« 祝!!オバマ政権誕生 | トップページ | 寒いと思ったら・・・ »

めまいについて

頭痛や酷い肩こりで来院される患者様の中にはめまいや耳鳴りなどを併発されている方もいらっしゃいます。

今日は少しめまいについて書きたいと思いますpencil

めまいとは通常「目がくらむ」「目が回る」など自分の周りがぐるぐる回るように感じたり、身体から力が抜けて足元がふわふわしたような感覚を覚える状態を言い、偏頭痛や耳鳴り、難聴などを伴ったり、酷くなると意識を失ってしまったり、嘔吐してしまう場合もありますwobbly

これは三半規管など身体の平衡感覚を司る感覚器や視覚、それに全身から送られてくる情報が脳に届くのですが、様々な障害、原因により脳に実際の位置関係や姿勢、行動など情報が誤って脳に伝わり、不快感や違和感が起こったときにこのような症状が現れます。

めまいを引き起こす原因は様々で頭部の外傷、それによる脳や神経へのダメージ、三半規管の異常や障害、耳への急激な圧力の変化などによるもの。

それに脳に血液を送る動脈に障害があったり、頚椎に問題があり、脳に十分な血液を送れずに起こるものや、内耳に流れるリンパが外傷や気圧の変化などでめまいや難聴、耳鳴りなどが起こる場合があります(この場合、鼻をかんだり、くしゃみをすると強く症状が出るそうです)ear

その他にも血圧異常、交感神経の異常や圧迫、ストレス、自律神経の問題や不眠、悪性腫瘍やウイルス、高脂血症や糖尿病、心臓病や低血糖などの病理、薬物、ストレスなどの心因性のものまで理由は様々です。

そして有名な症状では難聴や耳鳴り、回転性のめまいを伴う「メニエール病」があります。

これは内耳の病気で30~50代位の年代の方に多く、その原因ははっきりしていません。

これらの症状を覚えたら、まずは専門のお医者さんに診てもらい、検査をしてその原因や種類を特定し、その症状にあわせた治療を行うのが有効でしょうgood

脳内の障害など重大な問題があるかも知れませんので、MRIやCTスキャンなどきちんとした検査を受けることをお勧めします。

あとはめまいが起こる前兆をつかみ、前兆が起こったら、明るい落ち着ける場所で横になる、身体が倒れないような場所で座り、ゆっくり深呼吸などをして呼吸を整え、回復するまで無理をせずにゆっくり休みましょうconfident

めまいの治療法は一般的には、抗めまい薬、循環改善薬やステロイド剤などの投薬療法三半規管や脳に問題がある場合には手術などの外科的療法がもちいられます。

心因性のものではカウンセリングや抗鬱薬なども使用されるそうです。

後は頚部に問題がある場合は首の牽引治療(コレはお勧めできません・・・)を行ったりと様々な療法が用いられます。

しかしまずは、規則正しい生活を心がけてバランスの良い食事、十分な睡眠、適度な運動などをして生活や身体におけるストレスの軽減をしてあげることも重要だとおもいますrestaurantrunsleepy

そして自律神経の問題や頚椎などの問題が原因の場合は、上部頚椎の調整などで改善が見られることも多いので一度、ご相談くださいねhappy01

|
|

« 祝!!オバマ政権誕生 | トップページ | 寒いと思ったら・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071166/27398953

この記事へのトラックバック一覧です: めまいについて:

« 祝!!オバマ政権誕生 | トップページ | 寒いと思ったら・・・ »