« 忙しい一日でした!! | トップページ | 今日の患者さんは年齢差が幅が大きかったです »

腰椎すべり症について

腰痛、坐骨神経痛で当院を訪れる患者さまの中には腰椎すべり症になっている方もいらっしゃいます。

今日は腰椎すべり症について少し書きたいと思います。

腰椎すべり症とは仙骨に対して、腰椎が前方にずれてしまう状態を言います。

この腰椎すべり症は腰椎の椎弓部分が骨折、分離してしまうことから起こる腰椎分離すべり症と分離を認めない腰椎変性すべり症の大きく分けると二つのものがありますscissors

分離すべり症は仙骨と第五腰椎間に多く発生して、原因はスポーツや重労働などで肉体を酷使したために、椎弓部分が疲労骨折を引き起こし、すべり症に至ります。

ただ、分離症をわずらう全ての人がすべり症になってしまうわけではなく(分離症の中で約30%くらいと言われています)、若年者の方についてはそれに気が付かない人もいらっしゃいますcoldsweats02

一般的には分離症を発症後、数年の年月を経てすべり症を発症するために中高年の方に多いと言われています。

そして変性すべり症は年月をかけて腰椎が変性していってしまう、腰椎症性変性が原因で年月を経て、やがてすべり症に至ります。

これらの多くは第4腰椎に多くみられ、中年女性に多く見られます。

これらすべり症の症状は重く鈍い腰椎をはじめ(背中を反らすと痛みが強くなる)、馬尾神経の圧迫などから起こる坐骨神経痛、足のしびれや痛みなどが代表的です。

スポーツ、重労働、同じ姿勢で長時間いるなどしている時にその症状を認めたり、悪化することが多いようですcrying

そしてすべりが更に悪化すると脊柱管狭窄症などに発展することもありますので注意が必要です。

一般的な治療法としてはコルセットなどによる装具療法や投薬による治療、温熱療法や牽引(ただ、牽引については症状が悪化する場合も多く認められるために注意が必要!)ブロック療法(神経ブロック注射)や最悪の場合は手術で分離している椎弓や滑っている椎骨を固定するなどがあります。

カイロプラクティックでは仙骨を矯正するなどして腰椎との関係を正常化に近ずけるなどの方法でアプローチすることで改善が見込めることがあります。

とにかく、まず担当医とよく相談し、自分にあった治療法を選択していくことが改善への近道と言えるでしょうhospital

痛くなる前にはたいていの場合は大なり小なり、前兆がありますので、その信号を見落とさぬに気をつけて、大きな痛みになってしまう前に対処しましょうね!!

西大宮カイロ HP http://members3.jcom.home.ne.jp/nishi-omiya-chiro/

|
|

« 忙しい一日でした!! | トップページ | 今日の患者さんは年齢差が幅が大きかったです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071166/24600426

この記事へのトラックバック一覧です: 腰椎すべり症について:

« 忙しい一日でした!! | トップページ | 今日の患者さんは年齢差が幅が大きかったです »