« お受け出来なくて申し訳ありませんでした!! | トップページ | な~に~!!クロマグロが豊漁!! »

胸郭出口症候群について

先日、五十肩での肩や腕の痛みがあるという方が来院されたのですが、しかしその方の場合、通常の五十肩とは痛む場所も症状も少し異なっている上、もう症状を自覚している期間が4年と言う長期間で、しかも整形外科や整骨院の四十肩の施術を受けても軽減が見られないと言うdespair

頭の中で過去の臨床を思い出してみると、どうも「胸郭出口症候群」を患っていらっしゃった方と症状や痛む場所も似ているので、その可能性をお伝えしました。

という事で今日は久々の健康ネタという事で「胸郭出口症候群」について少し書きたいと思いますpencil

胸郭出口症候群とは鎖骨周辺(胸郭出口付近)で腕神経叢、つまり腕や指へつながる抹消神経の束が鎖骨下動脈や鎖骨下静脈などとともに圧迫されることにより、肩や腕、指先などにしびれや痛みが起こる症状の事を言います。

主に前斜角筋、中斜角筋などの周辺での圧迫による斜角筋症候群、鎖骨と第一肋骨間での圧迫が原因の肋鎖症候群、小胸筋付近での圧迫による小胸筋症候群、そして頸椎、肋骨間での圧迫による頸肋症候群などに分類されます。

症状は腕や手、指のしびれや痛み、力が入らないなどの脱力感や重さ、冷感や熱感などの違和感、首や肩、肩甲骨などの痛みが起こり、一定の高さで腕を上げたり、動かす、背中や首を反らす等の行為で症状が強く出ることもあります。

原因はなで肩、鎖骨の位置、ストレートネッなど頸椎、胸椎など骨格の問題、斜角筋や小胸筋などの筋肉の疲労や緊張などによるものが多いと言われ、それらは現代のライフスタイルによる姿勢の悪化によるものが大きいと言われています。

仕事場や自宅での長時間のパソコンの操作、TVやゲーム、携帯電話でのメールなどがその代表格でしょうtvgamemobilephonepc

あとは過去事故などで鎖骨や肩、首周辺に怪我を負った事によるものや運動などで肩周辺の筋肉を酷使するなどでも起こるそうですdanger

改善には原因になる様な行為を控え(肩周辺の筋肉を誘発する様な行為や極端な姿勢の悪化につながる行為等)、ストレッチ、姿勢やライフスタイルの改善などが挙げられます。

病院では主に消炎鎮痛剤、投薬や注射、首の牽引やマッサージ等が行われているようですが重症になると肋骨や筋肉などの切除などの手術を行う場合もあるそうですhospital

そしてカイロプラクティックでは頸椎や肩の矯正などで骨格や筋肉のバランスを整える事により症状を改善させていきます。

原因や状態などにより、多少は異なりはしますが、カイロプラクティックも改善に有効な手段の一つだと思いますgood

ですから病院やその他の療法で思う様な改善がされない方はカイロプラクティックは一つの選択肢としてお試しになってみてはいかがと思います。

お悩みの方はどうぞ当院にもご相談してみて下さいねhappy01

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|
|

« お受け出来なくて申し訳ありませんでした!! | トップページ | な~に~!!クロマグロが豊漁!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071166/40342773

この記事へのトラックバック一覧です: 胸郭出口症候群について:

« お受け出来なくて申し訳ありませんでした!! | トップページ | な~に~!!クロマグロが豊漁!! »