« 本日で36歳になってしまいました・・・ | トップページ | 今日は本当に・・・ »

自分にあった枕を使いましょう

enter人間、人生の1/3の時間は、睡眠時間と言われていますsleepy

睡眠は一日の疲労を回復させ、傷ついた細胞組織を修復したり、様々なホルモンの分泌、各組織への栄養供給や新陳代謝が盛んに行われる大切な時間ですnight

人間の場合、大脳を休ませることが出来るという大切な意味もあります。

枕はこんな大切な時間をより、有効に過ごす為の一つのアイテムといえます。

朝目覚めた時に「首が痛い」「肩こりがする」「眠りが浅く、疲れが取れない」などの症状がある場合、それは枕が合っていないのかも知れません。

枕が自分の首に合わないと頚椎が傾き、血管や神経を圧迫、血流が悪くなったり、神経圧迫から痛みやしびれ、更には頭痛などの原因となりますbearing

筋肉が緊張して肩こりや首の痛みも引き起こします。

それゆえに近年、枕は健康グッズとしても注目を集め、様々なタイプ、素材の枕が発売されています。

素材やタイプなどは人それぞれの好みでよいのですが、枕選びでもっとも大切なことは、それぞれの首のカーブにあった高さが重要なのです。

一般的には仰向けに寝た時、敷布団と首の角度が10°前後くらいになるのが理想と言われています(首のカーブは一人一人違うので一概には言えませんが)。

また、横向きでは床と脊柱が平行になっているのが理想です。

人間の背骨にあるS字のカーブがあり、それを睡眠時に正しく保ってあげる事でより効率よく、代謝や疲労回復が行われ、すっきりと目覚める事ができますhappy01

そして枕が合っていることで正しい姿勢で眠れば、睡眠時間という長い時間を利用して猫背などの姿勢が矯正され、起きている時も楽に過ごせることにつながったりもします。

では早速、新しい枕をと思うかもしれませんが、新しい枕を買わなくても今までの枕をタオルなどで調節してあげることで十分に自分に合った枕を作る事が出来ますので早速、試してみてください!!

栄養バランスの良い食事、適度な運動、そして良い睡眠を取ることが健康の基本、皆さん、心がけましょうriceballrunsleepy

西大宮カイロ HP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|
|

« 本日で36歳になってしまいました・・・ | トップページ | 今日は本当に・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071166/24360929

この記事へのトラックバック一覧です: 自分にあった枕を使いましょう:

« 本日で36歳になってしまいました・・・ | トップページ | 今日は本当に・・・ »