« これからまた上野に行ってきま~す!! | トップページ | 新型鬱病や通称「男性更年期」と頚椎の関係について »

幼い命がまた犠牲に・・・熊本女児殺人事件

今月の3日、熊本の商業施設で行方不明になっていた3歳の女の子が事件で、容疑者として20歳の大学生が逮捕され、その後の近くの用水路で死体となって見つかると言う痛ましい事件が起こってしまいました

「トイレに行く!!」と一人でスキップしてトイレに向かったそうですが、そこで多目的トイレで絞殺されてしまったという事だそうです。

またこのように何の罪も無い幼い子供が犠牲になる事件が起こってしまいましたね。

本当に同じように幼い子供を持つ親としては、この様な殺人事件、育児放棄、児童虐待などの事件はいつも耳をふさぎたくなる様な気持ちにさせられます

今回、未だ動機や理由なども発表されていませんし、そして犯人の心情なども分かりませんが、(分かりたくもありませんが)本当に厳重な処罰を下し、そして二度と同じような痛ましい事件が起こらないでくれることを切に祈るばかりです

この様な事件が起こるたび、そして経過を見るたび毎回思うのですが、「犯人の幼い頃の恵まれない環境」だとか「精神的に追い詰められた生活」など加害者に対してなんら擁護する様な報道がされたり、逆に今回のように「一人でトイレに行かせた」という事に対してまるで親に責任があるかの様な報道を聞くことも少なくありませんよね

これって何故なんでしょう?

そんなただでさえ親御さんは一人で行かせた事を言われるまでも無く、誰よりもそしてずっと後悔していくのでしょうし、それに傷口に塩を塗りこむ様な取り上げ方をするなんて言語道断だと思います

それにこの様な事件の刑罰が日本の場合、諸外国に比べてあまりにも軽すぎる気がします。

それゆえに同じような事件が後を絶たない、再犯も起こるのではないかと思うのですが・・・

僕の意見は小さい子供がいる親としての立場で少し感情的なのかも知れないですが、3歳の罪の無い命に対しての対価は万死に値すると僕は思います。

極刑でなくともせめて、一生を賭けて罪を償うべきだと思うのですが・・・

日本の場合、主に裁判などになるとどの様な事件においても被害者の人権より何故か被疑者の人権や将来に重きを置くようなおかしな風潮が少なからず昔からあるような気がします。

3月3日の雛祭りの楽しい一日になるはずが・・・

本当に悲しすぎますよね・・・

心からご冥福をお祈りいたします。

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|

« これからまた上野に行ってきま~す!! | トップページ | 新型鬱病や通称「男性更年期」と頚椎の関係について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幼い命がまた犠牲に・・・熊本女児殺人事件:

« これからまた上野に行ってきま~す!! | トップページ | 新型鬱病や通称「男性更年期」と頚椎の関係について »