« たまには映画、観に行きたいな~・・・ | トップページ | パニック障害について2 »

パニック障害について1

今日は休診日だったのですが溜まった雑務を片付ける為、またもや休日返上です・・・sweat01

ところで今日はパニック障害について少し書きたいと思いますpencil

パニック障害とは不安障害の一つで心に強い不安感を常に抱いてしまうと共に特徴的なパニック発作を主な症状としますdespair

アメリカでは100人に一人、日本でも同じような確立で発症者がいる位、多くの人が苦しんでいる割りには最近まであまり聞かない病気でしたが、それはほんのつい最近になってからその存在がWHOで認定されたと言うような流れがあるからだそうです。

その為、多くの人が自分がパニック障害と言う自覚も無く、内科など間違った専門医での診断を受け、また誤った診断が下っているケースも少なくないそうです。

パニック障害の主な症状として「パニック発作」「予期不安」「広場恐怖」の3つがあげられ、まず息苦しさや胸への圧迫感、吐き気やめまい、動悸や頻脈を伴う前ぶれの無いパニック発作が起きてそれが度重なることにより、そのパニック発作が起きることに対して大きな恐怖や不安を抱くようになってしまう予期不安に進み、そしてその発作が人前や公共の場所で起こってしまうような状況を恐れ、避けるようになる広場恐怖と症状が進行していきますshock

その原因については完全には分かってはおらず、現在も研究の段階だそうですが、重度のストレスや脳内の神経構造や脳内伝達物質の異常、遺伝などにも原因があるのではないかと言われています。

パニック障害は予期しないパニック発作が何度も発症する、予期不安が一ヶ月以上続く、などの診断基準があり、他には甲状腺亢進症や投薬の副作用、他に病理が無い事などの一定の基準を満たした段階でその診断がおります。

その際に注意すべきことは、精神科や心療内科などの専門医の診断を受けることで、間違った専門で適切な治療が受けられずに治療が遅れると症状が悪化してしまうことがあるからですhospital

精神科、また心療内科では抗ウツ薬や抗不安薬などを中心とした投薬治療、そしてそれと平行して精神療法(心理療法)などの治療が行われます。

今日はここまで、続きはまた明日書きたいと思いますwink

西大宮カイロ HP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|
|

« たまには映画、観に行きたいな~・・・ | トップページ | パニック障害について2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071166/29948742

この記事へのトラックバック一覧です: パニック障害について1:

« たまには映画、観に行きたいな~・・・ | トップページ | パニック障害について2 »