« 今日誕生日の有名人って・・・ | トップページ | 今日は休診日だったので »

脊柱管狭窄症について

先日、脊柱管狭窄症についてご相談を受けました事もあり、今日は脊柱管狭窄症(腰部)について少し書きたいと思いますpencil

脊柱管狭窄症とは椎管関節や脊柱を支える靭帯などが肥厚、変形したり,椎間板が肥大、突出することで脊柱管を圧迫、それによりその内部にある脊髄神経組織も圧迫、痛みや痺れ、麻痺などの様々な症状を引き起こします。

圧迫は脊柱の内側や外側、そして椎管孔という神経や血管の出ている部分でおこり、症状は圧迫が起こる場所によってことなってきます。

この症状に悩む多くの方は高齢者に多いのですが、働き盛りの30、40代の人にもまれに起こったりしますし、先天的にこの症状に悩む方もいらっしゃいますbearing

後天的な原因としては腰椎の変形や病気、外傷やヘルニア、腰椎のすべり症や分離症などがあげられます。

代表的な症状としては歩行障害や坐骨神経痛、腰から足にかけて痛みやしびれ、脱力感、会陰部での感覚異常や排泄異常、冷感や灼熱感を感じるなどがあげられます。

一般的に前かがみの姿勢になると症状が軽くなり、反らす姿勢で症状が酷くなると言われていますwobbly

治療法として現在一般的なものとして、装具療法(コルセット)や薬物療法、硬膜外ブロックや神経ブロック、超音波や温熱、体操やストレッチなどの理学療法、最終的には手術などがありますhospital

いずれにしても上であげた様な症状がある場合は、一度病院でのCTやMRIなどを使った精密検査を行い、原因をはっきりさせた後にそれに従った治療法を選択することをお勧めいたします。

今回の相談者の方にもお伝えしたのですが、この症状でいきなり整体やカイロ、マッサージなどで施術を受けるのは危険な場合がありますbomb

整体やカイロなどが有効な場合も多くありますが、あくまでもその状態や条件によるものなのです。

その方の状態や症状、年齢など様々な条件を含めてまずは施術可能かを担当の医師の方と相談の後に選択することを強くお勧めいたします。

そしてもし施術可能な場合はMRIやレントゲン映像や出来る限りの細かい情報や資料を施術される治療院にお持ちになり、その施術者ともよく相談することが重要です。

手技療法を受けるにあたり、この症状にかかわらず、症状が重い方に関してはまずは医師や専門家と相談の後に受ける事をお勧めします。

西大宮カイロ HP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|
|

« 今日誕生日の有名人って・・・ | トップページ | 今日は休診日だったので »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071166/28265846

この記事へのトラックバック一覧です: 脊柱管狭窄症について:

« 今日誕生日の有名人って・・・ | トップページ | 今日は休診日だったので »