わせました。

彼はその為にだけ、小田原から来たそうです

本当にお疲れ様でした。

それにお墓を訪ねた時には既に新しい花が供えてあり、僕らの来る前に誰かが訪れていたようです。

優しかった友人、その人柄がうかがえますし、多くの人が今もなお、忘れずにいてくれていると思うとこちらが嬉しくなりました

でも、それだけに・・・

現在の日本では経済も政治も失速し、年々、厳しく世知辛い国になって来ている様な気が致します。

それに伴い、大切な命を自ら絶ってしまう人が増えているそうです。

「簡単に」と思っている訳ではありませんが、命を絶つという事がどうゆう事なのかを今一度、考えて欲しいと切に思います。

そして僕ら大人は子供たちに「命の尊さ」をもっと真剣に、厳しく教えて行かなくてはならないのだと思います。

僕はそれを「友人」に教えてもらったのかも知れないですね。

本当には無くなってからでないと解らない物ではありましたが・・・

何を思っていたんだろうな~・・・

教えてくれよ・・・

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|

« これから地元の千葉に行ってきます!! | トップページ | シャープにしても、ソニーにしても・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 友人の命日が近くなったので、また地元で友人と集まりました:

« これから地元の千葉に行ってきます!! | トップページ | シャープにしても、ソニーにしても・・・ »