« 幸福の木が!! | トップページ | 明日はカイロ協会のセミナーでお休みになります。 »

クロマグロの禁輸案が否決されたとの事ですが・・・

カタールのドーハで現在開かれているワシントン条約締約国会議で大西洋及び地中海クロマグロの商業取引の禁止案が大差で否決されたとの事で、どうやらこれからもしばらくはマグロを食す事が出来るようですね

当初はEUやアメリカなどが取引禁止案を支持を表明していて、かなり厳しい状況だったと言うように聞いていましたが、土壇場で日本をはじめとする反対派が中東、アフリカ諸国の支持を受けて巻き返し、何とか最悪の事態は回避できたとの事

日本は直前に各国の代表を晩餐会に招待し、その場でクロマグロを振舞ったそうで、その場で日本とマグロにおける食文化、歴史、立場などについて説明をしたそうです

クロマグロは好評だったとの事ですし、日本側の説明にも説得力があったとの事でこの結果に結びついたとの話でした。

「寿司」発祥の地で、マグロとの関わりも深い日本人にとっては良い結果だったとは僕も思います

やはりマグロは寿司でも刺身でも中心的存在、「王様」だと思いますし、無くなってしまったらそれは寂しいですからね

しかし、この結果でほっとしてだけではいけません。

大西洋や地中海のマグロが減少してきていると言う事実はあるのですし、そして中国など発展途上国をはじめ、マグロの需要は上がり続けているそうです

このまま採り続けていれば、近い将来に懸念通りに絶滅してしまうと僕も思います。

きちんと対策を立てて、日本を含め、各国きちんとしたルールを作り、マグロを守り、増やしながらその中でやっていく必要があります。

TVで見たのですが、日本のとある大学が長年においてマグロの卵から孵化させて、成魚になるまでの完全養殖技術の研究をしているそうで、その技術はまだ日本のみが持つものだそうです

現在は需要に対しては程遠いとの事ですが、これで多くのマグロが供給できるようになれば、天然のマグロを守る事も出来ますし、またこれも大きな産業の一つになるかも知れません

何事についても言えるのだとは思いますが、これからは人間は地球、自然に対して、やさしく、そして共存していく方向に舵を取らなくてはならないと思います。

ところで日本の関係者の努力もさることながら、晩餐会における「マグロの美味しさ」は大きく各国の関係者の考えにも響いたのではと思ったりもします。

マグロをまだ食べる事が出来るのは良かったですが、最近それでもクロマグロなんて口にしていないような気が・・・

西大宮カイロHP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|

« 幸福の木が!! | トップページ | 明日はカイロ協会のセミナーでお休みになります。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロマグロの禁輸案が否決されたとの事ですが・・・:

« 幸福の木が!! | トップページ | 明日はカイロ協会のセミナーでお休みになります。 »