« 無事にご出産、おめでとうございます!! | トップページ | サッカーWカップ、明日のデンマーク戦・・・ »

内臓の病気が原因の腰痛もあります

当院に父娘で来院されている患者様のお話なのですが、昨日はお父様の方が来院されてお蔭様で肝臓の腫瘍と子宮の筋腫が見つかりました」と僕に言われました。

先月、娘さんが来院された時の問診の際に鈍い腰痛があり、お腹、そしてお身体自体の調子も此処の所良くないと言うことをおっしゃられていて、お話を聞く限りでは今までの症状と少し違うものだと感じたので、「一度、CTやMRIなどでの検査を受けてみては・・・」とお勧めしていましたhospital

すでに検査を受けて、それらでは「異常無し」との診断をお医者様からは受けてはいたようですが、万が一もあるので・・・。

するとやはり悪い予感が的中、肝臓に腫瘍(良性と聞き、ほっとしましたが・・・)、そして子宮に筋腫が見つかったとの事でした。

今回の出来事は改めて僕に患者様の症状を判断する上で「固定観念や思い込みや決めつけと言うものは危険である。」と言う事を思わせてくれる出来事であったと思いますdanger

「腰痛」と言っても骨や神経、筋肉だけの問題だけが原因ではなく、内臓の病気が原因と言う場合も多くありますshock

例えば胃や腸などの潰瘍、腎臓や肝臓、膵臓や膀胱などの問題、女性の場合は子宮筋腫をはじめ、子宮を中心とした女性器官の問題でも腰痛は起こります。

腎臓などの場合、腎臓から繋がる神経は腰部から繋がる神経と同じルートを共有しているそうで、腎臓から来る痛みを腰部の鈍痛などと判断が難しいそうです(僕自身、腎炎になってしまった時には腰部に強い鈍痛があった記憶がありますね。)

それだけでなくストレスなど心因的な要因、自律神経などの乱れなどから血行の低下が起こり、それにより起こる腰痛もあるそうですbearing

今回は腰痛についてお話をしたのですが、その他の多くの症状についてもまったく同じ様な事が言えます。

一人一人皆、体格や体質、骨格や筋肉、そして食生活をはじめ、ライフスタイルはそれぞれ違いますから、その「痛み」や「原因」についても違ってくるのは当たり前です。

僕ら治療家はそれぞれの分野(僕の場合はカイロプラクティックになりますが)からの視野から、痛みや不調を分析して施術を施すのですが、それだけではなく問診の際に少しでも詳しく症状や痛みについてお話を聞き、その「原因」について判断する事がまず重要think

それに施術によっても症状が改善しないような方については、自分の専門分野の中だけでその理由を探るだけではなく、他の原因や可能性についても追求していかなくてはいけないのだと思います。

患者様にとって大事な事は原因はともかく、「症状や痛みを取り去る」事なのですから。

その為には専門分野以外の情報や知識が必要ですし、やはり常に知識の向上に努め、勉強しなくてはなりませんbookpencil

これからも更にその様な意識の中で、正確な診断や判断、施術を心がけて真剣に患者様に向かい合っていこうと思います。

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|
|

« 無事にご出産、おめでとうございます!! | トップページ | サッカーWカップ、明日のデンマーク戦・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071166/35412963

この記事へのトラックバック一覧です: 内臓の病気が原因の腰痛もあります:

« 無事にご出産、おめでとうございます!! | トップページ | サッカーWカップ、明日のデンマーク戦・・・ »