« 改めて感動!! | トップページ | 橋本病について »

バセドー氏病について

以前、甲状腺について少し書きましたが、今日はその時に少しふれたバセドー氏病について書きたいと思います。

まずはバセドー氏病ですが、体質が変化することにより、自らの甲状腺を異物と判断することで自己抗体が生産され、この抗体が甲状腺を過剰に刺激する為に甲状腺が甲状腺ホルモンを作り続けます。

すると大量の甲状腺ホルモンが血液中に流れ、全身の新陳代謝を過剰に活発にさせてしまいます。

これをバセドー氏病と言います。

その症状は多く存在し、常に微熱があったり、過剰な発汗(汗かきのような状態)で体がだるいなどの初期の風邪のような症状や動悸が激しく、息切れ、血圧や血糖値の上昇、頻脈などの症状もみられます。

代表的な症状として目つきがきつくなったり、眼球が突出するなどがあります(まぶたの筋肉が緊張してまぶたが吊あがってしまうため)。

そして、この症状は喫煙者に特に多いそうですsmoking

また病状が進んでくると外から見て分かるほどに甲状腺自体が腫れ上がり、肝障害や心不全、女性だと月経の不順、不妊なども原因にもなります。

精神的にもいらいらして落ち着かず、集中力が低下したり、不眠、躁鬱がちになり理由なく不安に駆られるなどの症状すら引き起こすのですshock

治療法としては抗甲状腺剤の服用などの投薬治療や放射線治療、そして摘出手術などの外科治療など代表的な治療にあげられます。

又、回数や時間はかかりますが、カイロプラクティックでも副交感神経に関わるエリアをアジャストし、甲状腺の働きを抑えることで、改善することも多くあります。

それぞれの治療法には適応の不可、それぞれ一長一短がありますので担当医などとよく相談して自分にあった治療法を選択するのが良いでしょうhospital

|
|

« 改めて感動!! | トップページ | 橋本病について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071166/23957835

この記事へのトラックバック一覧です: バセドー氏病について:

« 改めて感動!! | トップページ | 橋本病について »